吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
 
■無限に輝く空/プラーム・アンサンブル・シリーズ Vol.1/Brass Concept(CD-0940)
■2006年全日本吹奏楽コンクール全国大会ライブ盤 一般編2(CD-1027)
 
 
 
レポート >> レポートインデックス

2007ユーフォニアム・キャンプ in 神戸
〜関西的ユーフォ三昧 その六〜

関西のユーフォニアムキャンプもこれで第6回目。今回はゲストにフランスに留学してサクソルンバスを修得された山田伊津美さんを迎え、2007年1月6〜8日の3日間にわたって神戸市北区の神戸セミナーハウスで開催されました。

 いつもは天候に恵まれるキャンプですが、今年は初日が雨にもかかわらず、大勢の参加者たちが集まり、大いに盛り上がりました。

 開会式と諸注意、ミーティングの後、今回も事前に記入してもらった「レッスン・カルテ」を元に、各担当講師が参加者の経験年数やレベル、現在練習している曲などを考慮してのレッスンがすぐさま始まります。
 基本的な奏法や表現方法の質問から、音大生などは試験の課題曲、一般参加者は2日目に開催される受講生コンサートで披露するソロ曲などを熱心に指導を受けていました。

 また、例年に引き続き三木楽器、グローバル、ビュッフェ・クランポン・ヤマハ、ドルチェ楽器各社がたくさんの楽器、備品などを展示されていましたが、とりわけ今年の目玉である「サクソルンバス」をビュッフェ・クランポン社が出品しており、興味を持った参加者が試奏や質問に詰めかけていました。

 そして、展示コーナーでは、講師達が持ち寄った貴重なユーフォニアムのソロ・アルバムやユーフォニアム・ソロが含まれた昔のLPレコードなどが展示され、実際に聴くこともできました。キャンプでは皆さん寸暇を惜しんで練習をされるので、試聴コーナーはあまり人気や興味がないのかと思いきや、参加者からも好評で、レオナード・フォルコーニの演奏などは「こんな音初めて聴きました」という人もいました。また、国内外のユーフォニアム・リサイタルのチラシとパンフレットの展示に加え、参加者が持参した楽器博物館の資料や古楽器の音源CDも急遽展示させてもらい、会場を賑わせていました。


 このユーフォ・キャンプに合わせ、ソロ・アルバムをリリースした木村寛仁氏のCDも飛ぶように売れ、また、そのCDに収録されていたピーター・グレイアム作曲のロマンティックな数々の曲の楽譜も合わせて販売されており、早速購入して練習する人もいました

 1日目のイブニング・コンサートは、ほとんどの講師がソロやアンサンブルで演奏に参加しました。今年講師として初参加の久米博氏は、ジャズにも造詣が深く、カラオケ伴奏で見事なジャズ演奏を披露していました。また、今年の目玉である山田伊津美さんのレクチャーは、サクソルンバスの歴史や構造、フランスの音楽事情などの解説を踏まえながら、実際にサクソルンバスを演奏されましたが、そのユーフォニアムとは一味違った音色とパワフルな演奏に皆、聴きほれていました。

 2日目の受講生コンサートでは、レッスンの成果を充分に発揮した素晴らしい演奏が聴く事ができました。音大生顔負けのコンチェルトを吹く人、超難曲のデュエットをする人、そして今年は参加者全員を3つのグループに分けてアンサンブルのレッスンを行い、ふだん、大人数で吹いたことのない人や初めて出会った人とも調和のとれたハーモニーを奏でることができました。

 そしてキャンプの締めくくり、お待ちかねの交歓パーティーへとなだれ込みます。

 今回も皆さんの期待通り、司会の河野健氏の爆笑トークと様々なネタでみんな大笑い。そして毎回恒例となった「各メーカーのユーフォニアムの音当てクイズ」の前舞台として行われた「ユーフォニアム大喜利」では、回答者に池田勇人氏、中西勲氏、そして木村寛仁氏が登場し、司会の河野氏と、石田忠昭氏によって出題されたユーフォにまつわる問題に、まじめに考えすぎてちっとも面白くない中西氏、せっかくの良いボケを木村氏のマイホーム的回答にもって行かれっぱなしの池田氏と、酒も入ってどんどん場は盛り上がります。

 そしていよいよ「ユーフォニアムの音当てクイズ」になだれ込みます。

 今年も三宅孝典氏の演奏で、どの楽器が何番目に演奏されたかを当てるもので、今年はヤマハ、ベッソン、ウィルソン、ヒルスブルナーの4機種に加え、ボーナス問題として、今回の目玉、山田伊津美さんのサクソルンバスを加えた5台で演奏されました。
 今回も協賛楽器社のご好意によりサイレントブラスやデニスウィックのミュートをはじめ、豪華賞品がずらりと並んでいるため、みんな真剣に耳を澄ませます。
 今まで6回このクイズをやってきましたが、情けなくも講師陣やメーカーの方が全問正解したことはありませんでした。 しかし、今回はプロの面目躍如! なんと池田氏と松谷氏が全問正解を果たしました。しかし講師は賞品はもらえません・・・。その為3問正解の方5人が同率1位となりました。

 交歓パーティ終了後もあちこちの棟で輪になっての交流が続き、夜は更けていきました。
 最終日、閉会式や記念撮影の後、参加者達はまた来年の再開を約束したり、別れを惜しみつつ、たくさんの思い出をお土産に家路へとつきました。


※キャンプの様子を詳しく知りたい方は下記をチャックしてみてください。
 写真もたくさん紹介されてます!

 http://homepage1.nifty.com/saka_euph/


【ゲスト】
山田伊津美

【講師】
池田勇人 石田忠昭 河野 健 木村寛仁 小寺香奈 小西恒夫
 坂岡裕志 曽我香織
高橋歩美 中西 勲 長嶺範隆 野崎あゆみ 深川雅美 松谷晃
伸 三宅孝典  

【ピアノ】今中千絵

【スタッフ】長谷部美紀 竹田佳世

【協賛楽器社・楽器店】
(株)グローバル  ビュッフェ・クランポン株式会社、三木楽器(株)心斎橋店
ヤマハ(株)西日本営業所 (株)ドルチェ楽器


(2007.01.19)
>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
吹奏楽マガジン バンドパワー
記事関連CD
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー