吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説 ≪ノアの方舟≫(アッペルモント)

【第3回8代目の人類メトセラ ≪メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために≫(田中 賢)

【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出(エクソダス)

行進曲≪ラメセスU世≫(阿部勇一)

 エジプト、ナイル川の河口から約900キロの地点にあるアスワンの町で、超巨大ダム「アスワンハイダム」の建築が始まったのは、1960年のことだった。しばしば氾濫をおこし、近隣住民を苦しめていたナイル川の流れを鎮めるためにつくられたダムである。ナセル大統領悲願の大プロジェクトで、その後も、小中学生だった私たちは、社会科の授業で、これがいかに困難な大事業であったか、何度となく説明されたものだ(何しろ社会科の教科書に出ていたのだから)。

 その大工事の際、巨大遺跡「アブシンベル神殿」が水没の危機にさらされた。すると、世界中から「神殿を救え」との声が沸きあがり、日本を含む各国の援助で、ダム建設と平行して大移築が行なわれた。神殿を1000個以上のブロックに切断し、60メートル以上高い場所に移して復元させたのである。

 現在では、世界中から訪れる観光客のために毎晩行なわれるライトアップ・ショーが有名だが、同時に、1年に2日だけ、大神殿の一室に朝日が差しこみ、奥の石像を照らし出す神秘でも知られている。

 このアブシンベル大神殿を建てたファラオ(王)が今回の主役「ラメセス二世」だ。

 そのほかにも、ルクソール神殿をはじめとする多くの遺跡が、このラメセス二世の時代に建てられたと言われている。おおむね紀元前13世紀頃のことだったようだ。なんと92歳まで生き、130人の子供をもうけ、エジプト史上空前の繁栄をもたらしたとされている。

 この王様は、歴史上初の「国際和平条約」を成立させたことでも知られている。当時、ヒッタイト帝国(いまの中東シリアのあたり)としばしば戦争になったのだが、どうにも決着がつかず、人類初の和平条約が結ばれたのだ(その後ヒッタイトは、謎の民族混合集団「海の民」によって滅亡させられてしまう)。

 さて、そんなラメセス二世が、吹奏楽曲になっている。95年のコンクール課題曲だから、比較的、いまでも知っている(演奏した)人が多いのではないか。

 前回の≪出エジプト記≫(天野正道)は、エジプトに暮らすイスラエルの民が、ファラオの圧政や奴隷扱いから脱すべく、モーセに率いられて脱出したエピソードをもとにしていることを述べた。

 この、イスラエルの民に圧政を加え、追ったファラオが、ラメセス二世と言われているのだ。要するに前回の≪出エジプト記≫は、エジプトから脱出するユダヤ民族を描き、今回の行進曲≪ラメセスU世≫は、彼らを追う立場の王様が題材なのである。

 ただし、具体的な描写音楽というよりは、おおむねラメセス二世の人物や偉業を讃えるようなイメージで曲はできている。まさに「アブシンベル神殿」が音楽になったとも言えよう。

 コンクール課題曲には、時折、とんでもなく難しい曲が登場する。いくら技量や音楽性を競うためとはいえ、「こりゃ、あんまりだよ」と言いたくなる曲が…(この前年、94年の田村文夫≪饗応夫人≫なんて、誰もが仰天したものだ)。この≪ラメセスU世≫も、朝日賞最優秀賞受賞曲で、課題曲[T]だったにもかかわらず、けっこう手強い曲であった。しかし、通常のマーチのイメージを覆す独特のメロディ、和音、低音の動きに、「カッコイイ!」としびれる者が続出し、みんなヒイコラ言いながらもチャレンジしたものだ。ファンファーレ風に奏でられる金管群のフレーズ、いかにも中東を思わせるエキゾチックなメロディなど、いま聴いても異色の課題曲と言える。

 作曲者・阿部勇一は1968年生まれ(現在、秋田在住らしい)。作曲集団「風の会」会員。92年のコンクール課題曲≪吹奏楽のためのフューチュリズム≫(朝日作曲賞入賞作品)で知られるようになり、以後、広範に題材を求めて作曲活動を続けている。秋田の「なまはげ伝説」を素材にした≪男鹿絹篩(おがきぬぶるい)≫、琵琶湖の風景に触発された≪マルシュ・カプリス≫、また、今回の≪ラメセス二世≫同様、古代エジプトに材を得た≪神の領域 カルナック≫など。ブレーン・ミュージックからCD化、楽譜化されている作品が多いので、ぜひ接していただきたい。

 かつて阿部は、あるエッセイで、こんなことを述べている。

「吹奏楽がもっている良さとは何か」「これほど(中略)たくさんの作曲家が吹奏楽作品を書き上げているのに、意外と演奏されていない」「もっとオリジナル作品に耳を傾けてほしい」

 この真摯な姿勢が≪ラメセス二世≫のような、「吹奏楽ならではのオリジナル・マーチ」を生んだのだ。アマチュアが、趣味で「ケータイ着メロ」をつくってアップさせる、あるサイトでも、この曲はいまでも大人気である。それも分るような気がする。
<敬称略>

Text:富樫鉄火

(2006.1012)


富樫鉄火プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2006 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー