吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
スペシャル >>インデックス
樋口幸弘の「ウィンド楽書(ラクガキ)ノ−トファイル」
ファイル・ナンバ−06
フィリップ・スパ−ク:交響曲第1番「大地・水・太陽・風」
− Symphony No.1 −
EARTH、WATER、SUN、WIND (Philip Sparke)
File No.06-01 :<作品ファイル>

Philip Sparke

[作曲年]

1999年

[作曲の背景]

アメリカ合衆国アリゾナ州フラッグスタッフにキャンパスをもつノ−ザン・アリゾナ大学スク−ル・オブ・パフォ−ミング・ア−ツ(The Northern Arizona University School of Performing Arts) の委嘱により、同学の 100周年記念作として作曲。

[編 成]

Piccolo <doubl.:Flute III >
Flute (T<doubl.:Piccolo II >、II )
Oboe(T、II)
English Horn
E♭ Clarinet
B♭ Clarinets(T <div.> 、II <div.> 、III <div.> )
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet
B♭ Contrabass Clarinet
Bassoons(T、II )
Double Bassoon
B♭ Soprano Saxophone
E♭ Alto Saxophones(T、II )
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone
B♭ Trumpets (T、II 、III 、IV )
F Horns (T、II 、III 、IV )
Trombones (T、II 、III 、IV )
Euphonium <div.>
Tuba <div.>
String Bass
Piano & Synthesizer
Harp
Timpani (Cymbal on Timpani head)
Mallet Percussion
  (Tubular Bells、Glockenspiel、Xylophone、Vibraphone)
Percussion
  (Snare Drum、Tenor Drum、Bass Drum、4 Tom Toms、Tam Tam、Bongos、
  Tambourine、Triangle、2 Woodblocks、2 Temple Blocks、Maracas、
  Mark Chimes、Crash Cymbals、Suspended Cymbals、
  Scrape on Suspended Cymbal、Suspended Cymbal on crown)

[楽 譜]

2000年、イギリスのAnglo Music Press から出版。

 

[初 演]
1999年10月3日(日)、アメリカ合衆国アリゾナ州フラッグスタッフのノ−ザン・アリゾナ大学(Northern Arizona University) のア−ドリ−・オ−ディトリアム(Ardley Auditrium)で午後3時から催された同学演奏者による"100周年記念作コンサ−ト(NAU Centennial Commissioned Works Concert)"において、パトリシア・ホイ博士(Dr.Patricia Hoy) 指揮、NAUウィンド・シンフォニ−(The NAU Wind Symphony)の演奏により。わが国においては、2000年11月9日(木)、大阪のフェスティバルホ−ルで午後7時から催された "第81回大阪市音楽団定期演奏会" において、渡邊一正(わたなべ かずまさ)の指揮で。


フィリップ・スパ−ク Philip Sparke

 1951年12月29日、イギリスのロンドンに生まれる。ロンドンの王立音楽カレッジ(RCM)にピアノ、トランペット、作曲を学び、作曲科のフィリップ・キャノン教授の奨めもあって、RCM在学中から主にブラス・バンド(金管楽器と打楽器によるバンド)のための作品をつぎつぎと発表するようになった。速筆、多作家で、その全ての作品がレコ−ディングもしくは放送されるという超売れっ子ぶりを発揮している。BBC放送の委嘱によってブラス・バンドのために作曲した「スカイライダ−(Skyrider)」(1985)、「オリエント急行(Orient Express)」(1986)、「スリップストリ−ム(Slipstream)」(1987)の3作がヨ−ロッパ放送ユニオン(EBU)の "新作バンド曲コンペティション" で3年連続で第1位に選ばれ、アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱によってウィンド・バンド(吹奏楽)のために書いた「ダンス・ム−ブメント(Dance Movements) 」(1995)がアメリカの "サドラ−国際作曲賞" を贈られるなど、国際的な受賞作品も多い。
 1992年、東京佼成ウィンドオ−ケストラを指揮しての自作自演CD「オリエント急行」(佼成出版社、ヨ−ロピアン・ウィンド・サ−クル Vol.2、KOCD-3902)のレコ−ディングのために初来日。つづいて1993〜1995、1998、2000年とブリ−ズ・ブラス・バンドの客演指揮者として来日するなど、わが国でもその名はさらにポピュラ−になっている。
 
(c)2000,Yukihiro Higuchi/樋口幸弘
>>インデックスページに戻る
>> スペシャルトップページに戻る
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー