吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
 
 
 
レポート >> レポートインデックス

東洋大学吹奏楽研究部
Summer Concert 2005

日時:2005年7月10日(日)
会場:さいたま市文化センター
レポート:BP梅本
久志本涼氏のタクトによる“新解釈”の「惑星」が
響きと共にすごく新鮮に感じた!
 この日は、東洋大学吹奏楽研究部のサマーコンサート。仕事の関係で朝から現地入りです。
 結構みっちりとリハの時間をとっていて、終盤には音もヘロヘロな(?)感じになっていたので、どうなることやらと思ってたんですが・・・。

 本番は2部構成。
 第一部は学生指揮者によるステージで、まずは2005年度吹奏楽コンクール課題曲の「パクス・ロマーナ」「ストリート・パフォーマーズ・マーチ」「リベラメンテ 吹奏楽による」の3曲を演奏。
 リハでの心配もどこへやら、しっかりした音で聴かせてくれた。若いって何て素晴らしいんでしょうね。無限の体力。
 3曲の中でも、特に2・3曲目は学生指揮者らしい独特の解釈・テンポアレンジで、なかなか楽しめました。

 続いてはスミスの「海の男たちの歌」。ただでさえ男クサイ曲ですが、リハで試行錯誤を繰り返した甲斐あってか、さらに男クサイような勇壮なサウンドでビシッと決めてくれましたね。ナイス鎖。
 そして1部のトリは「サロメ」より7つのヴェールの踊り。妙に懐かしさを覚える選曲ですが、よくもまあ短期間でここまで仕上げるなあ、という根性の座った演奏でした。

 10分間の休憩を挟んで、サクサクと第二部へ突入。
 第二部は、トレーナーの久志本氏による指揮で、「惑星」を披露。抜粋された曲目は火星・金星・天王星・木星。
 なんだか昨年から、いたるところでこの曲を聴いているので正直さすがに飽きちゃってる感じもあるんですけど、東洋大学は今まで聴いた惑星となんだかタイプが違って、凄く新鮮な解釈と響きを聴かせてくれましたね。
 特に中低音のサウンドが厚くて、落ち着いて聴けるバランスになっていたのが印象的でした。久志本氏ならではの「優しく主張する」サウンド、といったところでしょうか。

 アンコールにホルストの「第二組曲」からの抜粋(ニクイ!)と、星条旗を演奏して演奏会が終了。

 全体的に演奏の出来もよく、進行もコンパクトで良かったと感じました。ホールのキャパに比べてお客さんがあまり多くなかったのがちょっと残念でしたね!


■プログラム

1部
・パクス・ロマーナ/松尾善雄
・ストリート・パフォーマーズ・マーチ/高橋宏樹
・リベラメンテ 吹奏楽による/出塚健博
・海の男達の歌/ロバート・W・スミス 
・楽劇「サロメ」より 7つのヴェールの踊り/リヒャルト・シュトラウス

2部
・組曲「惑星」より/グスタフ・ホルスト

アンコール
・吹奏楽のための第二組曲より/グスタフ・ホルスト
・星条旗よ永遠なれ/ジョン・フィリップ・スーザ

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー