吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
 
 
コールドストリーム・ガーズ・バンド関連CD
 

 

 
 
レポート >> レポートインデックス


横浜開港祭 ザブラスクルーズ
ブラスバンド・チャンピオンシップ2005

日時:2005年11月23日(水・祝)開演13時
会場:洗足学園音楽大学 前田ホール
レポート:広沢章夫(大阪ハーモニーブラス代表)
横浜開港祭 ザブラスクルーズ ブラスバンド チャンピオンシップ実行委員会)
◎学校卒業後もブラスバンドを続けていける
 環境の整備に貢献できるイベントに成長することを願って・・・

 現在、日本のブラスバンド・シーンでは、多くの小学校の金管バンドをはじめ、英国スタイルの金管バンド、またその他のスタイルのバンドがそれぞれに活動されていますが、オーケストラやウィンドバンドの隆盛に比較してバンド数は非常に少なく、コンテストも小学校のスクールバンド対象以外のコンテストはこれまで開催されてきませんでした。

 このような状況の中、2003年4月の大阪ハーモニーブラス(http://www.ohb.jp/)の全豪選手権挑戦がきっかけとなり、日本でもブラスバンドのコンテストを開催すべく、ブラスクルーズと日本ブラスバンド連盟が共催事業(ファシリテーター:促進者)として 企画を進められ、日本のブラスバンドのパイオニア的存在である山本武雄氏を審査員に招いて11月23日に標題コンテストが開催されました。

 イベントは洗足学園音楽大学ファンファーレ・バンドによるオープニング・ファンファーレの演奏に始まりました。
 私はこのスタイルの演奏に初めて接しましたが、金管楽器+サクソフォン+打楽器を使用し、会場後方の2階席も使用しての大編成バンドの演奏は、コンテスト後のガラコンサートでも披露され、大変興味深いものでした。

 コンテストは、小学校の金管バンド1団体と英国スタイルのブラスバンド2団体、そして大編成の金管バンド1団体の4団体が参加し、ラッセル・グレイ氏を指揮者に擁した埼玉プレミアブラスが見事チャンピオンの座を獲得。埼玉プレミアブラスは、ジョージ・ロイド作曲の「ベースの主題によるディバージョンズ」という難易度の高い曲を含む3曲を演奏、そのクォリティは相当のものでした。

 引き続き同会場で開催されたガラ・コンサートでは洗足学園大学シンフォニックブラスカペレの演奏も披露され、4時間半におよぶコンテストイベントは終了。

 コンテスト終了後には、出場した各バンドに対して審査員の山本氏よりコンテストの細かい審査基準に基づいた団体別面談による評価説明・指導(クリティーク:情報交換) が行われ、参加団体は結果だけでなく大きな収穫と刺激を受けた事と思います。
 今回のチャンピオンシップは、コンテストへの出場団体が4団体だったにもかかわらず、日本の金管バンド状況を反映したとも言えるバラエティーに富んだ内容でした。
 今後は特にここ数年バンド数が増えてきた英国スタイルのブラスバンド団体の1つの目標となり、ひいては表彰式で山本氏が語られたように、小学校の金管バンド経験者が卒業後もブラスバンドを続けていける環境の整備に貢献できるイベントに成長することを、心から願っています。


   

横浜開港祭 ザ ブラスクルーズ ブラスバンド チャンピオンシップ2005
The Brass Cruise : National Brass Band Championships of Japan 2005


■プログラム

【オープニングファンファーレ】

洗足学園音楽大学 ファンファーレバンド/指揮:大木孝雄

○Finale from "Pacific Pageant" (福嶋頼秀作・編曲)


【コンテスト部門フェスティバル編成】
 審査員:山本武雄


1. 東京都足立区立花畑西小学校金管バンド部/指揮:関谷 真

○Foster Medley(S.C.フォスター 真島俊夫編曲 関谷 真補編)
○Canterbury Chorale(Jan van der roost)
○Shine as the Light(Peter Graham)


2. アモーレブラスバンド/指揮:廣瀬康二

○Music for a Festival Philip Sparke

3. 埼玉プレミアブラス/指揮:Russell Gray

○Le Tricot Rouge(Wilfred Heaton)
○Hymn for Diana (Joseph Turrin)
○Diversions on a Bass Theme(George Lloyd)


4. 国立音楽大学金管バンド/指揮:山本英助

○Mercury(Jan van der roost)
○Canterbury Chorale(Jan van der roost)
○Music for a Festival(Philip Sparke)


【ガラコンサート部門 A】


洗足学園音楽大学 シンフォニック ブラスカペレ/指揮:伊藤康英

○Till Eulenspiegels Lustige Streiche op.28(Richard Strauss 齋藤 淳編曲)

【ガラコンサート部門 B】

洗足学園音楽大学 ファンファーレバンド

○Festive Fanfares(Philip Sparke)指揮:大木孝雄
○Martenizza(Piet Swerts)指揮:佐伯正彦
○Pentagram(Johan de Meij)指揮:深石宗太郎
○Marchissimo(Philip Sparke)指揮:原 博巳
○Between the Two Rivers(Philip Sparke)指揮:深石宗太郎
○"Variations on Ein feste Burg" Elsa's Procession(Richard Wargner)
  指揮:古田賢司
○Year of the Dragon(Philip Sparke)指揮:大木孝雄

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー