吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説〜ノアの方舟(アッペルモント)

【第3回8代目の人類メトセラ〜メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために(田中 賢)

【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
【第3回】8代目の人類メトセラ

メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために(田中 賢)

『旧約聖書』の第1巻「創世記」に、神が、最初の人類たるアダムとイヴを創造された、との記述がある。そこから子孫が代々つながって生まれていくさまがつづられ、アダムから数えて8代目の子孫として「メトセラ」なる族長の名前が登場する(訳によっては、メトシェラ、メトシェラハなどもある)。

 この人、記述によれば969歳まで生きたらしい。概して『旧約聖書』に登場する人たちは、みんな数百歳まで生きた超長寿ばかりだが、それにしても、このメトセラ氏は群を抜いて長生きである。要するに“永遠の生命”の象徴なのであろう。

 では、この曲は、そんな「創世記」の登場人物の1人であるメトセラ氏の生涯でも描いた曲なのか…と思えば、さにあらず。ことは、そう単純ではない。

 まず作曲者は「相反する2つの要素」を持つ曲を考えたという。それらがひとつの曲の中で対立する…たとえば「打楽器群」(日本の祭りに代表される和楽器の響き)VS「管楽器群」(西洋の音楽)であり、「前半部」(現代語法による無調音楽)VS「後半部」(グレゴリオ聖歌をもとにした調性音楽)であり、「理知的」VS「激情的」である。

 これらの構想から、「光」や「スピード」「宇宙」といったイメージが喚起され、必然的に「メトセラ」があらわれた。

 そして、この構想を具現化するために、作曲者は、打楽器群に7人の演奏者(のべ28種類の打楽器)を必要とするスコアを書き上げた。その7人のサムライならぬ打楽器奏者が扱う楽器とは・・・

T)サスペンドシンバル、ボンゴ、ティンパニ
U)ザイロフォン、ボンゴ、トムトム(3)
V)ヴィブラフォン、ウッドブロック、コンガ、カウベル、ゴング
W)マリンバ、テンプルブロック(5音)、バスドラム、シンバル
X)グロッケンシュピール、木鉦(浄土宗で使われる仏具)、コンガ
Y)タイ・ゴング(東南アジアに流布する音程のあるヘソ付きドラ)、
   ボンゴ、トムトム(2)、マラカス
Z)テューブラーベルズ、テンプルブロック(4音)、カウベル、コンガ、
   バスドラム、トムトム(表面をスーパーボールでこする)

 …となっている。

 曲は、衝撃的な無調の響きから始まる。ここは「現代」を表現している部分なのであろう。

 やがて中間部で打楽器群のみの演奏となり、聴き手は、しばらくタイムトンネルの中を旅することになる。ここから最後まで、打楽器奏者は休みがない。ヘトヘトになる。

 音楽は、次第に時間をさかのぼって、「現代」から「過去」へ。

 ようやくタイムトンネルを抜けると、今度は、西洋音楽の原点であるグレゴリオ聖歌の旋律が始まる。しかし、バックでは、打楽器群が、まるで日本のお祭り太鼓のような演奏をつづけている。まるで「和」と「洋」が、あるいは「聖」と「俗」が合体したかのようだ。

 そして、西洋の聖歌が、いつしか日本民謡のように響き始める。そこに輝いているのは、まさにすべての制約から解き放たれた「永遠の生命」=969歳のメトセラである。

 作曲者自身が述べる「理知」と「激情」のぶつかり合いは、吹奏楽でこそ表現できたといっても過言ではない。演奏は決して易しくはないが、打楽器奏者さえ揃えば、挑戦する価値は十二分にある、これぞ吹奏楽史に残る名曲といえよう。

 この曲は、当初、ヤマハ吹奏楽団のために書かれた12分前後の曲だったが、コンクール自由曲用に短縮版がつくられた。それが、この≪メトセラU≫である。原典版≪メトセラT≫も出版(レンタル)されているが、正確には初演時の原典版とは、少々違うようだ。いってみれば「U」をもとに、原典版に近いイメージで再構成されたのが「T」のようである。

 作曲者・田中賢は、東京音楽大学作曲科を卒業後、ベルリンで教職をつとめ、日本よりもヨーロッパで先に人気となった、気鋭の作曲家である。他にも≪紅炎の鳥≫≪エオリア≫など、多くの吹奏楽曲を書いている。
<敬称略>

Text:富樫鉄火


富樫鉄火プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2006 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー