吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー

【コラム】

富樫鉄火のグル新
第2回 「レコ芸」に「吹奏楽」欄

ツィッターほど短くもなく、ブログほど個人的でもない、
同じような話題をグルグルめぐるけど、基本は最新の話題。グル新。



 クラシック音盤批評誌「レコード芸術」(音楽之友社)の新譜月評欄に、「吹奏楽」のジャンルが誕生した。

 同誌は、1952年創刊、現存する日本最古の、クラシックCD&DVD情報・批評の月刊誌。昨今のCD不況で、かつてほどの威力はなくなったが、いまでも、同誌で「特選盤」に選出されることは、クラシック音盤界の最高栄誉といえる。さらに、同誌で選出された中から、年に一度、「レコード・アカデミー賞」なる究極の栄誉も与えられる。

 いままで同誌の新譜月評欄は、「交響曲」「管弦楽曲」「協奏曲」「室内楽曲」「器楽曲」「オペラ」「声楽曲」「音楽史」「現代曲」の9ジャンルに「ビデオ」「録音評」「再発売」を加えた、計12ジャンルで構成されていたが、ここに新たに「吹奏楽」ジャンルが加わったのだ。

 新譜月評は、各欄を2人の評論家が担当するが、「吹奏楽」欄は、佐伯茂樹(音楽評論家)と中橋愛生(作曲家)の2氏が担当。佐伯氏は特に管楽器に詳しく、中橋氏はBP読者には説明不要の人気作曲家だ。

 1月号では、大阪市音楽団の「ダッチ・マスターズ組曲」(フォンテック)、フィルハーモニック・ウインズ大阪の「オオサカン・ライヴ・コレクションin WASBE」(グリーン・ミュージック)、寺田由美パーカッション・アンサンブルの「ドライヴU」(ワコーレコード)の3枚が取り上げられている。

 クラシック誌で吹奏楽がまともに取り上げられたのは、10年前にたった1年で露と消えた「グラモフォン・ジャパン」以来ではないか。

 今後、毎月定番の欄になるのか。
  レコード・アカデミー賞にも「吹奏楽」部門ができるのか。
  「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」みたいなCDは取り上げられるのか。
  「中橋愛生作品集」なんてCDも中橋氏本人が批評するのか。
  いろいろ考え始めると夜も眠れなくなるが、とにかく、「レコ芸」のような老舗クラシック誌で「吹奏楽」がまともに取り上げられたのは快挙だと思う。素直に喜びたい。

■ダッチ・マスターズ組曲/大阪市音楽団
■オオサカン・ライブ・コレクション in WASBE「大阪俗謡による幻想曲」
■ドライヴII〜10人の邦人作曲家による打楽器アンサンブル作品集〜

 

富樫鉄火(吹奏楽大好きの音楽ライター)

(2010.01.06)


※本稿の著作権は富樫鉄火が、出版権はバンドパワーが独占しています。両者の許諾なく、出典元表記のない引用や、引用の範囲を超えた複写、コピー&ペーストを固く禁止します。
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号吹奏楽マガジン バンドパワー