吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
バックナンバー
【第26回】稀代の性豪・カサノヴァ(1725〜98)カサノヴァ 〜独奏チェロとウインド・オーケストラのための(ヨハン・デ・メイ)
【第27回】ナポレオンのロシア侵攻(1812年)大序曲≪1812年≫(チャイコフスキー)
【第28回】ピータールーの惨劇(1819年8月16日)ピータールー序曲(マルコム・アーノルド)
【第29回】フランス7月革命(1830年)民衆を導く自由の女神(樽屋雅徳)
【第30回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その1 行進曲≪南部連合旗≫(ジェイガー)
【第31回】アメリカ南北戦争(1861〜65)その2 機関車大追跡(ロバート・W・スミス)
【第32回】アメリカ西部開拓時代(1860年代〜1890年代頃)映画『11人のカウボーイ』序曲(ジョン・ウィリアムズ)
【第33回】露土戦争〜サン=ステファノ条約(1875〜78年)〜スラヴ行進曲(チャイコフスキー)
【第34回】アルメニア人虐殺(1800年代末〜1900年代初頭)〜アルメニアン・ダンス/パート1、2(アルフレッド・リード)
【第35回】シャクルトン、南極からの奇跡の生還(1914〜15年)仲間たちへ(清水大輔)
【第36回】第一次世界大戦(1914〜18年)その1〜行進曲≪消えた軍隊〜彼らは死なず≫(アルフォード)
【第37回】第一次世界大戦(1914〜18年)その2〜映画『アラビアのロレンス』のテーマ(モーリス・ジャール)
【第38回】リンドバーグ、大西洋無着陸単独飛行(1927年)〜スピリット・オブ・セントルイス(清水大輔)
【第39回】ジョージ6世戴冠式(1937年)戴冠式行進曲≪王冠≫(ウィリアム・ウォルトン作曲)
【第40回】第2次世界大戦(1939〜1945)その1〜アメリカン・サリュート〜「ジョニーが凱旋する時」による
(モートン・グールド)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
【第37回】第一次世界大戦(1914〜18年)その2

映画『アラビアのロレンス』のテーマ
(モーリス・ジャール作曲/アルフレッド・リード編曲)

 第1次世界大戦(1914〜18)が、ドイツ、オーストリアを中心とする「中央同盟国」と、イギリス、ロシア、フランスを中心とする「連合国」に分かれた戦いであることは、前回、述べた。そのため、主戦場はヨーロッパになったが、開戦するや、オスマン帝国(トルコ)が同盟国側に参戦したため、舞台は中東にまで拡大した。

 特にトルコは、スエズ運河周辺を制圧したため、イギリスは、困ってしまった。ただでさえ、中東周辺は石油の産地であり、このあたりはインドや東洋への重要な中継地域である。大英帝国としては、何としても、アラブ周辺をコントロール下におさめておきたかった。だが、アラブ民族は、イギリス人にとっては未知の人々だ。土地柄も砂漠ばかりで、不明な点が多い。

 ところが、ここに格好の人材がいた。イギリス軍人トーマス・エドワード・ロレンス(1888〜1935)である。

 ロレンスは、オックスフォード大学を出た秀才で、学生時代から、アラブ周辺の遺跡に興味を持つ考古学者でもあった。トルコやアラブに何度も行っており、現地に知人も多く、アラビア語もペラペラだった。陸軍情報部で地図製作に携わり、その後、外務省の中東部門へ異動となっていた。

 軍上層部は、彼のことを「アラブ好きな変人」と見て、少々、扱いに困っていたのだが、いよいよ出番を与えられそうだ。では、イギリス軍は、彼に何をやらせたのか。

 アラブ周辺には、トルコに不満を覚えている部族が多い。そこへロレンスを送り込み、彼らを結集させ、トルコに対する反乱工作を仕掛けるのだ。その混乱に乗じて、イギリス軍が一気にトルコを叩き、アラブ周辺の覇権を握ってしまおうとの腹づもりだった。

 かくしてロレンスは、イギリス軍のスパイとしてアラブに潜入。現地部族の長と接触し、ともにゲリラ活動に身を投じることになる。特に、トルコに支配されていたアカバやダマスカスを解放させたことで、一夜にして「天才軍略家、アラビアのロレンス」として名を轟かした。

 終戦後は、イギリス政府の中東政策顧問になったが、政府の方針に不満を覚えて辞任。46歳の時、オートバイに乗っていて事故にあい、急死する。

 彼は生涯独身だった。特にゲイではなかったようだが、極端な女嫌いだった。ただ、一種の被虐趣味者(マゾヒスト)だったことは確かなようで、自著の中で、トルコ兵に捕まって拷問された時、性的興奮を覚えたとの記述がある。【注1】

 この不思議な男が日本で初めて知られたのは、英文学者・中野好夫が1940(昭和15)年に岩波新書で刊行した『アラビアのロレンス』だった【注2】。東大の学生時代に、イギリス人教授から聞いたロレンス像に興味を持った中野は、その後、コツコツと史料を読んで、本書を書き上げたのだ。

 だが、人気が決定的になったのは、やはり、1962年の映画『アラビアのロレンス』(デヴィッド・リーン監督)だろう。【注3】

 この映画が、あまりに素晴らしく、感動的で、しかもアカデミー賞を作品賞以下7部門で受賞したとあって、ロレンスのイメージは、ほぼこの映画とイコールになってしまった。

 この映画におけるロレンスは、「西洋」と「アラブ」の狭間で悩む若者になっている。まさにリーン監督の永遠のテーマである「異文化の衝突」を象徴する人物だった。

 ロレンスは、確かにアラブのために、反乱を指導しに砂漠に身を投じた。しかし、アラブ民族統一の夢は果たせなかった。アラブの衣裳を着てみんなに慕われたが、アラブ人にはなれない。それどころか、結局は、イギリスの権益のために働かされていたことを知り、失意のうちにアラブを去る。その姿は、夢や革命を望みながら果たせない、いつの世にもある若者たちの象徴だった。

 だが、実際のロレンスはどうだったのか。確かにあの映画のように「アラブのために働いて、夢敗れた男」との見方もあるし、「いや、あの映画は大袈裟。明らかにイギリス権益のために、アラブを利用していただけだ」との声もある。

 ただ、実際のロレンスと、演じたピーター・オトゥールが、あまりにそっくりだったことは世界中を驚かせた。先の岩波新書『アラビアのロレンス』冒頭に、ロレンス本人の肖像写真が載っているが、何気なく見たら、ピーター・オトゥール演じる映画のスチール写真と勘違いしそうだ。

 さてさて、遠回りしたが、今回は、その映画『アラビアのロレンス』の音楽である。モーリス・ジャール作曲、アカデミー作曲賞を受賞した映画音楽史に残る名スコアである。あのゆったりとした壮大なメロディを、聴いたことのない人はいないだろう。サントラLPも大ヒットした。一部に、電子楽器オンド・マルトノが使用されていることでも話題になった。

 そのメイン・テーマが、アルフレッド・リードによって、原曲の味を忠実に再現した吹奏楽版になっている。

 この曲は、もともと打楽器群が大活躍する。というのも、作曲者ジャールは、パリのコンセルヴァトワール出身で、オネゲルに「作曲」を学んだが、専門分野は「打楽器」なのである。『パリは燃えているか』(1966)や『グラン・プリ』(1966)などでも打楽器が大活躍した。【注4】『アラビアのロレンス』も同様。冒頭は、ティンパニ(ハード・フェルト・スティック)にトムトムやシンバルの乱打から始まる。アラブの野性的なムードを再現している部分で、ここからして吹奏楽にピッタリなのだ。

 現在、リード自身の指揮による演奏が佼成出版社からCD化されているが、これは、長年、原曲(サントラ)を聴いてきた身には、かなり速い演奏に感じる。スコア冒頭に「Fast,driving tempo」(速く、ドライヴするテンポで)と記されており、そう書いた編曲者リード自身の指揮なのだから何も言えないのだが、サントラに準ずれば、もっとゆっくり、じっくり演奏されてもいいと思う。【注5】

 それでも、あの雄大な旋律に、ホルンの雄叫びが重なる部分は、何ともいえない興奮を誘う。無限に広がる砂漠を表現して、これほど優れた音楽はない。ちょっと≪アルメニアン・ダンス パート1≫の冒頭を思い出させる。ホルン奏者は、きっと気持ちよく吹けるだろう。

 ちなみに、このスコアは、あくまでメイン・テーマのみである。サントラには、前回紹介したアルフォードの行進曲≪砲声≫や、ほかにもいくつか魅力的なメロディが登場するが、それらは含まれていない。

 短い曲だが、音楽的にはしっかりした内容なので、コンサートなどでも十分使用に耐えるだろう。

 このリード版は、もともとアメリカで出版されていた人気スコアだったが、長いこと絶版になったままだった。それが最近、日本のミュージックエイト社から復刻出版された。まことにうれしい復刊だ。同社のスタッフが、生前のリードと食事中、偶然に話が出て、復刊が決まったらしい。そのことを大喜びしたリードは、スコアにサインをしてくれたという。現在、同社から復刊されたスコアの冒頭には、そのサインが印刷されている。
<敬称略>
 



【注1】 ロレンスの自著『知恵の七柱』(東洋文庫、平凡社)の中に、その記述があり、映画にも登場する。ムチで打たれると、ロレンスが、痛みにこらえながらも、目にうっとりした表情が浮かぶ。ピーター・オトゥール一世一代の、ウルトラ級名演技が堪能できるシーンである。


【注2】この本は、その後も改訂を経て超ロングセラーとなったが、現在は品切れ中のようだ。いま読むと、いささか古くも感じるが、有名な映画公開の20年以上前、しかも戦前に、このような本が日本で出ていたとは驚きである。


【注3】 その後、1988年に、初公開時にカットされていた部分を復元した「完全版」が製作された。現在DVD化されているのは、この完全版である。初公開版は207分で、完全版は227分。よく、劇場公開後に「ディレクターズ・カット版」などと称して、やたらと長いヴァージョンがDVD化されることがある。それらの多くは、長すぎることで弛緩した構成になっていることが多い。だが、こちらはまったく違う。227分の長さを感じさせない奇跡の映画である。復元部分の音声トラックが失われていたので、当時の俳優を召集し、声のみを再録音。コンピュータで若い頃の声に修正・復元してあてはめたという、まさに執念の完全版である。


【注4】 この『グラン・プリ』(1966)は、F1レースを描いた大作映画だが、音楽は、激しい打楽器群のリズムをバックに、オケが急速なクレシェンドとデクレシェンドの繰り返しで、目の前をF1カーが通過する様子を描写した、たいへんユニークな内容である。


【注5】 この佼成出版社のCD(上記データ欄参照)は、全編がリード自身の指揮・編曲によるポップス系曲で、貴重な音源。特にイギリスの故チャーチル首相の回想録を映像化した英BBC放送のTVドキュメンタリーのテーマ曲≪ザ・ヴァリアント・イヤーズ≫(リチャード・ロジャーズ作曲)は、品格に満ちたシンフォニック曲で、コンサートのオープニングにピッタリの名曲だ。CD中の曲では、≪アラビアのロレンス≫の他、≪枯葉≫≪想い出のサンフランシスコ≫≪黄金の腕≫≪マンシーニ!≫が、現在ミュージックエイト社から復刻出版されている。特に≪黄金の腕≫(エルマー・バーンスタイン作曲、1956年の同名映画から)は、ジャズとシンフォニックが合体した見事なスコアで、演奏時間約9分、組曲風の大型スコアである。

Text:富樫鉄火

(2007.06.07)


富樫鉄火プロフィール:

“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。
(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
映画『アラビアのロレンス』のテーマ
収録CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー