吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
吹奏楽マガジン バンドパワー
CD
レポート >> レポートインデックス

「題名のない音楽会21」収録

◎「大地讃頌」を歌える人が多いことにも大いにビックリ!! 
  今後は“吹奏楽”と“合唱”コラボの代表定番曲になる予感

※ネタバレあり。事前情報なしで番組を楽しみたい人は、放送後に呼んでくださいね。

ここ数年、演奏会を開けば常にチケットはソールドアウト、満員御礼の佐渡&シエナ・ウインド・オーケストラが、テレビ公開音楽番組「題名のない音楽会21」(提供 出光興産株式会社)の公開収録を行いました。

場所は東京都世田谷区・三軒茶屋の「昭和女子大学人見記念講堂」。会場は、まるでシエナの演奏会のごとく、中・高校生を中心の楽器を持った観客も多く、早くも熱気ムンムン。今回の収録は2部形式で、放送2回分の収録を1回で行う、というもの。

 まず第1部「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ

(2)〜二大音楽部活 夢の共演」は
今回のテーマが「合唱と吹奏楽のコラボ」だったのです。
 前回、東京芸術劇場の第21回定期演奏会「巨匠ジョン・ウィリアムズの世界」での記憶も鮮明に残っていますが、今回も「晋友会合唱団」の皆さんとの共演です。
 まずは、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」より「マンボ」(作曲・L.バーンスタイン)や行進曲「威風堂々」(作曲・E.エルガー)をシエナの迫力満点な演奏でスタート。

 そこで司会者と指揮者の佐渡さんによって、今回の企画意図が明かされます。

「中学、高校の部で必ず存在する吹奏楽部と合唱部。合唱と吹奏楽は身近な存在かと思いきや、思ったほど接点がないというのが現状。またプロの演奏会ではその機会すらあまりありません。“吹奏楽”と“合唱”がコラボレーションするとどうなるでしょう。その音楽的な可能性を探ります」

 ここで、「晋友会合唱団」の皆さんが登場し、なんと...、つい先ほど演奏した行進曲「威風堂々」(作曲・E.エルガー)を今度は合唱付きで演奏しました。
同じ曲を「吹奏楽バージョン」「合唱付き」の両方で楽しめて、「なぜ今まで“吹奏楽”と“合唱”のコラボする演奏会って少なかったのだろう」と思うくらい、素晴らしい体験でした。

 次は「迫力がある勇壮な場面」と「荘厳で心が洗われるような」コントラストを“吹奏楽”と“合唱”のコラボで表現。
 歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」(作曲・G.F.ヴェルディ)と歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への入場」(作曲・R.ワーグナー/編曲・清水大輔)によって、見事に対比されました。
「アイーダ」ではファンファーレ・トランペットが大活躍。そして、清水大輔氏による新しいアレンジによって合唱付きの「エルザ」が雄大な響きで会場を包みました。

 最後は合唱がメインな曲でエンディングを迎えます。世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」より「おお、運命の女神よ」(作曲・C.オルフ)と混声合唱のためのカンタータ「土の歌」より第7楽章「大地讃頌」(作曲・佐藤眞)ですが、「大地讃頌」は会場全体で歌いましょう!!、との呼びかけに観客も応え、見事なフィナーレとなりました。

「大地讃頌」を歌える人が多いことにも大いにビックリ!! 今後は“吹奏楽”と“合唱”コラボの代表定番曲になる予感がしました。

このように聴きどころ満載、盛りだくさんのプログラムでしたが、1回につき30分という放映時間なので、どうしても時間的制約から、それぞれの曲の聴きどころを演奏するというスタイルでした。
 贅沢な要望ではありますが、これらの曲を、やはり「カットなし」で全部聴きたい!!、という気持ちを強く持ちました。
シエナの演奏会などで、ぜひ実現していただけたらいいな、と思います。

 第1部「合唱と吹奏楽の共演」の次は、昨年も好評だったという第2部「佐渡裕さん指導による高校生吹奏楽クリニック」でした。
 吹奏楽のための第一組曲 1.シャコンヌ(作曲・G.ホルスト)を題材に、全日本吹奏楽コンク−ル全国大会の常連「東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部」がステージに上がります。
 実は第1部と第2部の間には休憩があったのですが、最後に”お決まりの”「星条旗よ永遠なれ」があるため、会場全体でウォーミングアップの嵐!! これだけでもスゴい音でした。第2部に先立っての会場全体チューニングも圧巻。特に「東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部」の透明なチューニング・サウンドが印象的でした。

 さて、顧問の畠田先生の指揮による通しの演奏のあと、佐渡さんの指導に入ります。佐渡さんは「譜面から新しい発見を」「みんなから何か発信してきて、音楽するんや!」とあたたかくて幅広い指導をされました。この充実した内容は実際の放送を見てのお楽しみに!
 熱血指導に、どんどん会場のボルテージも上がり、見ている方も必死になってきますが残念なことに時間が足りない・・・。もう少し見たかった気もしますが「東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部」の皆さんも、大いに演奏上のヒントを得たのではないでしょうか?

 最後には客席の学生の皆さんにもステージに上がっていただき壮大なフィナーレを迎えます。シエナの演奏会では、すっかりお馴染みになった「星条旗よ永遠なれ」の合同演奏ですが、ここまでステージ上もいっぱいになるとは・・・。恐るべし、シエナ&学生パワー。

 テレビ番組の収録ということも忘れて、充実したひとときを過ごし、会場をあとにしました。今後も「ツアー&定期」があるシエナから目が離せません!!

■プログラム
第1部 ☆「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ
(2)〜二大音楽部活 夢の共演」

構成:渡邊健一
指揮:佐渡裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
合唱:晋友会合唱団

M-1 ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」より「マンボ」
(作曲・L.バーンスタイン)
M-2 行進曲「威風堂々」(作曲・E.エルガー)
M-3 歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」(作曲・G.F.ヴェル
ディ)
M-4 歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への入場」(作曲・
R.ワーグナー/編曲・清水大輔)
M-5 世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」より「おお、運命の女神
よ」(作曲・C.オルフ)
M-6 混声合唱のためのカンタータ「土の歌」より第7楽章「大地
讃頌」(作曲・佐藤眞)

第2部 ☆「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ
(1)〜熱血指導! 高校生吹奏楽クリニック」

構成:飯田茉千子
指揮:畠田貴生
演奏:東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部
指揮:佐渡 裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ

M-1 吹奏楽のための第一組曲 1.シャコンヌ(作曲・G.
ホルスト)
M-2 星条旗よ永遠なれ(J.P.スーザ)

放映は、
☆「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ(1)〜熱血指
導! 高校生吹奏楽クリニック」は
テレビ朝日9月24日(日)、BS朝日9月27日(水)放映予定です。

☆「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ(2)〜二大音楽部
活 夢の共演」はテレビ朝日10月1日(日)、BS朝日10月4日(水)放映予定です。

収録も楽しかったのですが、放映も楽しみです。

■「題名のない音楽会21」
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/

■シエナ・ウインド・オーケストラ公式HP
http://sienawind.com/

【関連記事】
【TV】佐渡裕&シエナがTV朝日「題名のない音楽会21」に出演!
放送日は9/24、10/1、他


>> レポートインデックスページに戻る
注目の本
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー