吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【コラム】

富樫鉄火のグル新
第7回 スピード演奏

ツィッターほど短くもなく、ブログほど個人的でもない、
同じような話題をグルグルめぐるけど、基本は最新の話題。グル新。



 1月11日(月・祝)、東京・渋谷のオーチャードホールで「渋谷ブラスフェスタ」なるコンサートが開催された。東京フィルの管打楽器奏者によって結成された「東フィル・ウインド・オーケストラ」のお披露目公演でもあった。最後は、真島俊夫作曲の新作≪ニュー・イヤー・マーチ≫を、楽器持参の来場者と合同演奏し、たいへんな盛り上がりだった。

 ところで、この日は、いくつか、吹奏楽オリジナルの名曲も演奏されたのだが、最初の2曲、≪アルヴァマー序曲≫(バーンズ)と、≪エル・カミーノ・レアル≫(リード)が、ものすごいスピード演奏で驚いた(渡辺一正指揮)。しかし、まったく乱れることなくキッチリ演奏していたのは、さすがでした。

 最近、プロ・バンドによる、この種のオリジナル名曲の演奏、どこもスピード演奏が多くなっていると思いませんか。佐渡裕指揮=シエナ・ウインド・オーケストラの≪高度な技術への指標≫(河辺公一)なんか、まるでF1なみの快速テンポだった。

 「スピード演奏」で忘れられないのは、1978年、イーストマン・ウインド・アンサンブルの来日公演における≪秋空に≫(上岡洋一)。当時私は大学生だったが、それまで耳にしていたより、ずっと速いテンポで演奏され、「なるほど、同じ曲でもテンポを変えると、ずいぶんちがった印象になるもんだな」と思った記憶がある。以後、この曲は速めに演奏されることが多くなったものだ。

 こういったスピード演奏を聴くたびに、昔ながらのじっくり・どっしり演奏を懐かしく感じるのは、私がオジサンだからでしょうか。

 ちなみに「渋谷ブラスフェスタ」のプログラムに、天野正道氏(作曲家)が寄稿した解説によれば、かつて来日したバーンズ氏は、自作の≪アルヴァマー序曲≫を聴いて、「皆、なんでこんなに速く演奏するのだ? これでは後半のシカケがわからなくなる」と言っていたそうだ。

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)

(2010.01.15)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー