吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー
【第26回】稀代の性豪・カサノヴァ(1725〜98)カサノヴァ 〜独奏チェロとウインド・オーケストラのための(ヨハン・デ・メイ)
【第27回】ナポレオンのロシア侵攻(1812年)大序曲≪1812年≫(チャイコフスキー)
【第28回】ピータールーの惨劇(1819年8月16日)ピータールー序曲(マルコム・アーノルド)
【第29回】フランス7月革命(1830年)民衆を導く自由の女神(樽屋雅徳)
【第30回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その1 行進曲≪南部連合旗≫(ジェイガー)
【第31回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その2 機関車大追跡(ロバート・W・スミス)
【第32回】アメリカ西部開拓時代(1860年代〜1890年代頃)映画『11人のカウボーイ』序曲(ジョン・ウィリアムズ)
【第33回】露土戦争〜サン=ステファノ条約(1875〜78年)〜スラヴ行進曲(チャイコフスキー)
【第34回】アルメニア人虐殺(1800年代末〜1900年代初頭)〜アルメニアン・ダンス/パート1、2(アルフレッド・リード)
【第35回】シャクルトン、南極からの奇跡の生還(1914〜15年)仲間たちへ(清水大輔)
【第36回】第一次世界大戦(1914〜18年)その1〜行進曲≪消えた軍隊〜彼らは死なず≫(アルフォード)
【第37回】第一次世界大戦(1914〜18年)その2〜映画『アラビアのロレンス』のテーマ(モーリス・ジャール)
【第38回】リンドバーグ、大西洋無着陸単独飛行(1927年)〜スピリット・オブ・セントルイス(清水大輔)
【第39回】ジョージ6世戴冠式(1937年)戴冠式行進曲≪王冠≫(ウィリアム・ウォルトン作曲)
【第40回】第2次世界大戦(1939〜1945)その1〜アメリカン・サリュート〜「ジョニーが凱旋する時」による
(モートン・グールド)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
第40回】 第2次世界大戦(1939〜1945) その1

アメリカン・サリュート 〜「ジョニーが凱旋する時」による
(モートン・グールド作曲/フィリップ・ラング編曲)

 今回から第2次世界大戦に入る。1939年9月1日に始まって、1945年9月2日に終わった、足かけ7年にわたる大戦争である。いまのところ、世界規模で発生した戦争としては、人類史上最大にして最後の戦争ということになっている。

 すでに吹奏楽の世界は、楽器編成や作曲技法などが、ほぼ現代のスタイルになっていたので、この戦争を題材にした吹奏楽曲はたいへん多い。題材としては、おそらく「聖書」に次ぐ多さであろう。とても全部を紹介することはできないが、重要な曲に絞って、今回から数回にわたってご紹介する。

 まず初めに、第2次世界大戦とは、どういう戦争だったのか、概要を述べておく。近年の日本の若者には、この戦争に関する知識がない者が多く、ひどいのになると、「アメリカと日本が戦争していたこと」「戦後、日本がアメリカに占領されていたこと」を知らない者さえいるらしい。それで第2次世界大戦を題材にした吹奏楽曲を聴いたり演奏したりするのは、いかがなものかと思う。特に中高吹奏楽部の指導者の先生は、もし、今回以降に紹介する曲を演奏する場合には、最低限、本欄で述べているような話を、ぜひ、部員生徒にしてあげてほしい。

 第1次世界大戦後、参戦国によってつくられた新たな世界秩序を、俗に「ヴェルサイユ体制」と呼ぶ。1919年に締結された「ヴェルサイユ講和条約」にもとづく戦後体制である。

 これは、ひとことで言うと、敗戦国ドイツに莫大な賠償を要求し、国力を減衰させ、国家としての体裁をも失わせることが主目的であった。これによりドイツは、プライドを大きく傷つけられた。やがて世界恐慌が襲うと、大きな資源や土地を持たず弱体化したドイツは、窮地に追い込まれた。このことが、ゲルマン民族意識を回復させ、ファシズムの台頭、そしてナチスドイツの結成、ヒトラー登場につながるのだ。

 つまり、第2次世界大戦の遠因は、第1次世界大戦の戦後処理にあったのである。現に、第1次大戦後、専門家の中には「近々、また戦争が起こるであろう」と予測する者が多かったのだ。

 1939年9月1日、ナチスドイツはポーランドに侵攻。ここに、第2次世界大戦の火蓋が切って落とされた。

 ちなみに、第2次世界大戦の終結後は、今度はドイツに対して国力を奪うようなことをせず、連合国側は戦後復興に全面協力した(これは日本に対しても同じ)。敗戦国から多額の賠償金を奪い、恨みつらみで国力を減衰させると、かえって民族意識が高まり、第2のナチスドイツが出現することを、アメリカを中心とする大国は最も恐れたのである。
 
 ところで第2次世界大戦では、ドイツ・イタリア・日本を中心とする「枢軸国」と、アメリカ・ソ連・イギリス・フランスを中心とする「連合国」の2派に別れ、主としてヨーロッパを舞台に戦争となった。

 日本は、第1次世界大戦の戦勝国であり、当初はアメリカやイギリスとの協調外交を行なっていた。ところが、ヴェルサイユ条約の締結に当たって、日本国の提案がことごとく無視され、事実上、日本はヴェルサイユ体制の枠外に放り出されていた。その反発で、日本国内には軍部が台頭し、日本は軍事国家となり、中国大陸への侵略を開始することとなるのだ。

 第2次世界大戦が起こっても、日本は当初、無視していた。ところが、開戦当初のナチスドイツがあまりに快進撃をつづけたので、軍部が支配していた日本は、次第にドイツに協調するようになる。同じヴェルサイユ体制に不満を持つもの同士、相通じるものがあったのだ。そして、ドイツにつづいてファシズムが台頭したイタリアも加わり、「日独伊三国同盟」が結ばれる。この時に近衛文麿首相が言った有名なせりふが「バスに乗り遅れるな」である。

 ヨーロッパが遠い日本は、周辺アジア諸国の侵略を開始した。もちろんアメリカは怒った。やがてアメリカ国内の日本資産は凍結され、貿易禁止。石油資源の輸入も断たれた。面子をつぶされた日本は、ハワイの真珠湾を奇襲攻撃。第2次世界大戦は、悲惨な太平洋戦争へと拡大するのである。

 さて、前置きが長くなったが、その第2次世界大戦の真っ最中に作曲された吹奏楽曲で、いまでもよく演奏されている曲が、今回紹介する≪アメリカン・サリュート〜「ジョニーが凱旋する時」による≫である(正確には、管弦楽曲が原曲。発表後、すぐにフィリップ・ラングの編曲で吹奏楽版になり、いまでは、そのほうが演奏の機会が多く、ほぼ吹奏楽オリジナル曲として認知されている)。【注1】

 作曲したのは、モートン・グールド。詳細は、狂詩曲≪ジェリコ≫【第8回】の回で紹介してあるので、そちらを参照いただきたい。

 この曲は「変奏曲」である。変奏するからには「主題」がある。それが≪ジョニーが凱旋する時≫である。

 これは大変古い曲で、南北戦争中の1860年ごろ、北軍の軍楽隊長パトリック・サースフィールド・ギルモアが、故郷アイルランドの旋律をもとに作曲した軍歌であると言われている。

 歌詞は、「ジョニーが故郷に凱旋する時は(万歳!万歳!)/みんなで大歓迎しようじゃないか(万歳!万歳!)/男は歓喜し子供たちは声援を送り女は集まる/ジョニーが故郷に凱旋する時は」……といった内容だ。【注2】【注3】

 アメリカではたいへん有名な曲で、例えば、映画でも、『第十七捕虜収容所』(1953)や『西部開拓史』(1962)、『博士の異常な愛情』(1964)などに流れている。近年でも、『ダイ・ハード3』(1995)に使用されていたので、若い方でもご存知だろう。

 曲は、8分の12拍子の激しい前奏から始まり、最初にバスーンで主題が奏されたあと、第5変奏〜コーダ変奏まで約5分、心地よい緊張感と圧倒的なスピーディーぶりで突っ走る。

 タイトルの≪アメリカン・サリュート≫とは、「アメリカの敬礼」。ニュアンスとしては、「アメリカ人なら敬礼し、兵士たちを讃えよ」みたいなムードがある。このタイトルからしても、一種の戦意高揚音楽であるが、変奏の面白さがあまりに際立っており、演奏しても聴いても一級品。しかも演奏技術を磨く一種のテキスト曲的な要素もある。

 こういう曲で国内の戦意を高揚し、「ジャップ(日本人の蔑称)を叩け」と煽っていたわけだから、考え方によっては「反日音楽」なのだが、それにしても単なる軍事音楽に終わらず、音楽的にも凝った、ちゃんとした変奏曲に仕上げているところがすごい。日本では「贅沢は敵だ」をスローガンに、ひたすら質素倹約を強いていた頃、アメリカではこんな曲がつくられ、演奏されていたのである。

【注1】最近ではなかなか聴く機会のない管弦楽原曲版は、ナクソスの『モートン・グールド作品集』(クチャル指揮/ウクライナ国立交響楽団、8.559005)で聴くことができる。このCDには、吹奏楽版で人気の≪フォスター・ギャラリー≫原曲も収録されている。
※ナクソスからは、現在、モートン・グールド作品集は2枚リリースされているので、収録曲をよく確認して入手していただきたい。


【注2】この歌詞の中の「万歳!万歳!」は、原詞では「フラー!フラー!」という呼びかけのような響きで、ニュアンスとしては「いいぞ!いいぞ!」といった感じなのだが、これが日本に伝わって、応援の時の「フレー!フレー!」になったとの説がある。どこまで本当か分らないが。


【注3】この曲名をもじった反戦映画の傑作に『ジョニーは戦場へ行った』=原題『Johnny got his gun(ジョニーは銃をとった)』(1971)がある。名脚本家ダルトン・トランボが若き日に書いた小説を、33年後に自らの監督・脚本で映像化した執念の作品。戦争で手足ばかりか視覚・聴覚まで失い、性器だけが唯一正常な状態の肉塊として帰ってきた青年ジョニーの物語だ。絶望を経て、看護婦が胸に指で書く「字」を理解し、外界とコミュニケーションを再開する過程は感動的だったが、正直、あまりにつらい内容の映画。私は中学2年の時に映画館で観たが、「ショック」以外のなにものでもなかった。いま、あらためてこの映画を観る勇気は、私にはない。 同様設定の江戸川乱歩の小説『芋虫』も怖かったが、あまりの感覚の違いに驚かされたものだ。

Text:富樫鉄火

(2007.06.28)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
スピリット・オブ・セントルイス収録CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー