吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー

【第41回】第2次世界大戦(1939〜1945)その2〜組曲≪戦場にかける橋≫(マルコム・アーノルド)

【第42回】第2次世界大戦(1939〜1945)その3 キスカ島撤退作戦〜キスカ・マーチ〜映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』より(團伊玖麿作曲/福田滋編曲)
【第43回】第2次世界大戦(1939〜1945)その4 ノルマンディ上陸作戦〜孤独な海岸〜ノルマンディ1944(バーンズ)
第44回第2次世界大戦(1939〜1945)その5 パリ解放(1944年)〜フランス組曲(ダリウス・ミヨー)
【第45回】第2次世界大戦(1939〜1945)その6 ベルリン大攻防戦〜ヒトラー自殺(1945年4〜5月)〜組曲≪ベルリン陥落≫作品82(ショスタコーヴィチ)
【第46回】第2次世界大戦(1939〜1945)その7 広島への原爆投下(1945年8月6日)〜モーニング・アレルヤ〜冬至のための(ロン・ネルソン)
【第47回】朝鮮戦争〜クロマイト作戦(1950〜53)仁川<インチョン>(ロバート・W・スミス作曲)
【第48回】スターリン死去(1953年)〜祝典序曲(ショスタコーヴィチ作曲)
【第49回】ベトナム戦争(1960〜75)その1 戦死・不明の英雄たちよ〜ベトナム・メモリアル(ギリングハム)
【第50回】ベトナム戦争(1960〜75)その2 ≪ミス・サイゴン≫より(シェーンベルク)
【第51回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その1 ガガーリン〜3つの交響的情景(ナイジェル・クラーク作曲)
【第52回】米ソの宇宙開発競争(1950〜1970年代)その2 マン・オン・ザ・ムーン(清水大輔作曲)
【第53回】「プラハの春」弾圧事件(1968年)〜プラハ1968年のための音楽(カレル・フサ作曲)
【第54回】公害・環境破壊(1960〜70年代)この地球を神と崇める(カレル・フサ作曲)
【第55回】オクラホマ連邦ビル爆破事件(1995年)…闇の中のひとすじの光(デヴィッド・ギリングハム作曲)
【第56回】コソボ紛争(1990年代〜現在)〜ウォー・コンチェルト(ディルク・ブロッセ作曲)
【第57回】アメリカ同時多発テロ(2001年9月11日)〜N.Y.2001/09/11(清水大輔作曲)
■第59回<補遺1>チンギス・ハーン(13世紀初頭)大いなる約束の大地〜チンギス・ハーン (鈴木英史作曲)
【第59回】<補遺2>ヨハネ黙示録(B.C.60〜90年頃成立?)管楽器と打楽器のための交響曲≪黙示録による幻想≫(デヴィッド・ギリングハム作曲)
第60回<補遺3> アメリカ、サーカス黄金時代(1800年代末〜1900年代前半)マーチ≪バーナムとベイリーの人気者≫(カール・キング作曲)
第61回<補遺4> カエサルのガリア遠征(紀元前58年〜紀元前51年)≪ガリア戦記≫(バルト・ピクール作曲)
【第62回】<補遺5>百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルクその3≪ジャンヌ・ダルク≫(フェルレル・フェルラン作曲)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
第42回 第2次世界大戦(1939〜1945) その3 キスカ島撤退作戦

キスカ・マーチ〜映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』より
(團伊玖麿作曲/福田滋編曲)

 太平洋戦争中、日本が侵略した外地の「島」では、玉砕が相次いだ。

 「玉砕」とは、文字通り「玉」となって「砕け散る」。つまり、救出も応援もなく、最後まで戦って、そのまま全員死ぬことである(これに対して特攻隊の戦死を「散華」という)。

 特に日本軍がアメリカに追い詰められた後期は、玉砕が相次いだ。1943年のアッツ島に始まり、サイパン、テニアン、グアム、そして、最近映画でも話題の硫黄島と、悲劇が絶えることがなかった。

 物資と兵士に限度があり、かつ、制海・制空権を握られた日本軍に、外地の島へ応援部隊を送り込む余力は、もうなかったのだ。

 だが、その中で、キスカ島だけは、約5000名の日本兵が、全員無傷で撤退した「奇跡の撤退」として知られている。

 キスカ島とは、アリューシャン列島に連なるアメリカ・アラスカ州に属する島。ここを、日本軍はアッツ島とともに1942年に攻略した。

 ところが、1943年5月、そのアッツ島は、アメリカ軍の総攻撃を受け、日本軍は玉砕。島はアメリカに奪還された。

 当然、次はキスカ島だ。だが、周囲はすでにアメリカ軍が制海・制空権を握っており、容易に島に近づくことはできない。5000名の日本兵は、玉砕の名の下、アッツ島につづいて見殺しにされるのは確実だった。

 だが大本営は、これ以上アリューシャン列島で悲惨な玉砕がつづいては士気の低下を招くと判断。不可能は承知の上で、救援作戦が開始された。

 しかし……周囲をアメリカの船に囲まれた島から、5000名もの兵士を、どうやって助け出すのか。方法はただひとつ、この周囲の特徴的な気象条件「霧」を利用するしかなかった。濃霧の日を選んで、姿を隠して島に近づくのだ。

 かくして木村昌福少将が率いる第5艦隊が救出に向かった。

 だが、なかなかうまい気象条件の日は訪れない。アメリカ軍の空爆や魚雷攻撃もつづいた。寸前で引き返すことが繰り返された。島で救出を待つ兵士たちは、次第に諦めの境地に至る。

 だが7月27日、ついに第5艦隊は、濃霧の中、正面を避け、こっそりと西側を回って島に近づいた。沖合いで停泊させ、小型艇を次々に派遣。ピストン方式で、あっという間に5000名の兵士全員を無傷で救出することに成功したのだ。まさに「奇跡の救出作戦」であった。

 この救出劇を映画にしたのが、1965年の東宝映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』(丸山誠司監督)である。名優・三船敏郎が少将役を見事に演じている。モノクロながら東宝お得意の特撮を起用し(特技監督=円谷英二)、異色戦争映画に仕上がっていた。

 無血撤退が成功するかどうか、その一点だけに絞った娯楽映画にしたことが成功の理由だった。こういうタイプの戦争映画は、あまり日本にはない。妙に説教色や反戦ムードもない、徹底した娯楽戦争映画なのだ。

 特に、何度目かのチャンスでついに救出部隊が島に接近でき、次々と日本兵が小型艇で救出されていくシーンは、ハラハラするが何度見ても感動的だ。いまでは失われてしまった昔の日本人の美しさも見事に描かれている。DVD化されているので、ぜひご覧いただきたい。

 この映画に音楽をつけたのが、日本を代表する作曲家・團伊玖麿である。さすが團は、単純な国威発揚音楽は書かなかった。勇ましさの中に、どこか品格と抒情が漂う、味のある映画音楽を書いた。

 その中の、ラストの撤退シーンの音楽を中心とした曲≪キスカ・マーチ≫が、吹奏楽版になっている。映画公開の初日に、海上自衛隊の音楽隊により、映画館の前でナマ演奏されたそうだ。その時のスコアが発掘され、改訂編曲を経て、現在のスコアとなった。日本の戦争映画の音楽が、このような形で吹奏楽版になっている例は少ない。しかも、たいへん上質な音楽である。難易度もそれほど高くはないが、きれいに演奏するには、それなりの技術が必要な曲に思われる。現在、楽譜のレンタル開始が準備中のようなので、ぜひ今後、演奏されてほしい曲だ。

 ちなみに、アメリカ軍は、かなりあとまで、キスカ島から日本兵が1人もいなくなっていることに気がつかなかった。

 やがて、日本兵を「全滅」させようと勇んで上陸すると、もぬけのカラだった。いたのは残された犬のみ。米兵たちは、あちこちで出会う仲間を、てっきり隠れていた日本兵だと思い込み、相撃ちを始める始末だった。それどころか、日本軍の機転で、病院小屋に「ペスト患者隔離施設」のニセ看板を掲げていたため、米兵はパニックに陥った。本国に特効薬を送ってくれるよう、正式に依頼したりしている。

 ≪キスカ・マーチ≫は、そんな後日談さえも彷彿とさせるような、明るくて上品なマーチである。
<敬称略>

Text:富樫鉄火

(2007.0719)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
スピリット・オブ・セントルイス収録CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー