吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説 ≪ノアの方舟≫(アッペルモント)

【第3回8代目の人類メトセラ ≪メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために≫(田中 賢)

【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の吹奏楽曲でたどる世界史
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ

キャプテン・マルコ(広瀬勇人)

(前回より少々時代を遡ったので、ご注意を)

 13世紀から14世紀にかけて、ルスティケロなる名前のイタリア人小説家がいた(らしい…というのは、同名別人との混同だとの説もあるので)。騎士道小説を多く書き、イングランド王に気に入られ、十字軍に従軍したこともあった。

 この当時、イタリアの2大都市国家ヴェネツィアとジェノヴァは戦争をしていた。いかなる事情によるものか不明だが、このルスティケロ先生、ジェノヴァの捕虜となって、牢獄にぶち込まれていた。

 ある日、牢獄に、不思議な男が収監されてきた。その名をマルコ・ポーロ。ルスティケロと同じく、ジェノヴァに捕まった囚人だった。ところが、しばらくすると、何だか知らないが、ほかの囚人から看守まで、連日、彼の話を聞きに集まっている。現代風にいえば、毎日、講演会が開催されているようなものだ。中には、彼の話を聞くために特別許可を得て、牢獄を訪問してくる外部一般人もいた。どうもマルコは、もともと「有名人」だったらしいのだ。

 ルスティケロも聞いてみた。驚くべき話だった。このマルコは、商人の父・叔父とともに3人で、25年間もの間、アジア各地を放浪して回り、先年、帰国したばかりだという。しかも、その間のほとんどをモンゴル帝国(元朝)のフビライ・ハーンのもとで補佐官として仕え、中国を中心とした東アジア各地をつぶさに見て回っていた。

 マルコが語る話は、空前の面白さだった。ネタも無限にあった。逮捕される以前から、「不思議なアジア体験談を語る男」として有名人だったようだ。ただし、あまりに話のスケールが大きく、みんな、半ば嘲笑しながら聞いていた。特に、人数や金額などを説明する時、必ず「数百万の……」と形容したので、「イル・ミリオーネ(100万)のマルコ」などとあだ名されていた。やがて「イル・ミリオーネ」は「ホラ吹き」の代名詞となった。人々は、マルコを、インチキ呼ばわりしながらも、けっこう楽しんでいたのである。

 だが、どうもインチキ話のみとも思えない。ルスティケロは、牢獄の中でマルコの話を整理しながら、書き留めることにした。いまでいう「口述筆記」である。こうして記録本はまとまったが、オリジナル原本は失われてしまったので、もともとのタイトルは不明だ。ただし、のちに山ほどの写本が出回り、その中には『世界の記録』などのほか、そのものズバリ『イル・ミリオーネ』のタイトルもあった。

 この、マルコ・ポーロが語って、ルスティケロが書いた『イル・ミリオーネ』(または『世界の記録』)こそ、日本で『東方見聞録』と題されている本である。まとまったのは、西暦1298年のことだったと言われている。【注1】

 このマルコの大冒険の、ヴェネツィア出港からアジア上陸までを音楽にしたのが、今回紹介する≪キャプテン・マルコ≫である。

 出発した時、マルコは17歳だった(諸説あるが、10歳代半ばだったことは間違いない)。彼が母親のお腹に宿った頃(あるいは生まれた直後)、父と叔父の兄弟は、アジアへ出発し、15年間をかけてモンゴルを中心とするアジア大旅行を成し遂げていた。しかし、モンゴルのフビライ・ハーンと交わしたいくつかの約束を果たすため、兄弟は再びアジアへ向かう。その際、若いマルコも同行させられることになった。

 航海は、ヴェネツィアを出港し、地中海を経てシリアのアークル港へ。そこからは陸路でペルシャなどを経て、3年半をかけてモンゴルへ到着した。賢いマルコはフビライに重用され、補佐官として17年間仕えた。その間、特に中国各地をめぐって、フビライに情勢報告をおこなっていた。

 帰路は、東南アジアからインド洋を経る船で、ほとんどが海路だった。約3年をかけて、故郷ヴェネツィアに帰ってくる。17歳の少年は、40歳過ぎのオジサンになっていた。

 いまなら飛行機を乗り継いで1〜2日で行ける場所へ、何年もかけて行って、帰ってくる……それは、まさに生命との引き換えの旅路でもあった。

 ≪キャプテン・マルコ≫は、旅の全貌を音楽化したものではない。主として、往路の「航海」を描いたものである。単一楽章だが、出港〜順調な航海〜月夜の航海・郷愁〜嵐・上陸の、おおよそ4部構成になっている。だが、帰路の船旅の方が長く激しかったので、そちらをイメージすることもできるだろう。

 全体は、まさしく海の旅を描写した、元気イッパイ、明朗壮大な音楽である。いわゆる「映画音楽風」ともいえる。だが、いわゆるキャッチーな「マルコのテーマ」が派手に鳴り、それが展開して……といった単純な曲ではない。月夜の航海で郷愁を感じる部分などは、独特の和音や長音で、知的な香りを醸し出している。作曲者の力量がうかがわれる部分である。

 パワフルな部分が多く、それなりの力量があるバンドでないと形にできにくいだろうが、演奏しても聴いても、感動が得られる佳曲といえよう。まさに「音の航海」とでもいうべき味わいがある。

 作曲者・広瀬勇人は、尚美学園卒業後、ボストン音楽院を経て、ベルギーのレメンス音楽院でヴァンデルローストに学んだ。明るく親しみやすい楽想と、吹奏楽の特性を知り尽くした楽しい曲が多く、いま、注目株の若手作曲家である。昨年秋に帰国し、現在は日本で作曲活動を進めている。ヴァンデルローストが、自作と、4人の弟子の作品とで制作したCD『ヤン・ヴァンデルローストと4人の作曲家たち』(デ・ハスケ)の中にも、彼の≪パイレーツ・ドリーム≫が収録されている。ほかには、ナレーション入り作品≪ブレーメンの音楽隊≫や、アメリカの有名イラストレーターをモチーフにした≪ノーマン・ロックウェル組曲≫など、様々な題材に挑んでいる。

 さて、問題の『イル・ミリオーネ』(東方見聞録)だが、印刷技術のない当時のこと、すぐに多くの写本が作られた。だが、あまり世間では相手にはされなかった。何しろ、タイトルが『イル・ミリオーネ』=100万=ホラ吹き、である。写本から、また写本が作られていくうちに、内容もいい加減に書き換えられたし、そもそも、書き手であるルスティケロによる「創作」も加わっているのではないかとの見方もあった。たとえば、これだけ中国に関する記述があるのに、万里の長城の話がなぜ出てこないのか。あとになってみれば、信用できない部分がたくさんあった。モンゴルで17年間もフビライの補佐官を務めていたのに、なぜ、当時のモンゴルや中国側の記録に、マルコ・ポーロのことがひと言も出てこないのか。【注2】

 そんな「ホラ吹き本」が、約100年後、俄然、脚光を浴びることになる。コロンブスを始めとする多くの冒険家にとって、道案内は、この本しかなかったのだ。大航海時代の始まりは、目の前である。 <敬称略>  

 


【注1】『東方見聞録』は、現在、平凡社から、愛宕松男訳が東洋文庫版と単行本とで出ている(ともに全2巻)。ほかには、校倉書房版(青木一男訳、1巻)もある。ただし、いま読むと、どうにも即物的な記録の羅列で、「読み物」として面白いものではない。

【注2】マルコ・ポーロと、彼の旅に関する謎については、『マルコ・ポーロは本当に中国へ行ったのか』(フランシス・ウッド著、粟野真紀子訳、草思社)が、抜群の面白さ。まるでミステリー小説のような内容で、旅に関する全貌も、たいへんよく分る

Text:富樫哲佳

(2007.01.25)

【お詫び】
次回=2月1日(木)掲載分の第21回につきましては、編集部の作業上の理由にて、休載し、第21回の掲載は、2月8日(木)とさせていただきます。ご了承ください。(バンドパワー編集部)


富樫哲佳プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2007 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
広瀬勇人作品
収録CD
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー