吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
目次
【はじめに】
【第1回】天地創造〜ノアの方舟 映画『天地創造』より(黛 敏郎)
【第2回】ノアの方舟伝説 ≪ノアの方舟≫(アッペルモント)
【第3回8代目の人類メトセラ ≪メトセラU〜打楽器群と吹奏楽のために≫(田中 賢)
【第4回】ヤコブのみた夢〜三日月に架かるヤコブのはしご(真島俊夫)
【第5回】モーセによるエジプト脱出〜出エジプト記 (天野正道)
【第6回】続:モーセによるエジプト脱出〜行進曲ラメセスU世(阿部勇一)
【第7回】ジェリコの戦い(紀元前14〜13世紀)〜ジェリコ(アッペルモント)
【第8回】ジェリコの戦い その2〜狂詩曲≪ジェリコ≫(モートン・グールド)
【第9回】豪腕の士師サムソン〜歌劇≪サムソンとデリラ≫より〜バッカナーレ(サン=サーンス)
【第10回】イスラエルを統一した英雄王ダヴィデ(紀元前998年頃)〜春になって、王たちが戦いに出るにおよんで(ホルシンガー)
【第11回】ソロモン王とシバの女王(紀元前950年前後)〜バレエ組曲≪シバの女王ベルキス≫
【第12回】スパルタクスの反乱(紀元前73〜71年頃)〜交響詩≪スパルタクス≫(ヤン・ヴァンデルロースト
【第13回】パクス・ロマーナ時代(紀元前27年〜西暦180年頃)〜行進曲≪パクス・ロマーナ≫(松尾善雄)
【第14回】イエス・キリスト(その1…生涯)交響曲第2番≪キリストの受難≫(フェルレル・フェルラン)
【第15回】イエス・キリスト(その2…キリスト教迫害)〜ローマの権力とキリスト教徒の心(グレインジャー)
【第16回】イエス・キリスト(その3〜イエスの苦悩)〜ロックオペラ≪ジーザス・クライスト・スーパースター≫(ウェバー)
【第17回】十字軍(1096〜1270年頃まで)〜<忠誠行進曲>〜組曲≪十字軍の戦士シグール≫より(グリーグ)
【第18回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その1〜吹奏楽のための叙事詩≪ジャンヌ・ダルク≫(坂井貴祐)
【第19回】百年戦争(1337〜1453)とジャンヌ・ダルク その2〜8つの打楽器群のための≪ジャンヌ・ダルク≫(ジェリー・グラステイル)
【第20回】大航海時代への序章:マルコ・ポーロ〜キャプテン・マルコ(広瀬勇人)
【第21回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その1〜交響詩≪マゼラン≫(フェルレル・フェルラン)
【第22回】大航海時代(15〜16世紀)マゼラン その2〜マゼランの未知なる大陸への挑戦(樽屋雅徳)
【第23回】大航海時代以後(15〜16世紀):キリスト教の世界進出〜エル・カミーノ・レアル(アルフレッド・リード)
【第24回】オランダ独立80年戦争(1567頃〜1648)〜交響詩≪エグモント≫(アッペルモント)
【第25回】海上クロノメーター(高精度時計)の発明(1700年代)〜ハリソンの夢(ピーター・グレイアム)
スペシャル >>インデックス
富樫哲佳の吹奏楽曲でたどる世界史
はじめに

『吹奏楽曲でたどる世界史』なるコラムを連載することになりました。一応、約50回(約1年間)ほどの連載を予定しています。

 これは、読んで字の如く、世界の有名史実を題材にした吹奏楽の名曲を、毎週1曲取り上げ、簡単に解説しながら世界史をたどろうという、不思議な企画であります。

 なぜ、こんな企画を考えたのか。

 いま、吹奏楽はたいへんなブームですが、若い方々(特に中高生)の演奏を見たり聴いたりしていると、「果たして曲の背景を理解して演奏しているのかな」と感じることが時々あるからです。

 もちろん、指導者がキチンと解説したり、あるいは演奏者自身が調べて理解している場合もあるでしょうが、中には、「単なるオタマジャクシの羅列」としてしか曲をとらえておらず、いかに技術的に高度な表現をするか…のみに腐心しているケースもあるようです。

 いい演奏をし、特にコンクールで上位に食い込むためには、それも当然大切です。しかし、もしその曲が、ある「ドラマ」を描いている場合、やはり、それを十分理解した上でチャレンジした方が、演奏も違ってくると思うのです。

 なぜか吹奏楽曲には、有名史実を題材にした曲がたくさんあります。それらがどんな出来事だったのか、なぜ吹奏楽曲になったのか、そして、演奏する際にどんな気持ちになるべきなのか…そんなことが、少しでも皆さんの参考になればと思い、このような連載を始めることにしました。

 また、この連載は、吹奏楽を知らない方々にこそ、ぜひ読んでいただきたいと思います。世界中の作曲家たちが、「吹奏楽」なる表現形態で、これほどたくさんの有名史実を音楽化していることに、きっと驚かれるでしょう。

 中には「こんな作曲家、聞いたことないぞ」「こんな曲、CDになってるの?」「いったい、どこで演奏されているんだ?」と感じる方もおられるはずです。しかし、どれも、楽譜が発売され、CD化され、コンクールやコンサートなど、様々な場所で演奏されている曲がほとんどなのです。つまり「吹奏楽」とは、これほど貪欲に広範に、題材を求め、次々と新作を生み出している、パワー溢れる楽しい世界なのです。そんなことを、ぜひ多くの方々に知っていただきたいと思います。

 なお、私は単なる「吹奏楽好き」な「道楽者」の音楽ライターでして、専門の音楽教育を受けたわけでもなく、ましてや世界史の専門家でもありません。よって、この連載で真面目に世界史を勉強しようなどとは、くれぐれも考えないで下さい(そんな人、いないか)。また、毎回の記述の中に誤解や間違いも多々あると思います。もしそれらを見つけられたら、「バンドパワー」編集部までご一報下さい。皆さんのご協力を得ながら訂正を重ね、より完全な内容にブラッシュアップしていければ、これに勝る喜びはありません。

 連載は、おおむね史実の年代順に掲載する予定ですが、あまり年代の正確さにこだわると、最初のうちは「聖書」にまつわる大昔の話ばかりが続くことになってしまい、皆さんも飽きてしまうでしょう。そこで、あくまで年代順ながら、時々、時代を先に行ったり、後戻りすることもありますので、その点はご承知おき下さい。

 今回の企画に賛同いただき、連載の場を与えてくださった「バンドパワー」編集部の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 それでは、次回=第1回は、「人類誕生」から始めます。1年間、頑張りますので、どうか続けてお読み下さい。

Text:富樫哲佳


富樫哲佳プロフィール:
“吹奏楽大好き”音楽ライター。得意ジャンルは、クラシックを中心に、その周縁、特に吹奏楽と映画音楽など。ライターとしてのモットーは、「音楽を普通の言葉で語りたい」、「周縁を知ってこそ、音楽は面白い」の2点。いままで、様々な形で音楽に関わってきました。そんな拙い経験と見聞の中から、肩の凝らない、だけど、少しだけためになる話を、コラムにしてお届けします。

(c)2006 Tecca Togashi/Band Power
>>吹奏楽曲でたどる世界史ンデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
サイトマップ | 問い合せ
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー