【記事関連CD】
■ブラスの祭典(アルメニアン・ダンス・パート1を収録
■サリューテイションズ!(エル・カミーノ・レアルを収録)
■A.リード「交響曲第2、3&4番」
■【書籍】アルフレッド・リードの世界〜その人と作品77曲の全解説
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の「音楽コラム【ぐるしん】吹奏楽版」
アルフレッド・リードの伝説
REED LEGEND


第2回
コンクール課題曲になった≪シンフォニック・プレリュード≫

 前回述べたように、リードの≪シンフォニック・プレリュード≫は、1965年の全日本吹奏楽コンクール「大学・一般の部」課題曲に採用された。また、同年、自由曲に≪音楽祭のプレリュード≫で全国大会に臨んだ団体もあった。

 よって、この1965年あたりが、ほぼ、日本においてリードが本格的に演奏され始めた年ともいえるのだ。

 これから、多くのバンドが取り組むリード追悼演奏会の中でも、来たる1月21日(土)に横浜みなとみらいホールで開催されるシエナWO第20回定期演奏会はオール・リード・プログラムでは、その2曲とも演奏される予定だ。

 今回は、その、初めてコンクール課題曲に採用された≪シンフォニック・プレリュード≫について述べたいが、その前に……。

そもそも、これ以前、コンクールでは、どんな曲が課題曲だったのだろうか。

■国産マーチの時代から……

 全日本吹奏楽コンクールの第1回が開催されたのは戦前の話で、1940(昭和15)年のことである。この年から3年連続で開催されたが、戦争のため一時中断。戦後は、1956年(昭和31)年の第4回大会から再開された。戦前の課題曲は、すべて、国威発揚の軍事行進曲で、これはまあ、当時の情勢からして、致し方ないことだろう。

 では、戦後は、どんな曲が課題曲に採用されていたか……順・部門不同で挙げると……≪トム・タフ≫(ビンディング)、≪大空≫(須磨洋朔)、≪エル・カピタン≫≪マンハッタン・ビーチ≫(スーザ)、≪先頭指揮官≫(ベネット)、≪剣と槍≫(スターク)、≪剛毅潔白≫(タイケ)……要するに、すべて既存の有名マーチばかりなのである。

(私事になるが、上記の曲は、1971年、私が中学で入った吹奏楽部に、ほとんど楽譜があった。今になってみれば、コンクール課題曲だったからこそ、揃っていたのだろう。≪トム・タフ≫は、小学校で朝礼の集合BGMだったし……)

 前回も少々触れたが、この頃、吹奏楽は、まだまだ「マーチを演奏するもの」といった認識が強かった。もちろん、マーチが、吹奏楽における重要なジャンルのひとつであることは否定しないが、現在から見れば、隔世の感を覚えるのは私だけではないはずだ。しかも、コンサート・マーチというよりは、実用行進曲的な曲が多かったのだから……。

 そんな状況が少しばかり変わったのは、1959(昭和34)年の第7回大会だった。この年、故・團伊玖麿が皇太子(今上天皇)ご成婚を祝して作曲したコンサート・マーチ≪祝典行進曲≫が、「高校の部」の課題曲に指定されたのだ。戦後初めて、日本人作曲家によるオリジナルのコンサート・マーチが課題曲になったのである。

(ちなみに、先述≪大空≫も日本人による作曲だが、これは、1951=昭和26年に、警察予備隊=現在の陸上自衛隊の、創設1周年記念観閲式のために作曲されたもの。それが、1956=昭和31年になって、コンクール「一般・大学の部」課題曲に採用されたわけで、≪祝典行進曲≫の場合とは、少々事情が違う)

 その後、課題曲は、日本人作曲家によるマーチが頻繁に採用されるようになった。この時期の作曲家名を見ると、片山正見、須磨洋朔、川崎優といった名前が見られる。

 そんな国産ムードが突如として変わるのが、1965(昭和40)年である。

 この年の課題曲は、「中学の部」が、序曲≪ティアラ≫(コフィールド)、「高校・職場の部」が、歌劇≪パリスとヘレネ≫序曲(グルック)……まるで、洋風オリジナル&クラシック大会と化したかのようだ。

(【注】≪パリスとヘレネ≫は英語読みタイトル。通常、イタリア語読みで≪パリーデとエレーナ≫と呼ばれている、名作オペラのこと)

 序曲≪ティアラ≫は、雄大で美しいコンサート・オリジナル作品。歌劇≪パリスとヘレネ≫序曲は、バロック・オペラの巨匠による作品で、その編曲版。

 そしてもう1曲、「大学・一般の部」向け課題曲が、リードの≪シンフォニック・プレリュード≫であった。


■アメリカ民謡をもとにして

 これに関しては、吹奏楽指導者で研究家でもある秋山紀夫氏が、たいへん重要な証言を記している(佼成出版社のリード作品CDの解説などより)。

 それによれば、上述のように、国産マーチ中心だった課題曲が、1964(昭和39)年に、初めて序曲スタイルの課題曲となった(中学部門:石井歓の序曲≪廣野をゆく≫、他部門:兼田敏の≪バンドのための楽章「若人の歌」≫)。

 そして、翌1965(昭和40)年も、続けて序曲スタイル課題曲が予定されていたが、準備の関係で邦人作品が間に合わず、ちょうど、アメリカから秋山氏が帰国したばかりだったので、同氏のコレクションの中から、アメリカの既成楽譜を採用することになった。それが、上述の、序曲≪ティアラ≫、歌劇≪パリスとヘレネ≫序曲、それに、リードの≪シンフォニック・プレリュード≫だった……というのだ。

 何となく、怪我の功名みたいな話である。、

 前回、≪音楽祭のプレリュード≫が、リードの本格的吹奏楽曲としては、おおよそ10作目にあたり、しかも、「コンサート・バンド」としての理想的な編成・構成を実現させた、ほぼ最初期の作品であることを述べた。

 ≪シンフォニック〜≫は、作品史的にいうと、≪音楽祭〜≫直後の作品である。≪音楽祭〜≫の初演が1957年〜出版が62年。それに対し、≪シンフォニック〜≫は、初演も出版も1963年。つまり、この2曲は、つづけて世に出た、兄と弟のような関係にあるのだ。現に、編成も、打楽器群を除けばほぼ同じである。

 この曲の正式題名は、たいへん長い。≪シンフォニック・プレリュード〜『黒は我が恋人の髪の毛の色』による≫という。

 つまり、『黒は我が恋人の髪の毛の色』なるアメリカ民謡があり、その旋律が使用されているのだ。

 既存のメロディーをもとに、オリジナル吹奏楽曲を作曲することを、リードは比較的早くから試みている。

 たとえば、1954年の≪ランバージャック序曲≫は、アメリカ民謡4曲をもとに構成されている(この曲は、最初の出版後、長いこと埋もれていたが、1989年になって改訂出版が実現している)。

 また、1961年の≪グリーンスリーヴズ〜バンドのためのファンタジー≫は、文字通り、有名なイングランド民謡『グリーンスリーヴズ』を編曲したもので、現在も、同メロディの、最も美しく正統的な吹奏楽版編曲として知られている。

 ほかにも、同年に作曲された≪宗教曲組曲≫では、プロテスタント教会で歌われている有名な賛美歌など7曲を編曲している。

 だが、それらは、既存のメロディーを使用してはいるが、どちらかといえば、主題をストレートにアレンジしている感が強かった。

 その一線を越え、既存メロディを使用しながら、音楽的にも構成・展開の上でも、格段の飛躍を遂げたのが、1963年の≪シンフォニック・プレリュード≫である。

 ここで使用されたアメリカ民謡『黒は我が恋人の髪の毛の色』は、せいぜい数小節かと思われる、断片的なメロディーである。歌詞は、男性の視点で、この世を去った彼女を悼んだ悲恋の歌のようだ。今でも、アメリカで出るライト・ミュージック系のCDには、しばしば収録されており、それなりに知られた曲なのだろう。

(余談だが、リードは、この民謡を気に入っていたのか、後年、同じ民謡主題をもとにした木管アンサンブル曲も作曲している)

 アメリカなる国は、ネィティブの時代を除けば、その文化要素の多くは、イングランドやアイルランドからの移入が原典にある。この民謡も、一説には、アイルランドの船乗り歌が元祖であるとの説がある一方で、1740年頃から、純粋にケンタッキー周辺で歌われていたメロディだとの説もあり、よく分かっていないようだ。

 冒頭には「Molto Moderato(fairly broad,without dragging)」なる指定がある。「十分に中庸の速度で(適度な雄大さを持って、引きずらずに)」といった感じか。

 指定どおり、曲は、ゆったりと開始される。バックでは、ティンパニと弦バスが、四分音符のD音を、控えめながら、えんえんと刻む。ブラームスの交響曲第1番冒頭のようだ。そして、サブタイトルの民謡の主題が登場し、変奏曲風に、じっくりと進んで行く。最後まで、ゆったりしたまま進み、テンポが速まったりする部分は、まったくない。宗教曲を感じさせる部分もあり、全体の印象は、パッサカリアかシャコンヌのような、重厚な深みに支配されている。2005年の現代の視点から見れば、かなり特殊な課題曲にも感じる。

 確かに、木管が細かいパッセージを披瀝したり、トランペットが高音を出す部分もない。楽譜だけ見れば、実に簡単に見えてしまう。だが、ここでリードが表現しようとしたことは、外見とは裏腹に、もっと深遠に迫る何かだった。後年、リードは、シェイクスピア文学などをもとに、深い音楽を書くようになるが、その萌芽が、この作品には感じられる。

 スコア冒頭には「ハートフォードシティ高校シンフォニック・バンドに献呈された」とある。1963年に、インディアナ州で開催された全米バンド指導者協会の総会で、リードの指揮、同高校バンドの演奏で初演された。

 この≪シンフォニック〜≫は、おそらく、リードにとって、全米バンド指導者協会の総会のために作曲した、第1号作品のはずである。想像するに、1957年初演〜62年出版の≪音楽祭のプレリュード≫の好評を受けて、今回の起用に至ったのではないだろうか。リードは、この後、同協会のイベントのために、多くの作品を作曲することになる。


■「名作の森」時代を前に

 ≪シンフォニック〜≫が「大学・一般の部」の課題曲になった1965年のコンクール全国大会では、「大学の部」の1位が関西大学(関西/大阪代表)、2位が神奈川大学(関東/神奈川代表)、3位が中央大学(東京代表)だった。

 「一般の部」は、1位が公苑会吹奏楽団(東京代表)、2位が船橋吹奏楽団(関東/千葉代表)、3位がコンセール・リベルテ(東海/静岡代表)である(当時は、金銀銅賞評価ではなく、順位賞評価)。

 この頃、全国大会「中学の部」では、歴史に名を残す、西宮市立今津中学校(関西/兵庫代表)と、豊島区立第十中学校(東京代表)の“対決”も始まっていたし、「高校の部」では天理高校(関西/奈良代表)も1位となっており、戦後最初の“吹奏楽黄金時代”ともいうべき時期が始まっている。

 リードは、そんな時期に、≪シンフォニック・プレリュード≫で日本に初登場したのだった。

 さらに5年後の1970年には、弟分にあたる名曲≪音楽祭のプレリュード≫が、「中学の部」を除く全部門の課題曲となり、作曲家アルフレッド・リードの名は、確実に日本全国に定着することになるのだ。

 その頃、リード本人は、どうしていたか。

 実は、当時のリードは、まさに「名作の森」時代とでも言いたくなるほど、傑作群を続々発表する時期に足を踏み入れかけていた。リードの黄金時代と、日本吹奏楽界の黄金時代とが重なる、夢のような時代は、もう目の前である。

(つづく/敬称略)


※本稿を執筆するにあたって、アルフレッド・リード著・監修/村上泰裕訳『アルフレッド・リードの世界』(佼成出版社刊)、ならびに、多くのリード作品のCDライナーノーツなどを参考にさせていただいております。略儀ながら、御礼申し上げます。また、このコラムは、シエナWOのメルマガ用に執筆したものをもとに、一部を改訂して掲載していることをご了承下さい(富樫)。

Text:富樫哲佳

※本稿を執筆するにあたって、アルフレッド・リード著・監修/村上泰裕訳『アルフレッド・リードの世界』(佼成出版社刊)、ならびに、多くのリード作品のCDライナーノーツなどを参考にさせていただいております。略儀ながら、御礼申し上げます。また、このコラムは、シエナWOのメルマガ用に執筆したものをもとに、一部を改訂して掲載していることをご了承下さい(富樫)。

■シエナ・ウインド・オーケストラ
 第20回定期演奏会

〜A.リードを讃えて〜
偉大な吹奏楽の神様が遺してくれた 奇跡の名曲たち!!


【日時】2006年1月21日(土)完売

【日時】2006年1月22日(日) 発売中

【会場】横浜みなとみらいホール
【指揮】金 聖響

【料金】S席5500円 A席4500円 B席3500円 C席2500円
    ※全席指定・消費税込

【プログラム】

○音楽祭のプレリュード
○エル・カミーノ・レアル
○オセロ
○春の猟犬
○ジュビラント序曲
○パンチネルロ
○アルメニアンダンス・パート1
○アレルヤ!ラウダムス・テ、他

【問い合わせ】チケットスペース:03-3234-9999

シエナ・ウインド・オーケストラHP http://www.sienawind.com/

【主催】クリスタル・アーツ
【協力】横浜みなとみらいホール(財団法人横浜市芸術文化振興財団)/ヤマハ株式会社
【後援】エイベックス・クラシックス/ワーナーミュージック・ジャパン/バンドパワー


音楽ライター富樫哲佳が発信する個人メルマガ【ぐるしん】を購読してみませんか。
吹奏楽、映画音楽、クラシックにまつわる気軽な話題のあれこれ。もちろん無料です! 
「メルマ」HPhttp://www.melma.com/ の検索で「ぐるしん」と入れ、登録ページで手続きして下さい。バックナンバーも、そこで読めます。

>>富樫哲佳インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー