吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
関連CD
■無限に輝く空/プラーム・アンサンブル・シリーズ Vol.1/Brass Concept(CD-0940)
■2006年全日本吹奏楽コンクール全国大会ライブ盤 一般編2(CD-1027)
 
 
 
レポート >> レポートインデックス

横浜開港祭 ザ ブラス クルーズ
一般公募型フェスティバルバンド

ザ ヨコハマ ウィンド シンフォニー 2007 活動報告 Part 3

 昨年、横浜市の生涯学習と2009年の開港150周年に向けた街の賑わいの創造等の一環として新たに創設された「ザヨコハマウィンドシンフォニー」。 2007年も、プロ演奏者の指揮指導、演奏指導を受け、6月3日(日)にあの、横浜みなとみらい大ホールのステージに立ちます。

■5月27日(日)第3回合奏練習

 ほぼ1ヶ月ぶりの合奏練習。いよいよ練習も大詰めです。
 今回、指導&指揮をやっていただく八木澤先生も気合十分、メンバーも冒頭から集中力のスイッチ"ON"。合奏3回目ともなると、みなさん雰囲気にもだいぶ慣れてレスポンスが素早い。どのパートも音が良く鳴り響いていました。前回のパート別講習会の効果なのかな?!それに、回を重ねるごとにメンバーの意識がまとまってきているのがよく伝わってきました。
みなさん、さすがです!!

 吹奏楽は、ご存知のように、様々な楽器が指揮者の元に集まり演奏をする、言ってみれば「大きなアンサンブル」。1つの曲がまとまってくる、仕上がってくる、というのは、1人ひとりが自分の楽譜をきちんと吹けている以上に、周りの音・響きを聞いて一緒に歌えている、調和すること。だからこそ、素敵なハーモニーやリズム感など、曲に表情が生まれてくる。そこが魅力であり、面白いんですよネ?

 さて、第3回合奏練習のハイライト。
 今回の演奏曲目「Dawn to Peace」は、実はひと味違うんです。作曲者である戸田先生が我々のリクエストに応じてパーカッション・パートをさらに書き加えて下さった改作版! しかも6月3日での本番がこの改作版の初演となるのです。すばらしい〜! まだ音源がないということで、戸田先生のリクエストで合奏中にレコーディングをすることに。これはちょっとしたサプライズでしたね☆八木澤先生もこの曲に特別な思いがあるご様子で、指揮棒は持たずに手で指揮を振るそうですヨ。

 吹奏楽コンクール課題曲マーチ「憧れの街」は、曲のまとまり具合がとても良かったようで、先生も「いいですねぇ〜っ!」と驚かれてました。"少年が憧れの街を訪れ、色んな経験をし、成長する"というこの曲のイメージは、メンバーの感性にマッチしやすかったのかな?曲の背景を捉えられると本当に演奏が違うんですよね。

 続いてメインの「ペルセウス」。コーラス部もグッと声量がついてきました。音程も安定し、特に男声がしっかり響くようになったので重厚感が増して、より神秘的に。曲のクライマックスのコーラスはまるで賛美歌のよう。歌っていても気持ちがいいし、とても美しいメロディー・ラインなんです。そして打楽器の新奏法もご指導いただき、喚声が沸き起こる場面も。これは本番のお楽しみ、ということで。
 最後に神長さん編曲の「横浜市歌」。演奏会の舞台となる横浜の歌なので、しっかりと元気よく演奏できるように重点的にポイントを確認しました。

 本番が近づき、みんなのテンションは早くも高揚気味。とてもいい雰囲気になってきているので、あとは本番に備えて体調管理をしっかりしましょうね(^-^)

 次回はいよいよ最後の合奏練習、本番前日の6月2日(土)。そして本番、横浜開港祭ザブラスクルーズ2007は6月3日(日)12:00開場、12:40開演です!!

※TYWS2007の本番の様子もしっかりレポートさせて頂きますのでお楽しみに。

【お知らせ】今年も前売り券は完売しましたが、当日券の発売はあるので、気になる人は早めに会場へゴー! 詳細などは、下記、「ザ ブラス クルーズ2007」のホームページへ。


横浜開港祭 
チャリティー吹奏楽コンサート
ザ ブラス クルーズ2007

【日時】 6月3日 (日) 12:40開演
【会場】横浜みなとみらい大ホール

【詳細】http://www.the-brass-cruise.org

(2007.06.01)

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー