吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
広告について >>詳細

■ユーフォニアム協奏曲/天野正道 Euph:外囿祥一郎(フェスタ/Festa〜邦人作品Vol.9)
レポート >> レポートインデックス

航空自衛隊航空中央音楽隊
第44回定期演奏会

日時:2005年6月21日 (火)
会場:東京・すみだトリフォニーホール
レポート:ミスターX
「アスガルド」の壮大な世界に感激!
今回、初めて航空自衛隊音楽隊の演奏会に訪れました。
開演まで30分以上もあるのに、
空席を探すのが難しいほど、
演奏を待ちわびる観客でいっぱいでした。

どの曲もとてもすばらしい演奏でしたが、
あえて挙げるとしたら「ユーフォニアム協奏曲」と「アスガルド」です。
以前から、ユーフォニアムの外囿氏のソロをいつか聴いてみたいと思っており、
今回演奏会に来ることができ、本当によかったです。
楽団の方たちもそのソロと一体となっていたのも印象的でした。

「アスガルド」は最後の曲にふさわしい、迫力のある曲でした。
その曲のイメージを膨らませてくれる、そんな演奏でした。
金管の迫力、木管の軽やかさがブレンドし、
ひとつの壮大な曲になっていました。

そして、やはり航空自衛隊の行進曲は
他の楽団とは違った軽やかさ、力強さがありました。
今回、演奏会を聴けることができ、本当に光栄です。
また機会があれば訪れたいと思います。
このたびはすばらしい演奏会をありがとうございました。


■プログラム

1部

○行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」:齋藤高順
○吹奏楽の為の交響的舞曲「月の宴」:矢部政男(初演)
○航空中央音楽隊委嘱作品「ユーフォニアム協奏曲」:伊藤康英(初演)
 Euph:外囿祥一郎

2部

○「碧空」服部隆之
○交響曲第一番「アスガルド」テオドロ・アパリシオ・バルベラン

アンコール:
○行進曲「空の精鋭」矢部政男

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
 
 
 
 
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー