【好評発売中】
大ヒット発売中
ブラスの祭典3/佐渡裕&シエナ・ウインドオーケストラ 詳細>>
 
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の「音楽コラム【ぐるしん】吹奏楽版」
ホルスト『第1組曲』の素晴らしさ

 私は、この曲を聴くと、どうしても、指揮者フレデリック・フェネル(1914〜2004)を思い出してしまう。

 一生を吹奏楽の指揮に捧げ、多くの名曲を発掘し、編曲や新曲委嘱も数知れず。彼がいなかったら、いま、世界中で吹奏楽がこれほど盛んになっただろうかとさえ、思っている。

 で、そのマエストロ・フェネルが発掘した曲の1つが、6月14日のシエナWO 第19回定期演奏会(横浜みなとみらいホール)で演奏される、ホルスト作曲『吹奏楽のための第1組曲』なのである。

 いまでこそ、数多い吹奏楽オリジナル曲の中でも名曲中の名曲、かつ、基本中の基本と称されている。フェネル自身、この曲について、こんなことを述べている。

「もしバンド曲の本当の指揮者になりたいというならば、このスコアを徹底的に勉強して、可能な限りの角度で、とらえていってもらいたいと念願する。この曲と生活し、あらゆる方法をとおして身につけるべきであろう。(中略)もしこのスコアを本当に理解したならば、自分一人で、理論、対位法、形式、スコア、作曲、そして指揮について身につけたことになる。しかし、そこに到達するには一生かかるだろう」(フェネル著『ベーシック・バンド・レパートリー』秋山紀夫訳/佼成出版社刊)

 驚くべきことに、フェネルは、「バンド指揮者になりたいのなら、この曲とともに生活しろ」とまで言っている。

 正確にいえば、この曲は、フェネル登場以前に、全く知られていなかったわけではない。しかし、イーストマン・ウインド・アンサンブルや、クリーブランド管弦楽団管打セクションといった一流バンドを起用して、クラシック名曲と同格の観賞用音楽にまで高めたのがフェネルなのだ。それまでは、まさに軍楽隊がブンチャカやる曲程度に思われていたのである(現に、タイトルに「軍楽隊のための〜」と入っているくらいなので)。

 作曲者ホルストは、組曲『惑星』などでおなじみの人だが、ご本人にトロンボーンの心得があったせいか、吹奏楽にも理解があった。

 もちろん、ホルスト以前に、吹奏楽曲を書いた作曲家はいくらでもいる。モーツァルトの名曲『13管楽器のためのセレナーデ』だって、考え方によっては吹奏楽曲だ。メンデルスゾーンとかベルリオーズも、管打楽器群のための曲を書いている。

 しかし、ホルストの場合、重要なのは、「楽器編成」を、ほぼ、いま私たちが接している「編成」に近い形で書いたことだろう。

 最初、ホルストがこの『第1組曲』第一稿を書いた時の編成は、こうだった。

ピッコロ
フルート
オーボエ2本
バスーン2本
E♭クラリネット2本
B♭クラリネット(ソロ&1番、2番、3番)
アルト・サックス
テナー・サックス
E♭ホルン4本
B♭コルネット(ソロ&1番、2番)
B♭トランペット2本
トロンボーン3本
ユーフォニアム
ベース(テューバ)
ティンパニ
スネアドラム、バスドラム、シンバル、タンバリン、トライアングル


 これだけでも、ほとんど、現在の編成に近いといっていいだろう。作曲は1909年だが、その後、1921年に版権をアメリカのブージーが獲得したので、アメリカのスクールバンド向けに、以下の楽器が加えられた。

アルト・クラリネット
バス・クラリネット
コントラバス・クラリネット
バリトン・サックス
バス・サックス
フリューゲル・ホーン


 その後、若干の修正や追加・削除が行われていて、現代に至っている(もちろん、ホルンはF管に改訂)。コルネット中心でトランペットに補強させる編成はヨーロッパによくある形だし、バス・サックスを加えるのは、これも昔のアメリカの吹奏楽曲によくあったスタイルである。要するに、この曲は、ヨーロピアン・スタイルとアメリカン・スタイルの混合編成で広まったのである。

 だが、この曲が重要な理由は、ほかにもある。まさしくフェネルが「この曲を学べば、理論、対位法、形式、スコア、作曲、そして指揮が身につく」と述べているように、3楽章全体を、ある種の「統一感」が見事に支配しているのである。

 第1楽章「シャコンヌ」で、冒頭、低音部がむき出しで8小節のモチーフを演奏する。すべては、このモチーフに関係する。第1楽章では、これをもとに、15種の変奏がつづく。

 第2楽章「間奏曲」で奏されるメロディは、前記モチーフから派生している。

 第3楽章「マーチ」のテーマは、前記モチーフの反行音階がもとになっている。

 これらは、ただ聴いていては、なかなか気づかないかもしれない。スコアをもとに、それなりのアナリーゼが必要だ。しかし、聴き終えた時の充足感、感動、満足感は、まさしくこの「統一感」のなせるワザなのである。

 佐渡&シエナほどの顔ぶれが「何で、いまさらこの曲を?」と不思議に思っている方々もいるかもしれない。

 だが、以上の話で、なんとなく、感じていただけたのではないだろうか。ホルストは、音楽史上初めて、ほぼ現代編成で、しかも音楽的な技術を盛り込んで吹奏楽曲をつくった。それをフェネルが発掘し、広めた。それほどの曲を、21世紀の今、演奏するのに、佐渡&シエナ以上にふさわしい存在があるだろうか。

Text:富樫哲佳

続きを読む >>>


音楽ライター富樫哲佳が発信する個人メルマガ【ぐるしん】を購読してみませんか。
吹奏楽、映画音楽、クラシックにまつわる気軽な話題のあれこれ。もちろん無料です! 
「メルマ」HPhttp://www.melma.com/ の検索で「ぐるしん」と入れ、登録ページで手続きして下さい。バックナンバーも、そこで読めます。

>>富樫哲佳インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー