吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー

【第41回】第2次世界大戦(1939〜1945)その2〜組曲≪戦場にかける橋≫(マルコム・アーノルド)

【第42回】第2次世界大戦(1939〜1945)その3 キスカ島撤退作戦〜キスカ・マーチ〜映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』より(團伊玖麿作曲/福田滋編曲)
【第43回】第2次世界大戦(1939〜1945)その4 ノルマンディ上陸作戦〜孤独な海岸〜ノルマンディ1944(バーンズ)
【第44回】第2次世界大戦(1939〜1945)その5 パリ解放(1944年)〜フランス組曲(ダリウス・ミヨー)
【第45回】第2次世界大戦(1939〜1945)その6 ベルリン大攻防戦〜ヒトラー自殺(1945年4〜5月)〜組曲≪ベルリン陥落≫作品82(ショスタコーヴィチ)
【第46回】第2次世界大戦(1939〜1945)その7 広島への原爆投下(1945年8月6日)〜モーニング・アレルヤ〜冬至のための(ロン・ネルソン)
【第47回】朝鮮戦争〜クロマイト作戦(1950〜53)仁川<インチョン>(ロバート・W・スミス作曲)
【第48回】スターリン死去(1953年)〜祝典序曲(ショスタコーヴィチ作曲)
【第49回】ベトナム戦争(1960〜75)その1 戦死・不明の英雄たちよ〜ベトナム・メモリアル(ギリングハム)
【第50回】ベトナム戦争(1960〜75)その2 ≪ミス・サイゴン≫より(シェーンベルク)
【第51回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その1 ガガーリン〜3つの交響的情景(ナイジェル・クラーク作曲)
【第52回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その2 マン・オン・ザ・ムーン(清水大輔作曲)
【第53回】「プラハの春」弾圧事件(1968年)〜プラハ1968年のための音楽(カレル・フサ作曲)
【第54回】公害・環境破壊(1960〜70年代)この地球を神と崇める(カレル・フサ作曲)
【第55回】オクラホマ連邦ビル爆破事件(1995年)…闇の中のひとすじの光(デヴィッド・ギリングハム作曲)
【第56回】コソボ紛争(1990年代〜現在)〜ウォー・コンチェルト(ディルク・ブロッセ作曲)
【第57回】アメリカ同時多発テロ(2001年9月11日)〜N.Y.2001/09/11(清水大輔作曲)
■第59回<補遺1>チンギス・ハーン(13世紀初頭)大いなる約束の大地〜チンギス・ハーン (鈴木英史作曲)
【第59回】<補遺2>ヨハネ黙示録(B.C.60〜90年頃成立?)管楽器と打楽器のための交響曲≪黙示録による幻想≫(デヴィッド・ギリングハム作曲)
第61回<補遺4> カエサルのガリア遠征(紀元前58年〜紀元前51年)≪ガリア戦記≫(バルト・ピクール作曲)
【第62回】<補遺5>百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルクその3≪ジャンヌ・ダルク≫(フェルレル・フェルラン作曲)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
第47回 朝鮮戦争〜クロマイト作戦(1950〜53) 

仁川<インチョン>
(ロバート・W・スミス作曲)

 第2次世界大戦は、1945年に終わった。これでアジアにも平穏な日々が訪れるかと思いきや、そうはいかなかった。

 戦後すぐ、朝鮮半島北部に、パルチザン・リーダーの金日成を中心とする共産勢力が集結し始めた(言うまでもないが、この金日成とは、昨今、拉致問題などで注目を浴びている金正日将軍の父親である)。これに対し、南部では、李承晩による反対勢力が臨時政府を樹立。朝鮮半島は、一触即発の状態に陥った。

 やがて1948年、李承晩はアメリカの後押しで、南部に「大韓民国」を設立。対抗して金日成は、ソ連のバックアップを得て、北部に「朝鮮民主主義人民共和国」(北朝鮮)を設立。朝鮮半島は、事実上、米ソによって南北に分断された。

 北朝鮮を支援していたソ連軍は、アメリカとの直接対決を嫌い、のちに撤退。北朝鮮は孤立する一方、自ら半島を統一しようとする。

 そして1950年6月、約10万の北朝鮮軍が38度線を突破し南下を開始。ここに「朝鮮戦争」が始まった。

 国連安保理事会は、すぐにアメリカ軍25万人を主力とする「国連軍」を結成、派遣するが、北朝鮮軍の勢いは止められず、あっという間にソウルが陥落する。

 さっそく、日本に駐留していたアメリカ軍が追加投入されるが【注1】、それでも北朝鮮軍の優勢は変わらず、戦況は行き詰まる。国連軍は釜山(プサン)近辺で何とか踏み止まっていた。

 同年9月、占領軍総司令官マッカーサー元帥は、一発逆転を目指し、決死の「クロマイト作戦」を敢行する。海沿いの町・仁川(インチョン)に国連軍を一挙に上陸させ、北朝鮮軍を、釜山と仁川から挟み撃ちにする作戦だった。これが見事に成功し、北朝鮮軍は敗走。ソウルは国連軍の手で奪回された。

 これで朝鮮戦争も一段落しかけたかに見えたが、その後も韓国=国連軍が北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)を制圧したかと思えば、今度は中国=ソ連軍が圧倒的な戦力で北朝鮮軍を援助。あっという間に平壌は奪回され、それどころか、ソウルまでもが再び陥落。韓国・国連軍は壊滅状態に陥るなど、戦況は一進一退を繰り返し、「シーソー戦争」と称される泥沼状態に陥った。

 半島全土は荒廃の一途をたどり、ようやくソ連側の提案で休戦協定が結ばれたのは、1953年7月。この間、両陣営あわせて400万人の死傷者を数え、無数の離散家族を生んだ。しかし結局、朝鮮半島は南北に分断されたまま、いまに至っている。

 この戦争が契機のひとつとなって、日本に警察予備隊(現・陸上自衛隊)が誕生し、日米安保条約の改定につながった。また、アメリカ軍兵士のほとんどが日本国内の米軍基地から参戦した関係上、多くの兵器製造・修理・調達を日本の大企業が請け負い、「朝鮮特需」と呼ばれる好景気に見舞われた。当時、日本は米軍の要請に応じて掃海艇を極秘派遣しており(事実上の戦争参加)、犠牲者も出ている。このことは、後日、国会で明らかになり、大問題になった。

 作曲家ロバート・W・スミスの父親は、この戦争に参加していたそうで、父親への思い出として、仁川上陸作戦=通称「クロマイト作戦」を音楽化したのが、この≪インチョン≫である。

 冒頭、オーシャンドラム(波の音)が海岸線を描写し、尺八(もしくはフルート)のアジア風旋律が流れる。そこへ、打楽器群が模写するヘリコプターのプロペラ音が近づいてきて、戦闘が始まる(小型ヘリコプターが活躍した最初の戦争だった)。

 やがて音楽は、朝鮮民謡≪アリラン≫のモチーフを織り交ぜながら【注2】、激しい戦争の描写に移る。我々日本人が聴くと、朝鮮と中国が一体になっているように感じられる部分もあるが、演奏時間約10分、とにかく迫真の戦闘描写がつづく。ラストには、何ともいえない虚しさも漂っている。

 決して戦争賛美の音楽ではないが、朝鮮戦争は日本のすぐ隣りで発生した悲劇であり、様々な意味でわが国も関与した戦争だったので、それがアメリカで吹奏楽曲化されたのは、少々複雑な思いである。

 しかもこの戦争は、はるか彼方の歴史上の出来事ではなく、つい最近、我々の目の前で起きた戦争だ。それゆえ、この曲を若い人たち(特に中高生)が演奏する際は、指導者が、キチンと戦争の実情や意義を伝え、単なる音のパノラマ再現にならないよう、十分配慮をしていただきたい。この曲は、あくまで「アメリカ人スミス」の視点によってつくられており、我々日本人の見方とは、どこか違っている。非アジア人によって創作された音楽であることを、演奏者は忘れてはならないと思う。

 作曲者スミスは、いま、世界で最も注目されている一人。たいへんな多作家で、日本では≪海の男たちの歌(船乗りと海の歌)≫や、ダンテの詩篇をもとにした≪神曲≫などで知られている。スケール豊かな大曲から、初級レベルの小曲まで、様々なタイプの音楽を書くオールマイティである。編曲も多い。≪神曲≫は全4楽章の大作だが、日本では、第1楽章<地獄篇>がよく演奏されているようだ。本連載では、第31回≪機関車大追跡≫で登場した作曲家だ。

 なお、この≪インチョン≫は、後日、作曲者自身によって、フル・オーケストラ版に編曲されている。
<敬称略>


【注1】
 当時、朝鮮半島に投入されたアメリカ軍兵士の多くは、一度日本の米軍基地に降り立ち、そこから飛び立って行った。そのため、この頃の日本国内の米軍基地は「大混雑」だった。

 1950年7月11日深夜、九州・小倉(現・北九州市)の米軍基地内に朝鮮行きのため待機させられていた黒人兵数百人が集団脱走し、小倉市内で暴動を起こして多くの日本女性がレイプされる事件が発生した。彼らは武装しており、鎮圧に乗り出した占領軍憲兵隊との間で、市街銃撃戦にまでなった。

 この事実は、アメリカ占領軍による報道管制によって伏せられ、当初、まったく報道されなかった。襲撃を受けた小倉市民や、レイプされた女性たちは、泣き寝入りするしかなかったのだ。1958年、作家・松本清張が、この事件を『黒地の絵』と題して小説化したことで、ようやく一般人にも広く知られるようになった。

 脱走暴動を起こした兵士たちは、明日にも朝鮮戦争の最前線へ送り込まれる自らの身を案じ、自暴自棄になっていたのである。しかも、全員、黒人兵だった。危険な戦場の最前線には、まず黒人を送り込む……アメリカという国の実像を見せつけられた事件であった。


【注2】
 この曲にかすかに流れる朝鮮民謡≪アリラン≫が、やはりアメリカで吹奏楽曲になっており、長年にわたって演奏されつづけている。ジョン・バーンズ・チャンス(1932〜72)作曲の≪朝鮮民謡の主題による変奏曲≫だ。

 作曲者チャンスは、陸軍バンド時代、朝鮮戦争後の韓国に赴任しており、現地でこのメロディを何度か耳にしたそうで、退役後、吹奏楽曲としてまとめた。特に朝鮮戦争をテーマにした曲ではないが、チャンス自身の内面には、それなりに思うところがあったに違いない。

 有名な≪アリラン≫のメロディが、5種類の変奏で表現されている。オストワルド賞やABA(アメリカ吹奏楽指導者協会)作曲賞も受賞しており、発表以来、いまでも演奏されている、スタンダード・ロングセラーである。それだけ、音楽的にもたいへんまとまった、優れた曲なのだ。

 特に、すべての楽器に、基本的な奏法のほとんどがうまく駆使されているので、特にアマチュア・バンドにとってはテキストの一種としても通用するだろう。標準編成を超える指定はコントラバス・クラリネットくらいだが、これはいくらでも対応できる。ただ、打楽器の活躍する部分が多く(チャンスは打楽器奏者だった)、スコアには6パートが指定されている。

 ちなみに、作曲者チャンスは、このほかにも≪呪文と踊り≫など、音楽的に充実した素晴らしい吹奏楽曲をたくさん書いた。長く活躍することが期待されていたが、1972年、自宅の裏庭で電流フェンスに触れて感電死するという、ショッキングな最期を迎えている。若干40歳であった。

Text:富樫鉄火

(2007.08.23)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
■インチョン
収録CD
■記事関連CD
朝鮮民謡の主題による変奏曲
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー