【記事関連CD】
ルミナルス/ノース・テキサス・ウインド・シンフォニー(「ゴーストトレイン」収録CD)
ニュー・ウインド・レパートリー1999/大阪市音楽団(「ゴーストトレイン」収録CD)
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の「音楽コラム【ぐるしん】吹奏楽版」
ウィテカーの「オクトーバー」

 10月に開催されるコンサートで「オクトーバー」なるタイトルの曲が演奏される・・・なんとも、イキな選曲でもあり、うまくできすぎのようでもあり・・・。

 10月14日(金)、神奈川・横浜「みなとみらいホール」、シエナ・ウィンド・オーケストラ特別演奏会の曲目の中に、エリック・ウィテカー作曲「オクトーバー」なる曲がある。

 ウィテカーといえば「ゴーストトレイン」(95年)、「ラスベガスを食い尽くすゴジラ」(96年)、「エクウス」(00年)などで人気作曲家になった若手である。なかなかのイケメンで(マジ、モデルや俳優もやれそうな感じ! ベッカム系かな)、追っかけに近いファンもいるらしい。

 日本語表記だと「ウィテカー」もしくは「ウィッテカー」が多いが、スペルが「Whitecre」なので、海外では「ホワィトゥクェー」と聴こえるような感じで発音する人もいる。

 1970年生まれなので、まだ35歳の若さだ。特に吹奏楽専門の作曲家ではない。純クラシック系、合唱曲、商業音楽など、何でもこなしている。

 吹奏楽曲としての第一弾が、上記「ゴーストトレイン」で、これで瞬時にして、世界的な吹奏楽作曲家として認知された。この曲、タイトルを直訳すれば「幽霊列車」だが、オカルト的な要素よりは、「いまはなき、昔の幻影を追う」ようなムードが強い。往年の機関車の旅を、ジャズの要素を取り入れて、全体的に、たいへんユニークな音楽であった。

 つづく「ラスベガスを食い尽くすゴジラ」は、文字通り、ゴジラがアメリカに上陸し、コンサート会場を急襲、さらにラスベガスを襲う模様を音で描写したスペクタクル・パノラマ・シンフォニーだった。

 それら先行作のどれもが、それなりの技巧を要求される曲なので、ウィテカー=難曲をつくる人・・・とのイメージが先行しているかもしれない。

 だが、今回の「オクトーバー」は違う。譜面だけ見たら、中学生の初心者でも演奏できそうな気さえする(16分音符が出てくるのは1小節のみ)。

 しかし、この曲をきれいに演奏するには、かなりの力量が必要だ。

 いったい、なぜ、ウィテカーは、このような「やさしい」吹奏楽曲を書いたのだろうか?

 ウィテカーが自身のウェブサイトで紹介しているところによれば、ある時、高校のバンドディレクター氏と知り合い、ネブラスカ州の各高校から30バンドが集まるイベントがあるので、そこで演奏できる曲を委嘱されたらしい。さすがに、高校30バンドもの合同演奏ともなると、適度なグレードにしなければならないと考え、2000年に、この「オクトーバー」が生まれたらしいのだ。

 題材に「10月」を選んだのは、作曲者がいちばんお気に入りの季節だったからのようだ。

 曲全体は、たいへんゆったりと、田園風景を描写するかのようなムードで流れる。近年、シエナが演奏した曲で言えば、ルディンの「詩のない歌」もそうだったが、オタマジャクシが簡単な分、かなりの息の長さとピッチ合わせを求められる曲といっていいだろう。

 オーボエを中心に、せつなげな、物憂いメロディーが流れる。前奏部分を経て、最初のトゥッティに流れ込む部分のうまさは、何ともいえない。背筋を何かが走る。

 実は、ウィテカー自身「(テクニック的に)優しい曲を書くことは楽ではなかった」と告白している。なるほど、ハイ・テクニックな曲を書きまくるウィテカーならではの、これは「演奏心のハイ・テクニック」を要求される曲なのだ。

 こういう曲で、シエナがどんな響きを生み出してくれるのか、今から楽しみである。

Text:富樫哲佳

シエナ・ウインド・オーケストラ 特別演奏会
  ≪トランペットの祭典≫

【日時】2005年10月14日(金)18:20開場/19:00開演
【会場】横浜みなとみらいホール
【指揮】下野竜也
【ゲスト】エリック・ミヤシロ(トランペット)

【予約・問い合わせ】
○チケットスペース03-3234-9999
 S席 5500円 A席 4500円 B席 3500円 C席 2500円
(全席指定・消費税込

【プログラム】

第1部
○サモン・ザ・ヒーロー:J.ウィリアムズ作曲(arr.ラヴェンダー)
○オクトーバー:E.ウィテカー
○吹奏楽のための「神話」〜天の岩屋戸の物語による:大栗裕

第2部〜エリック・ミヤシロ氏を迎えて〜

○マカレナ
○「シェルブールの雨傘」によるジャズの歴史
○スペイン、他

第3部
シンフォニエッタ:ヤナーチェク作曲(arr.上埜孝)

※都合により演奏曲目は変更になることがあります

シエナ・ウインド・オーケストラHP http://www.sienawind.com/

【主催】クリスタル・アーツ
【協力】横浜みなとみらいホール(財団法人横浜市芸術文化振興財団)/ヤマハ株式会社
【後援】エイベックス・クラシックス/ワーナーミュージック・ジャパン/バンドパワー


音楽ライター富樫哲佳が発信する個人メルマガ【ぐるしん】を購読してみませんか。
吹奏楽、映画音楽、クラシックにまつわる気軽な話題のあれこれ。もちろん無料です! 
「メルマ」HPhttp://www.melma.com/ の検索で「ぐるしん」と入れ、登録ページで手続きして下さい。バックナンバーも、そこで読めます。

>>富樫哲佳インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー