吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
 
吹奏楽マガジン バンドパワー
David Childs
関連CD
 
 
レポート >> レポートインデックス

横浜開港祭 ザブラスクルーズ チヤリティー吹奏楽コンサート
An Evening with The Brass 2005


デビット・チャイルズ・深石宗太郎
日英トップクラス・ユーフォニアム奏者による饗宴

<速報版>

日時:2005年10月18日(火)19:00〜
会場:神奈川区民文化センタ− かなっくホール
レポート:うみまる
写真:横浜ライオンズクラブ
◎ハイレベルなテクニックのみならず
  豊かな音楽性を見事に表現し聴衆を圧倒!
 デヴィッド・チャイルズ氏の初来日にあわせ、横浜開港祭 ザブラスクルーズ実行委員会主催による日英親善交流チャリティー吹奏楽コンサートが10月18日(火)神奈川区民文化センター「かなっくホール」にて開催されました。

 会場に入るとロビーでは海上保安庁活動の広報や日本水難救済会による「青い羽根」募金等が大々的に行われており、台風による悪天候にも関わらず、多くの来場者で客席も満席に近くなり、コンサートは大変な盛り上がりを見せていました。

 このコンサートは「日英トップクラス・ユーフォニアム奏者による饗宴」と銘打ち、イギリスを代表する若手ユーフォニアム奏者、デヴィッド・チャイルズ氏と日本を代表するユーフォニアム奏者、深石宗太郎氏がソロ、デュエット等の演奏が行なわれたほか、深石氏の所属するユーフォニアム・テューバ・アンサンブル「TUBIUM:テュービアム」のメンバーも出演、深石氏のサポートとソリスト両氏を交えたアンサンブルで観客を沸かせたほか、 チャイルズ氏の友人であり彼の初来日に尽力した広沢幸二氏も出演して会場では熱気がムンムンしていました。

 演奏の合間には海上保安庁の制服を着た方々(本物)やボランティアの人達もステージに登場し、保安庁の紹介や募金などについての呼びかけをしていました。こちらも最近のドラマ「海猿」の影響でしょうか? 私達にとっては解りやすく、また楽しい内容で、非常に多くの賛同と協力が得られていました。

 世界のトップに近いところに位置するであろうデヴィッド・チャイルズ氏の演奏は、イギリスの文化、生活にしっかりと根付いているブラスバンドの伝統に裏打ちされたハイレベルなテクニックのみならず豊かな音楽性を見事に表現し聴衆を圧倒!
 
「日本吹奏楽発祥の地−横浜」に生まれ育ち、その演奏は国内外で高い評価を得、既に日本のトップクラスプレイヤーとして活躍している深石氏も、その確かなテクニックと多様な音楽性で日本の歌謡から難易度の高い協奏曲まで見事に表現していました。

 特に至福の時となったのは、チャイルズ氏、深石氏のデュエット。あの難易度の高い「ブリランテ」ですね。ユーフォニアムの豊かな柔らかな音色と極限まで早いパッセージをこれ以上ないと言う程堪能させてくれました。

 次の開催が、とても楽しみなコンサートがまた1つできました。

横浜開港祭ザブラスクルーズ http://www.the-brass-cruise.org/



【プログラム】

1部/デヴィッド・チャイルズ ソロ・ステージ

○ 羊飼いの少女の踊り:アルベン
○ 演奏会用小品:バラ
○祈りを捧げて:メンデルスゾーン
○幻想曲:フンメル
○ガブリエリのオーボエ:モリコーネ
○ベニスの謝肉祭:パガニーニ

2部/深石宗太郎とその仲間によるアンサンブル

○日本の四季をテーマにした童謡メドレー
○大きな古時計の主題による変奏曲:H.C.ワーク(arr.戸田 顕)
○川の流れのように:見岳 章

デヴィッド・チャイルズと深石宗太郎による競演

○アベ・マリア:シューベルト
○2つのインヴェンション:スパーク
○グリーンスリーブス:Trad(arr.戸田 顕)

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
演奏会AD
 
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー