吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【コラム】

富樫鉄火のグル新
第37回 アンコンの出演順、再び

ツィッターほど短くもなく、ブログほど個人的でもない、
同じような話題をグルグルめぐるけど、基本は最新の話題。グル新。



 前回、アンコンの出演順について綴った際、「編成別出演順」でない地区があったら知らせてほしいとお願いしたところ、さっそく、いくつかの情報をいただいた。

 まず、静岡県大会の「大学・職場・一般の部」が、2006年まで、そうだったようだ。確かに、記録を見ると、Cl6→Tb4→Tb4→Sax4→BT4→Fl4……と「混在」している。打楽器は、おおむね、何回かある休憩時間後の最初に1団体ずつ置かれていたようだ。

 だが2007年からは、多くの会場同様、「打」から始まる「編成別」になっている。変更になった理由は、何だろうか。

 そうかと思えば、兵庫県大会「一般の部」「大学の部」は、今シーズンが「混在」だったようだ。

 ここも(一般の部)、昼食休憩後、Sax4→打4→Fl4→Sax4→Sax4→木3→BT4→打8→金6……とごちゃ混ぜである。もっとも大がかりな編成と思われる「打8」が、平然と真ん中に組まれている。

 ここは、情報をくれた方によれば「こうなったのは、今年初めてだけど、特に進行に遅滞はなかった」とのことだ。

 どうやら私が知らなかっただけで、「編成別出演順」でない地区は、けっこうあるようだ。

 ただ、これも別の方の意見だったが、「混在だと、意外な審査結果になることが多いような気がした。編成別だと、おおむね誰もが納得できる結果だった」とのことだった。

 なるほど、「混在」にすると、今度は「比較」がしにくくなって、妙な結果になってしまうのだろうか。

 「編成別」も「混在」も、やはりアンコンは難しいものなのだ。

 20日(土)、いよいよ全国大会。各団体の名演を期待したい。

※情報をお寄せくださった読者の方々に、心から御礼申し上げます(富樫)

【関連記事】
第36回 アンコンの出演順

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)

(2010.03.18)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー