吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【コラム】

富樫鉄火のグル新
第17回 CD『木陰の散歩道』

ツィッターほど短くもなく、ブログほど個人的でもない、
同じような話題をグルグルめぐるけど、基本は最新の話題。グル新。



 吹奏楽の魅力の原典がマーチにあることはいうまでもなく、私など、とにかくマーチさえ聴いていれば気分がいいタチである。デジタル携帯プレーヤーの中もマーチだらけで、朝の山手線の中でこんなのを聴いて興奮しているのは私くらいじゃなかろうか。

 しかし、それにしたって、CDでもコンサートでも、いつもスーザばかりでは、さすがに飽きてくる。スーザ中心のライナー・ノーツの依頼がくるたびに「ああ、またか」と、ため息が出る。

 だから、このたびリリースされたCD『木陰の散歩道〜ベスト・オブ・マーチ』(武田晃指揮、陸上自衛隊中央音楽隊/フォンテック)は、ほんとうにうれしかった。

 このCD、選曲が、基本に沿っていながら、ほんの少しマニアックになっているところがミソだ。≪木陰の散歩道≫≪ブロックM≫≪ナイルの護り≫などは、ひさびさの新録音ではないだろうか。≪旧友≫や≪オリンピックマーチ≫(古関裕爾)は、新校訂譜が使用されている(後者の楽譜は、全音からレンタル発売された。長いこと一般入手しにくかったので、この機会に、多くのバンドに演奏されてほしい)。

 そして白眉は、中国の≪運動員行進曲≫(中国人民解放軍軍楽団集体創作)と、旧ソ連の≪戦車兵たちの行進曲≫(チェルネツキー)が収録されていることだ。これらは、しばしば陸上自衛隊中央音楽隊がコンサートなどのアンコールで演奏していた「秘曲」である。≪戦車兵〜≫などは、ナマで聴いていたのよりもかなり速い演奏だが、暗さと勇壮さが見事に同居した傑作だ。ユーフォニアムの対旋律が泣かせる。≪運動員〜≫は、灰田勝彦が歌った昭和26年のヒット曲≪野球小僧≫を思わせる軽快さ(コード進行も、かなり似ているのでは?)。

 それにしても陸上自衛隊中央音楽隊のマーチは最高! 1曲目≪木陰の散歩道≫が始まったときのウキウキ感は、このバンドでなければ絶対に出せない。≪剣士の入場≫など、踊りだしたくなる。≪オリンピックマーチ≫コーダ部の≪君が代≫は、史上最強のキメの名演だ。ぜひとも多くの方に聴いていただきたい。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)

(2010.02.03)

■On the Mall−木陰の散歩道−ベスト オブ マーチ
陸上自衛隊中央音楽隊


http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2014/


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー