【記事関連CD】
■BCL Band Classics Library(「春の猟犬」収録)
■アルフレッド・リード Vol.2/大阪市音楽団(「春の猟犬」収録)
■序曲集/東京佼成WO(「春の猟犬」収録)
 
■レジェンダリーIV 福岡工業大学付属高等学校吹奏楽部(「春の猟犬」収録)
■ミュージック・フォー・シェイクスピア/イースタン・ウインド・シンフォニー/指揮:アルフレッド・リード
■アルメニアン・ダンス/東京佼成ウインドオーケストラ/指揮:アルフレッド・リード(ジュビラント序曲収録)
■バンド・クラシックス・ライブラリー3「ノヴェナ」/広島ウインドオーケストラ/指揮:木村吉宏(ジュビラント序曲収録)
■【書籍】アルフレッド・リードの世界〜その人と作品77曲の全解説
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の「音楽コラム【ぐるしん】吹奏楽版」

アルフレッド・リードの伝説
REED LEGEND


第6

≪春の猟犬≫におけるcueの研究

 おそらく、≪アルメニアン・ダンス≫や≪オセロ≫などと並んで、リード作品で最も人気があると思われる、序曲≪春の猟犬≫。

 この曲の「原案」については、かつて、シエナWOのメルマガや、プログラム解説などで書いたが、簡単に復唱しておく。

 よく、この曲の解説に、イギリスのスウィンバーンが書いた「春の猟犬」という詩に、リードがインスパイアされて作曲した…という主旨の記述があるが、それは正確ではない。

 19世紀末のイギリスの詩人、アルジャーノン・C・スウィンバーン(1837〜1909)が書いた『カリュドンのアタランタ』なる詩劇があり、その中のコロス(合唱詠)部分の一節に、リードが感銘を受けて、吹奏楽曲にしたのである。

 で、その部分の冒頭が「春の猟犬たちが、冬の轍の上を行く季節になると…」で始まるので、曲名も≪春の猟犬≫となったのだ。

 文字通り、冬の終わり、雪解けの中を、猟犬たちが元気に突き進む様子が詠われている。目前に迫った春の訪れを描いた詩であり、リードの音楽も、全編が明るくて美しいムードに支配されている。

 初演は1980年。ちなみに、その2年後、リードは再びスウィンバーンの詩を音楽化している。≪プロセルピナの庭≫と題する「交響的牧歌」がそれだ。ここでは、スウィンバーンの『詩とバラッド』の中の一編をもとにしている。よほどリードは、この詩人が好きだったのであろう。

 ちなみに、我らが夏目漱石も、ロンドン留学時代にスウィンバーンを研究しており、漱石自身が書き込みをした『カリュドンのアタランタ』や『詩とバラッド』原本が今でも残っていることは、以前に述べた。


■大型バンドでないと演奏できない?


 話は変わるが、時々、小〜中編成しか組めない(つまり、人数や楽器が少ない)バンドが「リードの曲って、一度やってみたいんだけど、うちは、人数(楽器)が少ないから、とても無理で…」とボヤいているのを聞く。

 その典型が、人気曲≪春の猟犬≫で、確かに、スコアを見ると、基本的な最低編成の枠を超えて、オーボエ1・2、イングリッシュホーン、バスーン1・2、コントラバスーン、コントラバス・クラリネット、コルネット1・2(トランペット1〜3の他に)などが指定されている。小〜中編成のバンドにとっては、ちょっと厳しい編成だ。

 特に、上記のうち、スコアに「optional」(=可能であれば入れる)と書かれた楽器はコントラバスーンのみなので、オーボエが1本しかなかったり、コルネットまで人数が回らないバンドにとっては、演奏不可能に思える。有名な中間部のなめらかな旋律は、イングリッシュホーンのために書かれているので(ホルン1・2がユニゾンで重なるが)、この楽器がないと致命的にも思える。CDで、プロやトップバンドが演奏しているのを聴くと、イングリッシュホーンやコルネットの音色が高らかに聴こえるので、ますます「出来ない」と思い込んでしまう。

 リード自身、かねてより、楽器編成や演奏者数に関しては、かなり厳格な考え方でスコアを書き上げているだけに、なおさら、そんな気にもなる。

 だが、≪春の猟犬≫のフルスコアを詳細にご覧になった方であればご存知だろうが、この楽譜は、あちこちが「cue」(キュー)だらけなのである。

 cueとは、本来、その楽器が休止中、他パートの旋律音符を小さく記入して、休止中でも、ほかでどんなメロディーが鳴っているのかを分りやすく記した音符のこと。あまり休止が長く続いていると、曲のイメージが分らなくなるので、親切心で記入される小音符だ。

 だが、吹奏楽曲の楽譜に書かれたcueには、もうひとつの意味もあって、つまり、もし、他パートの楽器がない場合は、cueを演奏すれば、その代理がつとまる…のである。

 上述の例で言えば、≪春の猟犬≫中間部、ゆったりした4拍子になった部分で、イングリッシュホーンとホルン1・2がユニゾンで美しいメロディを奏でる。後半部で再登場する、重要な旋律である。

 この部分のフルスコアを見ると、同じ旋律が、アルトサックスに(ちゃんと移調されて)、cueで記入されている。イングリッシュホーンがない場合は、アルトサックスが奏でるようになっているのだ。

 また、中間部ラストでは、オーボエ1が、曲調の変化を導く、たいへん重要な短いソロを奏でる。この部分でも、オーボエと同じ旋律が、B♭クラリネット1と、コルネット1に、cueで記入されている。オーボエがない場合は、B♭クラかコルネットで代用できなくもないのだ。
 このように、≪春の猟犬≫は、全編に、実に親切丁寧にcueが書き込まれている。それらを総合するに、cueを活用すれば、オーボエやイングリッシュホーンなどなくても、十分、演奏できるようになっているのだ。

 そのほか、バスーンやコントラバス・クラリネットなども、詳細にスコアを見れば、同じ低音を、ほかの楽器が一緒に演奏するように書かれているので、ナシでも何とか演奏はできそうだ。


■cueから感じること…

 誤解しないでいただきたいのだが、私は「正式な楽器編成が組めなくても、リード作品は演奏できる」と言っているのではない。「指定された楽器がないなら、他で代用してしまえ」と主張しているわけでもない。

 音楽は、あくまで作曲家が指定した楽器・奏者数で、キチンと演奏されることが大前提であることは言うまでもない。

 だが、吹奏楽なるジャンルが、アマチュア中心で発展していることを考えた時、楽器や演奏者数が十分でないバンドは、数多く存在する。特に、小子化傾向にある今後は、その種の悩みを持つバンドはますます増えるだろう。世の中の吹奏楽部は、どこも、「笑ってこらえて」に出てくるような大型バンドばかりではないのだ。

 そうした時に、これほど有名で、楽しく、しかも技術効果の向上テキストとしても十分な作品を「演奏したい」と願うメンバーがいるのに、指をくわえて我慢しているなんて、あんまりな話ではないだろうか。

 リード作品は、80年代以降、スコアの中にcueが目立つようになってくる。もしかしたら、それらは、リード自身が記入したcueではなくて、出版社の編集者が、親切心で加えたものかもしれない(だとしても、当然、作曲者の了承は得ているはずだ)。

 かようにcueが増えたということは、それだけ、世の多くのバンドがリード作品を演奏したいと望んだ結果なのではないだろうか。そして、リードや出版社が、その要望に何とか応えようとしたのではないだろうか。

 1月のシエナWOの定演でも、もちろん、この曲は演奏される。また多分、聴きながら、cueが浮かんで、私は、リードの優しい姿勢を思い浮かべてしまうことと思う。(敬称略)

Text:富樫鉄火


※本稿を執筆するにあたって、アルフレッド・リード著・監修/村上泰裕訳『アルフレッド・リードの世界』(佼成出版社刊)、ならびに、多くのリード作品のCDライナーノーツなどを参考にさせていただいております。略儀ながら、御礼申し上げます。また、このコラムは、シエナWOのメルマガ用に執筆したものをもとに、一部を改訂して掲載していることをご了承下さい(富樫)。

■シエナ・ウインド・オーケストラ
 第20回定期演奏会

〜A.リードを讃えて〜
偉大な吹奏楽の神様が遺してくれた 奇跡の名曲たち!!


【日時】2006年1月21日(土)完売

【日時】2006年1月22日(日) 発売中

【会場】横浜みなとみらいホール
【指揮】金 聖響

【料金】S席5500円 A席4500円 B席3500円 C席2500円
    ※全席指定・消費税込

【プログラム】

○音楽祭のプレリュード
○エル・カミーノ・レアル
○オセロ
○春の猟犬
○ジュビラント序曲
○パンチネルロ
○アルメニアンダンス・パート1
○アレルヤ!ラウダムス・テ、他

【問い合わせ】チケットスペース:03-3234-9999

シエナ・ウインド・オーケストラHP http://www.sienawind.com/

【主催】クリスタル・アーツ
【協力】横浜みなとみらいホール(財団法人横浜市芸術文化振興財団)/ヤマハ株式会社
【後援】エイベックス・クラシックス/ワーナーミュージック・ジャパン/バンドパワー


音楽ライター富樫鉄火が発信する個人メルマガ【ぐるしん】を購読してみませんか。
吹奏楽、映画音楽、クラシックにまつわる気軽な話題のあれこれ。もちろん無料です! 
「メルマ」HPhttp://www.melma.com/ の検索で「ぐるしん」と入れ、登録ページで手続きして下さい。バックナンバーも、そこで読めます。

>>富樫鉄火インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー