吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説 ≪ノアの方舟≫(アッペルモント)

【第3回8代目の人類メトセラ ≪メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために≫(田中 賢)

【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の吹奏楽曲でたどる世界史
【第21回】大航海時代(15〜16世紀):マゼラン その1

交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)

 世界史年表を見ていると、1400年代末以降、やたらと「発見」「到達」の文字が目立つようになる。いわゆる「大航海時代」である。

 もともと大昔のヨーロッパ人は、地中海沿岸が「世界のすべて」だと思っていた。それが、アレクサンダー大王の東方遠征(4世紀頃)あたりから、どうも、東の果てにもそれなりの文明があるらしいと分ってきた。

 さらに11世紀末から十字軍が始まり【第17回参照】、多くのヨーロッパ人(キリスト教徒)が、アラブ世界に足を踏み入れることになった。十字軍は、キリスト教徒の無謀な軍事行動ではあったが、それなりの「産物」もあった。ヨーロッパとアラブの交易路が開拓され、両世界の商人が、交流を始めたのだ。ヨーロッパ→アラブへは、鉄鉱石などが売り込まれ、アラブ→ヨーロッパへは絹織物や香辛料が入り込んできた。

 特に香辛料(コショウやクローブ、ナツメグなど)は、食物の味つけのみならず、保存・殺菌に絶大な効果があることが分り、ヨーロッパ中でこぞって求められた。だが、これらはアジア方面(亜熱帯・熱帯地域)の特産物であり、ヨーロッパで入手することは、簡単ではなかった。

 ところが、1453年、オスマントルコ帝国によって東ローマ(ビザンティン)帝国が滅亡すると、アジアとヨーロッパをつなぐ貿易中継基地がなくなり、ヨーロッパ各国は、直接、高額な関税を払って物資を輸入しなければならなくなった。特に、香辛料や絹織物、陶器は、アジア近辺から直接求めるしかなくなり、新たな「交易ルート」の確保に迫られていた。

 そこで、1400年代から1500年代にかけて、ポルトガルとスペインを中心に、未知の航路を開拓する「大航海時代」に突入する。それは、王侯貴族が探検家を雇い、一獲千金を求める「夢と冒険の時代」でもあった。

 まず、ポルトガルが、エンリケ王子やヴァスコ・ダ・ガマによって、アフリカ周りインド航路を発見する。日本の種子島に鉄砲を伝えたのも、このルートである。

 一方、スペインも、遅れをとるなとばかり、コロンブスを雇って大西洋横断航路を発見。バハマ諸島まで達する(コロンブスは、そこをインドと思っていたが、北米大陸の端であったことを、後年、アメリゴ・ヴェスプッチが証明する)。

 これらの冒険で、彼らがテキストにしたのが、前回ご紹介した、マルコ・ポーロ(語り)&ルスティケロ(筆記)による『イル・ミリオーネ』(東方見聞録)であった。【第20回参照】 当初「ホラ吹き話」と嘲笑されていたこの本は、実は100年以上にわたって、多くの冒険家の夢とロマンをかき立てつづけていたのである。

 こうなると、残されたのは「地球は丸い」ことを証明する、世界一周航路の発見である。

 スペインに雇われたポルトガルの船乗りフェルディナンド・マゼラン(1480頃〜1521)が、5隻からなる艦隊と200人以上の船員を引き連れ、西回り世界一周航路発見の旅に出たのは、1519年のことだった。

 彼らは、まず大西洋を南下し、南米大陸の最南端に“通り道”があることを発見した(マゼラン海峡)。そこを抜け、南太平洋の大海原へ。ここから飢餓と病に苦しみながら、グアム島を経由し、フィリピンに達するが、マクタン島の酋長ラプ・ラプと戦闘状態になり、マゼランは殺害されてしまう(ラブラブは、英雄としてフィリピンで偉人となっている)。

 残された一行は、マゼランの遺志を継ぎ、インドネシアで、コショウやナツメグなど、多くの香辛料を仕入れ、インドの南〜アフリカ大陸の南から西側を通って母国スペインに向かう。

 そして、1522年、生き残ったわずか18名の船員が、出港地に帰還したのである。持ち帰った香辛料は、現地価格の2000倍以上の値段で売れた。だが、あまりに長い航海と、リーダーが殺害されてしまうほど危険な航路であるとの理由で(ほかにも、数え切れないほどのトラブルがあった)、彼の開拓した航路がすぐに評価されることはなかった。それでも「地球が丸い」ことは見事に証明され、「香辛料の確保先」も判明したのである。

 この航海を見事な吹奏楽曲による交響詩≪マゼラン≫に仕立て上げたのが、スペインのフェルレル・フェルランだ。この連載では、すでに【第14回】の≪キリストの受難≫で登場している。スケール豊かな曲想と、「超」が付く抜群の描写力を誇る作曲家だ。

 しかも今回は、フェルラン自身の母国スペインの英雄が題材である。力の入りようも格別のものがあったに相違ない。とんでもなく難しい曲に仕上がったが、それでも全編、息をもつかせぬ展開である。

 曲は、出港を思わせるファンファーレ風の出だしで、以後、波を蹴立てて艦隊が進む様子、さらには、嵐や、おそらくフィリピンでの戦闘場面と思われる、激しい描写に至る。そこでは、奏者が「叫び声」をあげる指示がある。そして、鳥笛や効果音を加えて、深い森の場面を経て、小声で「マゼラン…マゼラン…、マゼラン…」と、囁くように歌う。森の中で、島民に囲まれたのだろうか。

 それでも最後は、本人が死んだとはいえ、世界一周航路を見つけて帰還した残りのメンバー、そしてマゼランの功績を讃えた終結部を迎える。

 なかなかの大曲で、演奏時間も14分と、吹奏楽曲としては大曲だが、ぜひ挑戦していただきたい曲だ。

<敬称略>

Text:富樫哲佳

(2007.02.08)


富樫哲佳プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー