吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細
2005年吹奏楽界
最大の話題作
宇宙の音楽
Music Of The Spheres
フィリップ・スパーク
(吹奏楽版/楽譜)
BPショップで発売中
 
 
 
レポート >> レポートインデックス

フィリップ・スパークの夕べ
大阪市音楽団 第90回定期演奏会

日時:2005年6月3日(金)
会場:ザ・シンフォニーホール
レポート:Emiko
スパーク氏作曲の「宇宙の音楽」(吹奏楽版世界初演)。
壮大な曲なのに繊細で、激しさの中に美しさもある、
本当に素晴らしい曲だった・・・
 仕事が終わった後、大阪市音楽団の第90回定期演奏会をザ・シンフォニーホールへ観に行って来た。あえて「聴きに行った」ではなく「観に行った」と表現しておく。
 大阪市音楽団は私がもっとも大好きなプロの吹奏楽団だ。今回、同じ楽団の方がチケットを一緒に取ってくれたおかげで行くことが出来た。
本邦初演の曲が数多くあることに加えて、私がたいへん敬愛しているイギリスの作曲家 Philip Sparke氏が来場されると聞いていたので、ものすごく楽しみにしていた。しかも前日に気づいたが、座席はなんと前から3列目のど真ん中。以前シンフォニーホールへ行った時(大阪音大の吹奏楽演奏会)は演奏者の後方上部にある座席(演奏者の後姿を上から見るような状態)だったので、今度はどんな感じだろうかと、それもまた楽しみだった。

 座席について、私の座席と指揮台の距離があまりに近いことに驚いた。角度としては舞台を下からちょっと見上げるような感じ。
普通、そこらのホールで学生やアマチュアの楽団の演奏会を聴く場合、前から3列目の中央なんてうるさいわ音がバラバラに聴こえるわでとても聴けたものではないのだが、さすがはシンフォニーホール、そしてさすがプロの吹奏楽団。楽器の音色自体がとても美しい上に、ホールの響きで大変良い状態に反響されて、全然うるさく感じなかった。それどころか、前列の木管楽器の生音(ホールの響きを通した音ではなく、演奏者が発したそのままの音色ということ)がよく聴こえて臨場感たっぷりだった。この席を取ってくださったSさんに激しく感謝。

 演奏はどの曲も文句なしに素晴らしかったが、中でも迫力だったのは、第2部で演奏されたスパーク氏作曲の「宇宙の音楽」(吹奏楽版世界初演)。
壮大な曲なのに繊細で、激しさの中に美しさもある、素晴らしい曲だった。大作映画を見るのと同じぐらいの感動。本当にすごかった。
スパークが来場されると以前から聞いていたのでいつ出てくるんだろうと思っていたが、休憩中イヤに後ろが騒がしいなぁと思ったら、フツーに座席に座っていたので大変びっくりした。サイン攻めにあって疲れたのか途中で退席していたようだけど。
「宇宙の音楽」演奏後舞台上で感想を述べていたが、私にとってスパーク氏は本当に偉大な存在なので(たぶん吹奏楽やっている人でないと知らないと思うが、世界的に高名な作曲家である)、約5メートルの至近距離で見ることが出来て、涙が出そうなほど嬉しかった。嗚呼、幸せ。嗚呼、感動。
スパーク氏の言葉を借りると、まさしく「信じ難いほど素晴らしい演奏」だった。この素晴らしい楽曲を、大阪市音楽団の完璧としか言いようがない演奏で、その良さを最大限に引き出すことが出来る会場で聴くことが出来て、本当に幸せだと思った。

 以前から生で聴きたいと思っていた「ミス・サイゴン」(シェーンベルグ作曲)も聴くことが出来たし、本当に幸せな夜だった。
唯一の心残り、それは…スパーク氏のサインをもらいそこねたこと(笑)。

このレポートが紹介されてるブログ「Emiko's Room」はこちら>>>

大阪市音楽団公式ホームページ>>>


>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー