吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー
【第26回】稀代の性豪・カサノヴァ(1725〜98)カサノヴァ 〜独奏チェロとウインド・オーケストラのための(ヨハン・デ・メイ)
【第27回】ナポレオンのロシア侵攻(1812年)大序曲≪1812年≫(チャイコフスキー)
【第28回】ピータールーの惨劇(1819年8月16日)ピータールー序曲(マルコム・アーノルド)
【第29回】フランス7月革命(1830年)民衆を導く自由の女神(樽屋雅徳)
【第30回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その1 行進曲≪南部連合旗≫(ジェイガー)
【第31回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その2 機関車大追跡(ロバート・W・スミス)
【第32回】アメリカ西部開拓時代(1860年代〜1890年代頃)映画『11人のカウボーイ』序曲(ジョン・ウィリアムズ)
【第33回】露土戦争〜サン=ステファノ条約(1875〜78年)〜スラヴ行進曲(チャイコフスキー)
【第34回】アルメニア人虐殺(1800年代末〜1900年代初頭)〜アルメニアン・ダンス/パート1、2(アルフレッド・リード)
【第35回】シャクルトン、南極からの奇跡の生還(1914〜15年)仲間たちへ(清水大輔)
【第36回】第一次世界大戦(1914〜18年)その1〜行進曲≪消えた軍隊〜彼らは死なず≫(アルフォード)
【第37回】第一次世界大戦(1914〜18年)その2〜映画『アラビアのロレンス』のテーマ(モーリス・ジャール)
【第38回】リンドバーグ、大西洋無着陸単独飛行(1927年)〜スピリット・オブ・セントルイス(清水大輔)
【第39回】ジョージ6世戴冠式(1937年)戴冠式行進曲≪王冠≫(ウィリアム・ウォルトン作曲)
【第40回】第2次世界大戦(1939〜1945)その1〜アメリカン・サリュート〜「ジョニーが凱旋する時」による
(モートン・グールド)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
【第39回】 ジョージ6世戴冠式(1937年)

戴冠式行進曲≪王冠≫(クラウン・インペリアル)
(ウィリアム・ウォルトン作曲)

 「戴冠式」とは、文字通り「王冠」を「戴く」儀式。要するに、君主制国家において、国王や帝王などが即位し、正式に位に就いたことを表明する儀式である。

 現在、戴冠式を挙行している国は多くあるが、やはり我々日本人には、イギリスの戴冠式が最もなじみ深いであろう。ロンドン・ウェストミンスター寺院で挙行される。式次第はカンタベリー大主教によって執り行われ、宝剣、王杖、指輪、手袋などが授けられたあと、最後に王冠をかぶせられる。この瞬間、正式に着位したことになるのだ。

 1936年、イギリスでジョージ6世が即位した。この時、この新国王は「あまりにひどい。私は、国王になるための準備を何もしていないのに」との「迷言」を吐いた。いったい、何があったのか。

 彼は、前国王エドワード8世の弟だった。ところが、この兄王、もともと女性関係が派手で、特に、離婚暦のある人妻でアメリカ人女性ウォリスとの付き合いが本格的だった。彼は、何とかウォリスと結婚しようとするが、さすがに周囲は、そんな結婚、認めようとしない。

 かくして独身のまま戴冠したエドワード8世、いよいよウォリスを正式離婚させ、結婚しようとするが、やはり周囲の反対はあまりに根強い。するとエドワード8世は、とうとう国王を退位し、一貴族となってウォリスと結婚した。これを俗に「王冠を賭けた恋」と呼ぶ。

 女性を追って退位した兄にかわって、急きょ国王にさせられたのが、弟ヨーク公、つまり、先に紹介したジョージ6世である。だからこそ「ひどい」とか「何も準備をしていない」などとぼやいたのだ。

 派手だった兄王に対して、この弟王は、地味だった。なにしろ、なりたくてなった国王ではなかったから、行動も控えめだった。だが、そのことがかえって国民の信頼を得ることとなった。特に、第2次大戦が始まった際には、過去のほかの王族のように地方へ疎開しようとせず、空爆に襲われるロンドンに、そのままとどまった。そればかりか、ドイツ軍の空爆被害にあった地域を訪問して、直接に国民を励ました。ジョージ6世夫妻の人気は、高まるばかりだった。

 夫妻は、女の子を2人産んだ。そのうちの姉が、現在の英国女王エリザベス2世。そう、最近、『クイーン』と題する映画にもなった、故ダイアナ妃の義母にあたるひとである。

 ところで、戴冠式では、多くの音楽が生れる。戴冠式そのもので演奏される曲もあれば、関連祝典で演奏される曲もある。

 よく知られているのは、ヘンデル(ドイツからイギリスに帰化)が1727年、ジョージ2世の戴冠式のために作曲した≪ジョージ2世の戴冠式アンセム≫であろう。この中の≪司祭ザドク≫の部分は、その後の戴冠式でも演奏されている。サッカー・ヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグ(UEFA)のテーマ曲(アンセム)の原曲である。

 モーツァルトのピアノ協奏曲第26番に≪戴冠式≫の副題が付いているのは、1788年、神聖ローマ帝国皇帝レオポルト2世の戴冠式の祝典で演奏されたから。

 マイヤベーアの≪戴冠式行進曲≫もけっこう有名で、これは、歌劇≪預言者≫の第4幕第2場における、文字通り戴冠式の場面の音楽。1500年代にオランダであったある戴冠式にまつわる史実をもとにしたオペラである。

 それらの中で、最も有名、かつ、吹奏楽版でも人気があるのが、先述、ジョージ6世の戴冠式のために作曲された、ウォルトンの≪戴冠式行進曲「王冠」≫(クラウン・インペリアル)であろう。

 ジョージ6世の戴冠式は、1937年(昭和12年)5月12日に挙行された。

 この日、戴冠式が行なわれているロンドン上空を「日本の飛行機」が祝賀飛行した。東京→ロンドン間の最速飛行記録を打ちたて、ロンドンに到着後、「空の親善大使」として滞英中だった「神風号」(飯沼正明飛行士と塚越賢爾機関士)である。この懸賞飛行は、朝日新聞社が、まさにジョージ6世戴冠式を記念して企画したものであった。【注1】

 このことからも分るように、この戴冠式は、日本にとってもたいへん親しみ深いイベントであった。当時の駐英大使で、のちに総理となる吉田茂のほか、日本からは、昭和天皇の代理として秩父宮が参列している。【注2】

 また、1週間後には、戴冠記念観艦式も挙行された。世界18カ国から招待されたご自慢の戦艦、および、イギリスとイギリス連邦所属の戦艦・駆逐艦145隻がイギリス沖に集結し、壮大な「海上パレード」を繰り広げたのだ。日本からは、重巡洋艦「足柄」が参加した。

 それほど国際的な注目を浴び、素晴らしい音楽まで生れているのに、戴冠した当人が「ひどい」といじけていたのだから、何とも皮肉なものである。

 この≪戴冠式行進曲「王冠」≫は、いわゆるコンサート・マーチで(原曲は管弦楽版)、伝統的なイギリス風コンサート・マーチのスタイルに乗っ取って書かれている。つまり「A(速)」→「B(緩)」→「A(再現)」→「Bを加えたコーダ部」といった流れだ(冒頭に「序奏部」が加わる構成もよくある)。時折、勘違いして混同されるエルガーの行進曲≪威風堂々≫や、(マーチではないが)ホルストの≪木星≫などと似た構成である。

 中間部の旋律が繰り返され、盛り上がって後半に突入するところは、聴いても演奏しても背筋を何かが走る。「ひどい」などといじけているどころじゃない。この曲で、まさにウォルトンは、エルガー以来の伝統的な大英帝国マーチを完成させたといっても過言ではない。

 吹奏楽版では、デュソイト編曲版、ボクック編曲版などがよく演奏されている。本来がオーケストラ曲だけに、後半部で要求される息の長さは、なかなか大変だが、演奏効果は抜群で、コンサートのトリとして十分通用する迫力がある。

 ウォルトンは、ほぼ独学で音楽を見につけた人で、20世紀のど真ん中を生きたにもかかわらず、調性のある分りやすい音楽を書き続けた。普通、オラトリオ≪ベルシャザール王の饗宴≫や、交響曲第1番、ヴァイオリン協奏曲などが代表作として挙げられるが、映画音楽にも傑作が多い。いくつかのシェイクスピア映画にも名曲を寄せているほか、特に『バーバラ少佐』(1941、日本未公開)、『スピットファイア』(1942、日本未公開)など多くが吹奏楽曲になって、日本でも親しまれている。『空軍大戦略』(1969)では、映画音楽史に残る「事件」を巻き起こした。【注2】

 ちなみにウォルトンは、戴冠式行進曲を、もう1曲書いている。1953年、現イギリス女王エリザベス2世の戴冠式のための、≪戴冠式行進曲「宝玉と王杖」≫である。先述のように、このエリザベス2世は、ジョージ6世の娘。父娘2代にわたって、戴冠式行進曲を書いたのである。【注4】
<敬称略>


【注1】この5月に亡くなった、日本を代表する映画監督・熊井啓が、次に準備中の作品が、この「神風号」の日英スピード飛行を描くものであった。熊井監督は、前回紹介した、清水大輔≪スピリット・オブ・セントルイス≫を聴きながらイメージを膨らませ、シナリオを改稿していたようだ。原作は、深田祐介『美貌なれ昭和』(文春文庫、現在入手不可能)。実現に至らなかったことが、まことに惜しまれる企画である。


【注2】この戴冠式に関する記録エッセイを、当時の駐英大使・吉田茂の夫人、吉田雪子が、戦前にイギリスで出版していた。邦題『ジョージ六世戴冠式と秩父宮―グローヴナー・スクエアの木の葉の囁き』(長岡祥三訳、新人物往来社)がそれである。


【注3】『空軍大戦略』は、イギリス映画界が総力を挙げて制作した超大作戦争映画。それだけに、音楽も、イギリスを代表する大作曲家ウォルトンに白羽の矢が立った(かつてシェイクスピア映画で何度か組んでいた、主演の名優ローレンス・オリビエの推薦もあった)。曲が出来上がり、マルカム・アーノルドの編曲協力・指揮を得て録音までされたが、これを聴いた映画会社幹部は頭を抱えてしまった。確かに格調高い音楽なのだが、会社側は、もっと俗っぽい、それこそ007シリーズのような音楽を期待していたのだ(監督も、1964年に『007/ゴールドフィンガー』を大ヒットさせていたガイ・ハミルトンだった)。一部、以前のシェイクスピア映画の音楽を原曲としているような部分もあった。しかも、全部で20分ちょっとしかない。これでは、サントラLPにして発売できない。そこで会社は、急きょ、ロン・グッドウィンを呼んできて、もっとベタな音楽をたっぷり書かせ、音楽を差し替えてしまった。これに怒ったのが、ウォルトンを推薦したローレンス・オリビエだった。「ウォルトンの音楽を使用しないのなら、俺も降りる」とまで言い出した。そこで仕方なく、大空中戦のシーンだけにウォルトンの音楽が残されることになったのだ。現在発売中のDVD『空軍大戦略 アルティメット・エディション』には、この双方の音楽がすべて収録されており、どちらの音楽でも再生できるようになっている。同じ映画を違った音楽で二度鑑賞できるのだ。その印象の違いには驚くだろう。音楽次第で、映画とは、かくも変わってしまうものなのだ。果たして「グッドウィン版」か「ウォルトン版」か、あなたはどちらに軍配を挙げるだろうか。


【注4】日本でも、皇族2代にわたって祝典行進曲を書いた人がいる。團伊玖麿(1924〜2001)がそうで、最初が1959年の皇太子(今上天皇)の御成婚のための≪祝典行進曲≫(吹奏楽コンクール課題曲にもなった)。次が、1993年の皇太子御成婚のための≪新祝典行進曲≫である。

Text:富樫鉄火

(2007.06.21)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
スピリット・オブ・セントルイス収録CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー