吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説〜ノアの方舟(アッペルモント)
【第3回8代目の人類メトセラ〜メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために(田中 賢)
【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫鉄火の吹奏楽曲でたどる世界史
【第2回】ノアの方舟伝説

ノアの方舟(アッペルモント)

 前回の黛敏郎に引き続き、今回も同じ「ノアの方舟」である(「箱舟」「箱船」の表記もある)。だが、前回が映画音楽=サウンドトラックの編曲だったのに対し、こちらは純粋な吹奏楽オリジナル曲だ(なのに、黛以上に映画音楽的なところが面白い)。

 作曲者アッペルモントは、これからも登場すると思うので、簡単にご紹介しておこう。生まれが1973年なので、まだ33歳の若さだ。

 ベルギーに生まれ、レメンス音楽院(発音は「レマンス」に近い)に学び、卒業後、作曲家・指揮者・音楽教師として活躍している。樋口幸弘氏のコラムによれば、彼が制作した幼年向けの音楽テキストはベルギー中の小学校で採用されているそうだ。そういえば、CDのジャケット写真などを見ても、たいへん優しげなイケメンぶりで、子供にも親しまれそうな容貌である。

 作曲家として様々なタイプを書いているようだが、吹奏楽作品となると、たいへん分りやすく楽しい、それでいて相応のグレードを要する曲が多い。特に文学作品や史実を題材にした作品に抜群の手腕を発揮する。きっと音楽的なイマジネーションが豊富な人なのであろう。

 この≪ノアの方舟≫は、そんなアッペルモントが、26歳頃にレメンス音楽院の卒業制作として作曲したものだ。だから「委嘱作品」ではなく、自らの意思によって題材を選び、書かれたことになる。学生時代にこんな曲を書くなんて、驚くほかない。

 ただし、いわゆる「卒業論文」だから、ちゃんと指導教授のアドバイスがあった。その指導教授が、かのヤン・ヴァンデルローストである。そのせいか、曲の中には、チラチラと「ヴァンデルロースト節(ぶし)」とでも呼びたくなるような味わいが登場する。それだけ親しみやすく、明朗な曲だということだ。

 前回の黛版≪ノアの方舟≫は、動物たちが行列をつくって方舟に乗り込む様子をコンサート・マーチ風に描いた曲だった。だが、こちらは「旧約聖書」の「創世記」に登場する「ノアの方舟」伝説全体を、抜群の描写力とスケールで描いた作品だ。それゆえ、「黛以上に映画音楽的」と感じるのである。

 曲は4部構成で、約10分半、続けて演奏される。

 第1部「お告げ/The Message」……金管楽器の、静かで端正なファンファーレの積み重ねで始まる。ここは、神が人間界を一掃するため大洪水を起こそうと決意し、そのことをノアに事前通告する場面だ。「ノア」とは「正しき人」「神に選ばれし者」の意味もある。神は、ノア一族と、動物をひとつがいずつ乗せられる巨大な方舟(全長約130m)を作るよう告げる。1分ちょっとの短いプロローグで、すぐに第2部へ入る。

 第2部「動物たちのパレード/Parade of the Animals」……ここは、前回の黛版と同じ場面。パレードというよりは、動物たちがあちこちから集まってくるような賑やかな雰囲気で、なかなか楽しい。ここも1分半ほどで、曲は、中心部分へ移る。

 第3部「嵐/The Storm」……いよいよ大洪水が発生。すべての大地は呑み込まれ、一面が水におおわれる。方舟は、嵐の中をさまよう。曲中、最も激しい部分だ。ウィンドマシーン(シンセサイザー代用可)で、吹きすさぶ大暴風雨が表現される。アッペルモントの表現は、あくまで具体的な描写に徹しており、抽象感はない。まさに映画音楽的な部分だ。ジョン・ウィリアムズを彷彿とさせる響きも登場し、聴いても演奏しても、たいへん親しみやすく接することができるはずだ。

 第4部「希望の歌/Song of Hope」……やがて嵐もおさまる。ノアは、試しに、一匹の鳩を放ってみた。鳩は、オリーブの葉をくわえて戻ってきた。洪水がおさまり始め、大地があらわれてきた証拠だ。方舟は、アララト山の山頂に漂着する。曲は、残り約5分間、新たな人類の再建、旅立ちへの喜びを奏でる。クラリネットで「希望の歌」が奏でられ、次第に全体に広がり、壮大な盛り上がりを見せる。神はノアを祝福して「もう二度と洪水は起こさない」と約束し、その証拠に、空に大きな虹をかける(つまり「虹」は、神の証文なのだ)。彼方にかかる虹を彷彿とさせながら、静かに全曲は閉じられる。

 構成も曲調も明確に4部に分かれているので、それぞれの部分でいかに違いを表現するかがカギになる。各部の情景を思い浮かべながら演奏することが極めて重要だ。演奏時間は10分強なので、課題曲が短い年だったら、コンクール自由曲に採用することも可能だろう。

 ちなみに、方舟が漂着したアララト山(標高5165m)の山頂はトルコにあるが、山裾は周囲のアルメニアやイランにかけて広がっている。「方舟伝説」は、あくまで「旧約聖書」に記述された「物語」だが、昔からアララト山では「方舟の残骸」を思わせる遺跡が発見されている。近年の衛星写真でも、「巨大な舟」らしき「何か」が埋まっていることも判明している。どうやら「方舟伝説」は、ある程度事実だったようなのだ。

(追記)アララト山は、今後、リード≪アルメニアン・ダンス≫の回にも登場する予定。<敬称略>

Text:富樫鉄火


富樫鉄火プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2006 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー