吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説 ≪ノアの方舟≫(アッペルモント)

【第3回8代目の人類メトセラ ≪メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために≫(田中 賢)

【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の吹奏楽曲でたどる世界史
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)

バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫ (レスピーギ)

 前回まででお分りのように、イスラエルの民は紀元前1000年前後、約束の地カナンに「古代イスラエル王国」を築いた。そして、ソロモン王の時代に最大の繁栄期を迎えることになる。

 この「ソロモン王」とは、前回の≪春になって、王たちが戦いに出るにおよんで≫(ホルシンガー)で描かれた、イスラエル統一の英雄「ダビデ王」の「息子」である。今回は、ソロモン王の曲を紹介するのだが、要するに二代にわたって吹奏楽曲になっている、なかなか珍しい親子なのだ。

 ソロモン王は、軍事から政治、文学まで、すべてにおいて完璧だった。“叡智の王”とまで称され、『旧約聖書』の中にも、ソロモン王の格言や詩篇が収録されている。

 その叡智がどれほどのものか試そうと、シバ王国の女王が、多くの貢物を抱えてソロモン王を表敬訪問することになった(シバは、「サバ」や「シェバ」の表記もあり)。この女王の名前は不明だが、コーランでは「ベルキス」(「ビルキス」の表記もあり)と呼ばれている。驚くほどの美人だった(と思うことにしよう。そのほうが、演奏効果が高そうなので)。

 シバ王国は、アラビア半島(現在のイエメンあたり)にあったといわれる国で、ヨーロッパとアジアを結ぶ「海のシルクロード」上にあり、交易で栄える豊かな国だった。紀元前にダムまで建築していたそうだ。

 余談だが、ベルキスの美貌を耳にしたソロモン王の方が、彼女をイスラエルに招いたとの説もあるし、あるいは、交易基地をイスラエルに確保するため、女王自ら交渉に出向いたのだ、との説もある。

 いずれにせよ、噂はほんとうだった。ソロモン王は、ベルキスのあらゆる質問に、見事に答えた。その態度も実に立派だった。そのほか、息を呑むばかりの美しい宮殿、数々の返礼品に、ベルキスは言葉を失った。

 ここから先はお伽話(だと思う)だが……ソロモン王も、ベルキスの素晴らしい脚線美に、目を奪われた。2人は恋に落ち、両国は連合を結ぶ。

 2人の間に生れたメネリク王子は、のちにアフリカ大陸に渡り、エチオピア王国を建国する。ベルキスは現在のエチオピア一帯(海を挟んでシバ王国=現在のイエメンの目の前)を治めたとの伝説もあるので、息子に領地を与えたようなものかもしれない。

 その際、メネリク王子は、父ソロモン王から「アーク」=十戒の石片を納めた柩を授かり、エチオピアへ持ち込んだ……あの、映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)に登場した柩である。確かに、エチオピアには、いまでも「アークを保存する聖堂」があって、観光名所にもなっているそうである(ただしアークは非公開!)……。

 少々脱線したが、この「ソロモン王とシバの女王」のエピソードを、イタリア近代音楽の巨匠レスピーギが、バレエ音楽化したのが≪シバの女王ベルキス≫である。ラストでは、舞台上に数百人ものダンサーが登場するとんでもないスペクタクル・バレエだったようだ。

 レスピーギといえば、芳醇華麗なオーケストレーションが売り物だ。その彼が晩年に全力で挑んだだけあって、究極の響きを伴う巨大なスコアとなった。

 のちにレスピーギは、この80分に及ぶバレエ音楽全曲の中から要所をダイジェストした組曲を編む。これが吹奏楽版になっているわけだが、いまでは、原曲よりも、吹奏楽版で演奏される機会の方がはるかに多く、まるで吹奏楽オリジナル曲であるかのような錯覚さえ生れている状況である(原曲はあまりに巨大すぎて、バレエともども、いまではめったに演奏・上演されない)。

 そもそも原曲に管打楽器の活躍する部分が多く、また、バレエ音楽ゆえ、リズム感が強調された曲なので、あまり違和感なく吹奏楽版に移行できた。

 そして、各楽章の演奏時間がコンクール自由曲にピッタリなばかりか、抜粋による再構成もしやすかったせいもあって、驚くほど多くのバンドが取り上げた。ゆえに、大ヒット吹奏楽曲となったのだ。

 構成は、全4楽章。バレエ原曲のストーリーに従うと、第2楽章と第3楽章は逆なのだが、音楽としては、この方がおさまりがよいので、この順で演奏されるようになった。

 第1楽章<ソロモンの夢>は、ソロモン王のハーレムを描写する、極めて妖しい音楽から始まる。次第に盛り上がって、ファンファーレがつづき、後半は2人の出会い、そして、女王ベルキスがソロモン王に魅入られるまでが、ソロモン王の「夢」として描かれる。こんな曲を中高生が演奏してもいいのかと思いたくなるほどエロチックな、あまりに個性的な音楽である。演奏時間8〜9分。

 第2楽章<戦いの踊り>は、ベルキス歓迎の祝宴とおぼしき場面。強烈なリズムと金管の咆哮が交錯する。短い断章だが、たいへんなテクニックを要求される難所でもある。演奏時間3分前後。

 第3楽章<夜明けのベルキスの舞い>は、構成上逆転しているが、ベルキス初登場の場面。早朝、目覚めたベルキスが、おそらく半裸に近いスタイルで、太陽を愛でている・・・そう思わせるほどねっとりした音楽がつづく。しかもけっこう長いので、相応の実力がないと、いったい何を演奏しているのか分らなくなる、モヤモヤ音楽である。演奏時間8分前後。

 第4楽章<饗宴(バッカス)の踊り>は、クライマックス。2人が結ばれたことを祝って、「狂宴」と呼びたくなるような激しい饗宴が繰り広げられる。中間部でいったん静まるが、すぐにまた盛り上がり、細かい音符の嵐で構成された、究極のスコアが展開する。ラストは、同じレスピーギの≪アッピア街道の松≫なみの息の長さを要求される。抜粋演奏の場合、この楽章をカットすることは、ほぼありえない。演奏時間5〜6分。

 現在、主として木村版と小長谷版の2種類がよく演奏されている。特に大阪市音楽団の団長(指揮)を長くつとめた木村吉宏による版は、海外出版のせいもあって、世界各地で演奏されている。

 どちらも究極の表現力を要求されるスコアで、全曲演奏はアマチュアには楽ではないが、楽章ごとの個性がはっきりしているので、一部のみの演奏でも十分効果はある。おおむね、第1楽章と第4楽章がよく演奏されているようだ。

 ともに編成は巨大である。通常のアマチュア・バンドで、この編成を実現させることは楽ではなかろう。中身も並大抵のスコアではない。やりたくなる気持ちは分るが、くれぐれも、自分たちの実力をよく客観視してからトライしていただきたい。

 前回の≪春になって〜≫と、この曲をつづけて演奏したら、親子二代にわたる「古代イスラエル王国」史になるけど……そんなコンサートやったら、ぶっ倒れちゃうかな?

【おまけ解説】

 いまの若い方々にはピンと来ないかもしれないが、音楽で≪シバ(サバ)の女王≫といえば、グラシェラ・スサーナによるラテン・シャンソンが、1970年代、一世を風靡したものだ。

 グラシェラ・スサーナは、アルゼンチンのタンゴ歌手だったが、現地を訪れた日本のタンゴ歌手・菅原洋一に見出され71年に来日。たどたどしい日本語なのに、どこか郷愁を感じさせる独特の歌声で、様々なムード音楽を歌った。中でもミシェル・ローラン作曲、なかにし礼訳詞の≪サバの女王≫は、ソロモン王に魅入られたシバの女王の立場で恋を歌ったシャンソンで、事実上、彼女のテーマ音楽とでもいうべき人気を呼んだ。「ワ〜タシハ、アナタノ〜ォ、ア〜イノ〜ォ、ドレイ〜」という、あのサビを覚えている方は、いまでも多いはずだ。彼女はその後も歌いつづけ、アルバムも多く出したが、後年の新録音に、初期の魅力はない。もし聴かれるならば、絶対に1970年代の録音で聴くべきである。

 この曲はポール・モーリア楽団も演奏しており、これもまた、ムード音楽の代名詞のように広く愛聴されている。

 ……と、以上を読んで、「そんな話、吹奏楽に何の関係があるんだ」と思われるかもしれないが、実は、このムード音楽≪サバの女王≫も、立派な吹奏楽版となって、さかんに演奏された時代があるのだ。ヤマハの「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズの1977年版の1曲に、小野崎孝輔編曲でちゃんと収録されていた(現在は絶版だが、ヤマハのオンデマンド出版で入手可能)。音源も、最近出た「ベスト ニュー・サウンズ・イン・ブラス100」(東芝EMI)に再録されている。

 また、ミュージック・エイト社の楽譜「吹奏楽ヒット曲」シリーズにも、いまでもちゃんと残っている。山下国俊編曲≪シバの女王≫! 解説によれば「哀切きわまりないメロディー……まさしく不滅のスタンダードナンバー。まず冒頭のフレーズがいきなり聴衆の心をとらえ……魅惑的なムードミュージックの世界が展開されます」とある。

 70年代を経験している方には、レスピーギ以上に愛着を感じる曲のはずである。


※本稿中の「木村吉宏」の「吉」は、正確には上部が「土」です。
<敬称略>

Text:富樫哲佳

(2006.11.16)


富樫哲佳プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2006 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー