吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー

【第41回】第2次世界大戦(1939〜1945)その2〜組曲≪戦場にかける橋≫(マルコム・アーノルド)

【第42回】第2次世界大戦(1939〜1945)その3 キスカ島撤退作戦〜キスカ・マーチ〜映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』より(團伊玖麿作曲/福田滋編曲)
【第43回】第2次世界大戦(1939〜1945)その4 ノルマンディ上陸作戦〜孤独な海岸〜ノルマンディ1944(バーンズ)
【第44回】第2次世界大戦(1939〜1945)その5 パリ解放(1944年)〜フランス組曲(ダリウス・ミヨー)
【第45回】第2次世界大戦(1939〜1945)その6 ベルリン大攻防戦〜ヒトラー自殺(1945年4〜5月)〜組曲≪ベルリン陥落≫作品82(ショスタコーヴィチ)
【第46回】第2次世界大戦(1939〜1945)その7 広島への原爆投下(1945年8月6日)〜モーニング・アレルヤ〜冬至のための(ロン・ネルソン)
【第47回】朝鮮戦争〜クロマイト作戦(1950〜53)仁川<インチョン>(ロバート・W・スミス作曲)
【第48回】スターリン死去(1953年)〜祝典序曲(ショスタコーヴィチ作曲)
【第49回】ベトナム戦争(1960〜75)その1 戦死・不明の英雄たちよ〜ベトナム・メモリアル(ギリングハム)
【第50回】ベトナム戦争(1960〜75)その2 ≪ミス・サイゴン≫より(シェーンベルク)
【第51回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その1 ガガーリン〜3つの交響的情景(ナイジェル・クラーク作曲)
【第52回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その2 マン・オン・ザ・ムーン(清水大輔作曲)
【第53回】「プラハの春」弾圧事件(1968年)〜プラハ1968年のための音楽(カレル・フサ作曲)
【第54回】公害・環境破壊(1960〜70年代)この地球を神と崇める(カレル・フサ作曲)
【第55回】オクラホマ連邦ビル爆破事件(1995年)…闇の中のひとすじの光(デヴィッド・ギリングハム作曲)
【第56回】コソボ紛争(1990年代〜現在)〜ウォー・コンチェルト(ディルク・ブロッセ作曲)
【第57回】アメリカ同時多発テロ(2001年9月11日)〜N.Y.2001/09/11(清水大輔作曲)
■第59回<補遺1>チンギス・ハーン(13世紀初頭)大いなる約束の大地〜チンギス・ハーン (鈴木英史作曲)
【第59回】<補遺2>ヨハネ黙示録(B.C.60〜90年頃成立?)管楽器と打楽器のための交響曲≪黙示録による幻想≫(デヴィッド・ギリングハム作曲)
第61回<補遺4> カエサルのガリア遠征(紀元前58年〜紀元前51年)≪ガリア戦記≫(バルト・ピクール作曲)
【第62回】<補遺5>百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルクその3≪ジャンヌ・ダルク≫(フェルレル・フェルラン作曲)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
第46回 第2次世界大戦(1939〜1945)その7 
広島への原爆投下(1945年8月6日)


モーニング・アレルヤ〜冬至のための
(ロン・ネルソン作曲)

 奇しくも、この回がアップされる週は、日本の終戦記念日(8月15日)が含まれている。長々と綴ってきた第2次世界大戦にまつわる解説も、今回が最後となる。【注1】

 この夏、全米ケーブルTVネットワーク「HBO」で、ドキュメンタリー映画『ヒロシマナガサキ』が放映されて大きな話題となった。日系三世の映像作家スティーブン・オカザキによる作品で、原爆を投下した爆撃機「エノラ・ゲイ」の元乗員や、科学者たち、さらに日本側の被爆者らへのインタビューを組み合わせて、広島・長崎の被爆の実態を描いたものだ。

 アメリカでは、「原爆投下が太平洋戦争を早めに終わらせたのだ。もし、広島と長崎に原爆が落ちなければ、戦争はもっと長引いて、日本民族は滅亡していたかもしれないのだ。逆に感謝してほしいくらいだ」との考え方が常識である。

 ケーブルTV中心のアメリカで、このような映画が堂々と放映された意義は大きい。案の定、この映画を見た一般アメリカ人の中には、あらためて被爆の悲惨さを痛感した人たちもいたようだが、おおむね上記の考え方を再認識した人たちの方が多かったようだ。

 だが、すべてのアメリカ人がそうではない。昔から被爆の恐ろしさを痛感しているアメリカ人だっていたのだ。その中の一人が、吹奏楽界の伝説的名指揮者フレデリック・フェネル(1914〜2004、東京佼成ウインドオーケストラ桂冠指揮者)であったことを、私たちは、幸せに思いたい。

 1945年(昭和20年)8月6日未明、グアム島近くのテニアン島飛行場から、新型爆弾「リトル・ボーイ」を搭載したB29型爆撃機「エノラ・ゲイ」号が飛び立った。同機は7時間ほどで広島上空へ。

 ここで初めて、乗務員は機長から、搭載している新型爆弾が、人類史上初の原子爆弾であることを明かされる。落下地点は、広島市内「相生橋」上空にロックオンされた。

 午前8時15分、「リトル・ボーイ」が投下された。目標地点「相生橋」の上空約600メートルで、核分裂爆発を起こす。人類史上、最初の、一般市民が普通に暮らす都市部への、予告なしの核兵器使用である(そして人類史上二度目にして最後の、一般市民が普通に暮らす都市部への核兵器使用が、8月9日の長崎である)。

 よく言われるが、この原爆の威力は、B29爆撃機3000機がひとつに固まって同時に爆撃をしたに等しいパワーだった。音速の壁を超える超爆風(通常の人間世界の中ではあり得ない風力)が、一瞬にして建物も人間も、吹き飛ばした。いや、「吹き飛ばす」などという生易しいものではなかった。爆心地の、すべての建物と人間は、一瞬にして「消えた」。

 爆心地には、超高温が発生した。その温度は、3000度〜4000度と言われている。太陽が、地上に突然発生したようなものだ。爆心地の建物や人間は、「燃えた」のではなく、超高熱によって「消えた」のだ。

 恐るべき量の放射線が地表を叩きつけるように降り注いだ。市内の病院に保管されていたレントゲンフィルムは(たとえ地下倉庫に厳重保存されていても)すべて感光していたほどだった。

 超高熱と放射線を浴びた人間の身体は、体内の水分は一瞬にして蒸発し、「炭化」した。市内には、おぼろげながら「人間」を思わせる形状の「炭」となった遺体が山積みとなった。

 あまりの高熱に、地上からは上昇気流が巻き起こり、ものすごい量の雲が「キノコ雲」となって湧き上がった。さらに大量の粉塵で、市内は「真っ暗」になった。その中で、建物と人間だけが、燃え続けていた。

 やがて雲は雨を呼び、大量の放射能を含んだ「黒い雨」が地上に降り注いだ。

 いくら書いてもきりがない。いくら述べても果てしがない。とにかく、1945年(昭和20年)8月6日(広島)、9日(長崎)と、立て続けに、人類史上最悪の行為が、私たちの住む国に対して、行なわれたのである。【注2】

 指揮者のフレデリック・フェネルは、1988年、佼成ウインドオーケストラの地方公演ツアーで広島を訪れ、広島平和記念資料館(通称「原爆記念館」)を見学した。その時フェネルが受けたショックがどのようなものであったかは、知る由もない。

 ただ、翌朝、フェネルは、ホテルで目覚めた時に、その思いが蘇り「吹奏楽曲にしなければ」と感じたという。それだけ、アメリカ人フェネルの心の中に、何かが沸き起こったのであろう。

 フェネルは、帰国後、知人の作曲家ロン・ネルソンに、その思いを語り、吹奏楽曲を委嘱した。それが、今回ご紹介する≪モーニング・アレルヤ〜冬至のための≫である。スコアには「広島の人々のために」と記されている。

 まず、このタイトルについて説明しておく。広島の原爆を題材にした曲に、なぜ「冬至」なんてコトバが入っているのだろうか。

 そういえば、この曲は、日本ではいくつかの邦訳があって、たとえば≪冬至のための朝のアレルヤ≫とか、≪冬の始まりのためのモーニング・アレルヤ≫などがある。

 「アレルヤ」とはヘブライ語で「神を讃えよ」の意味。英語読みだと「ハレルヤ」となる。音楽の世界では、「アーメン」や「ホザンナ」と並んで、文字通り「神を讃える音楽」のことである。

 問題は、原題にある「Winter Solstice」なのだが、これは、確かによく「冬至」と訳される。一般的に「1年間で昼間の最も短い日」のことで、おおむね12月21〜22日前後である(今年=2007年は12月22日)。これに対して「昼間の最も長い日」は「夏至」で、今年の場合は6月22日だった。ただし、どちらも天文学的には、正確にその日が「最も昼間が短い/長い」日ではない。

 これらは俗に「二十四節季」と呼ばれる、1年間を24の季節に分ける日本独特の暦で、ルーツは中国である。なのに、欧米にも「冬至」とか「夏至」なんて考え方があるのだろうか? 

 実は、「Winter Solstice」の「Solstice」とは、ラテン語で「太陽が止まる日」という意味なのだ。つまり、12月21〜22日前後は、太陽が最も南に来て、この日を境に、今度は北上するのである。確かにイメージとしては「太陽が止まる日」とも受け取れる。その日を、中国や日本では「冬の果てに至る」=「冬至」と呼んでいる。

 これに対し「夏至」=「Summer solstice」とは、太陽が最も北に位置し、この日を境に南下する。やはり、この日も「太陽が止まっている」ように感じる。「夏の果てに至る」=「夏至」である。

 だから、「Winter Solstice」を「冬至」と訳すことは間違いではないのだが、あくまで、日本でその日を「冬至」と呼んでいるので、それをあてはめただけなのである。即物的に訳せば、「太陽が止まる冬の日」とした方が正確かもしれないのだ。

 いかがであろうか。まさに1945年8月6日、広島では「太陽が止まった」のではなかったか。それは、長く、恐ろしく、暗い、「冬」の始まりでもあったのだ。これほどふさわしい曲名はないかもしれない。

 さて、曲であるが、これは一種の現代音楽である。冒頭からして、ほとんどの奏者が「LU―」と歌うように指定されている。サウンドクラスター(音の自由な組み合わせ)も頻出する。前半は、タイトルどおり「アレルヤ」を思わせるコラール風だが、後半になると、激しい曲調となる。決して、広島の惨劇を直裁に描いているわけではない。つまりこの曲は、人類史上最大の愚行を犯してしまった人間が、神に許しを乞う音楽なのである。そして、こればかりはいかに寛容な神でも、そうは簡単に許しを与えてくれないのではないか、そのことに対する不安と絶望を描いているのである。

 演奏は容易ではないが、「原爆投下は正しかった」といまでも公言するアメリカ人の中にも、こういう曲を書いた人がいることはぜひ知っておいていただきたい。そして、それを委嘱したのが、フレデリック・フェネルであることも。

 ネルソンは、イーストマン音楽院卒の作曲家。合唱曲が多いが、日本では、特に、吹奏楽曲≪ロッキー・ポイント・ホリディ≫で知られている。1993年には≪パッサカリア〜バッハへのオマージュ≫で、ABA(全米吹奏楽指導者協会)賞と、NBA(全米バンド協会)賞をダブル受賞した。
<敬称略>


【注1】日本では、8月15日が「終戦記念日」で、この日に戦争が終結したことになっているが、正確に言うと、この日は、天皇陛下による「玉音放送」で、無条件降伏が国民に知らされた日である。天皇陛下の「聖断」で、ポツダム宣言受諾が連合国側に通告されたのは8月10日。受諾正式決定が8月14日。「玉音放送」が8月15日。降伏文書への調印が9月2日である。ただし沖縄だけは、戦闘が終了した6月23日を「慰霊の日」(事実上の終戦日)としている。ちなみに8月15日は、アメリカでは「VJデイ」(Victory over Japan Day)=「対日戦勝記念日」、中国では「抗日戦争勝利記念日」、北朝鮮では「祖国解放記念日」、韓国では「光復節」(日本の植民地支配から解放されたことを祝う日)となっている。

【注2】最近の若い方々は、この事実に対して鈍感になっているような気がしてならない。筆者は決して反米主義者ではないし、単純な平和愛好家でもないが、いくら交戦中とはいえ、無辜(むこ)の民が暮らす都会に、二回も、予告なしで核兵器を使用された不条理だけは、絶対に忘れてはならないと思う。せめて、漫画『はだしのゲン』(中沢敬治、中公文庫版ほか)や、小説『黒い雨』(井伏鱒二、新潮文庫)くらいは、日本人の常識として読んでおいてほしい。

Text:富樫鉄火

(2007.08.15)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
■モーニング・アレルヤ〜冬至のための
収録CD
関連CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー