吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【コラム】

富樫鉄火のグル新
第8回 『大河ドラマ入門』

ツィッターほど短くもなく、ブログほど個人的でもない、
同じような話題をグルグルめぐるけど、基本は最新の話題。グル新。



 第3回、第4回でNHK大河ドラマのことを書いたら、ドンピシャのタイミングで、『大河ドラマ入門』(小谷野敦、光文社新書)なる本が出た。

 さすがに博覧強記の文芸評論家・作家で、しかも自称「大河マニア」が書いただけあって、面白い。

 著者ならではの記述も続出で、「翌〇九年の『天地人』は驚きの原作である。いったい火坂雅志などという、直木賞候補になったこともない群小歴史作家の一人の著作が、なぜまた原作に指定されたのかと思う。これもどうやら、直江兼続をやると決めてから火坂に書かせたようだが、まるで重みのない、軽い小説である」と、痛快なまでに手厳しい。

 ドラマ内容だけでなく、音楽のほうもちゃんとおさえてあって、サントラ盤のない時代には、ラジカセでテーマ音楽を録音していたというほどのマニアだったそうだ。第三章として「大河ドラマの音楽」なる項もちゃんと設けられている。

 ところが、同章中に掲げられた「大河ドラマ主題曲 作曲者一覧」なる表(P135)は、間違いだらけ。作曲者名と作品名が、途中から一段ずれてしまっているし、人名のルビの位置もメチャクチャだ。

 小谷野氏ほどの書き手が、このような間違った表を作成するとは考えられないので、おそらく編集部によるDTP作業上の責任だと思われるが、よくこれほどのミスが気づかれずに校了になったものだ。せっかくの面白い本が、これでは台なしで残念だ(もしかしたら、ほかにもこの種のミスがあるかもしれない)。

 ただ、こういったミスを除けば、実に面白い本なので、大河ドラマのファンは、ぜひご一読いただきたい(これほど間違いだらけの表が堂々と掲載された本も珍しいので、その意味でも、初版で入手してご覧になることをお薦めします)。

※本稿は、同書の初版(2010年1月20日初版)に基づいています。

■大河ドラマ入門(小谷野敦、光文社新書)
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334035464

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)

(2010.01.16)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー