吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
スペシャル >>インデックス
樋口幸弘の「ウィンド楽書(ラクガキ)ノ−トファイル」
ファイル・ナンバ−08
ベルト・アッペルモント:ガリバ−旅行記
GULLIVER’S TRAVELS  (Bert Appermont)
File No.08-01 :作品ファイル

Bert Appermont

 

[作曲年]

2000年

[作曲の背景]

作曲者の自発的な作曲活動の中で作曲され、2000年8月に出版。

[編 成]

Piccolo
Flutes(I 、II)
Oboes (I 、II<doubl.:English Horn>)
E♭ Clarinet
B♭ Clarinets(I <div.>、II<div.>、III)
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet
Bassoons(I 、II)
E♭ Alto Saxophones(I 、II)
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone
B♭ Trumpets/Cornets (I <div.>、II、III)
F Horns(I 、II、III、IV)
Trombones (I 、II、Bass)
Euphoniums <div.>
Tubas <div.>
String Bass <div.>
Timpani
Mallet Percussion
(Xylophone,Marimba,Glockenspiel、Vibraphone、Tubular Bells、Crotales)
Percussion
(Snare Drum、Toms<High Tom、Middle Tom、Low Tom>、Bass Drums、
Clash Cymbals、Hi-Hat Cymbals、Suspended Cymbal、Ride Cymbal、
Bongo's、Triangle,Temple Blocks、Tambourine、Anvil、Cabasa、Vibraslap、Beatring)

[楽 譜]

2000年、ベルギ−のBeriato Music bvbaから出版。図版番号:BMP 0004.1.58。

楽譜・CDの購入希望はこちらから!

[初 演]
出版=発表だったため、出版後の初演デ−タはない。わが国では、2001年2月7日(水)、兵庫県尼崎市の尼崎市総合文化センタ−(アルカイックホ−ル)で行われた大阪市音楽団の自主制作CD "ニュ−・ウィンド・レパ−トリ−2001"(大阪市教育振興公社、OMSB-2807)のためのレコ−ディング・セッションが国内初演奏となる。指揮は、堤 俊作(つつみ しゅんさく)。


ベルト・アッペルモント/Bert Appermont

 1973年12月27日、ベルギ−のビルゼ(Bilzen)に生まれた。同国ル−ヴェン(Leuven)にあるレマンス音楽院(Lemmensinstitute)で、エドモンド・サ−ヴェニ−ルスとヤン・ヴァンデルロ−ストのクラスに学び、2つの音楽修士号を得て1998年に修了。専攻は音楽教育とウィンド・バンド指揮法。音楽教育の分野では、同国ハセルト(Hasselt) のキンドシ−ルド・イエス音楽学校(中等学校)で和声と音楽理論を教える傍ら、自ら編纂、編曲、録音制作したCD付きの児童用歌集をベルギ−の Bakermat 社から3冊出版し、これらはベルギ−国内のほとんどの小学校で教材として使われている。指揮の分野でも、ベルギ−内外のウィンド・バンド、合唱団、管弦楽団から招かれている。ウィンド・バンド(吹奏楽)のための作品は、フランク・ヴァンバ−レン(Frank Van Baelen)と共作した「クエスト(The Quest) 」と「アリババの伝説(The Legend of Ali-Baba)」のほか、完全な自作となった「めざめ(The Awakening) 」やコンサ−ト・マ−チ「リオネッス(Leonesse)」、「ノアの箱舟(Noah's Ark)」、トロンボ−ン協奏曲「カラ−ズ (Colors) 」などがあり、全てがベルギ−の Beriato社から出版されている。現在、さらに "映画とテレビのための音楽デザイン" の修士号を取得すべく、イギリスのボ−ンマス・メディア・スク−ル(Bournemouth Media School)に留学している。

(参考:ファィル04「ノアの箱舟」/File No.04-01 〜 No.04-09)

 
(c)2001,Yukihiro Higuchi/樋口幸弘
>>インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー