吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
レポート >> レポートインデックス
オレらも“ビッグ・バンド”やるべ〜!

Fun Brothers’Workshop
ビックバンド・クリニック・レポート Vol.2

日時:2004年9月1日 16:00〜18:30
場所:札幌清田高校奏楽局
清田高校吹奏楽局は部員25名の吹奏楽バンドで、これまで、ビック・バンドの経験はなく、ビック・バンドについて知らない生徒がほとんど。また、楽器経験1年未満の初心者が半分以上である。メンバーが不足しているピアノとベースなどを中心に、北海学園大学フリーフォームレスジャズオーケストラのメンバーがサポートした。

今日の練習曲は “東へ(作編曲:田中充)”だ。
初めは緊張していたメンバーも、呼吸法から息の出し方、拍のとり方、フレーズの歌い方など、相楽氏本人の実践も交えて、皆で体験を共有した。
息が充分に吸えていなくて音が小さいので、呼吸法と息の出し方を主に練習した。こうした練習の中で、見違えるようにバンドの音が変化していくことに、メンバーも驚きと楽しさで笑顔が出てきた。
1時間をすぎる頃には、清田高校の音にはシャープで迫力のあるグルーヴが出てきました。

★受講生ヴォイス★

すごいなって思いました。ジャズに興味を持ちました。演奏するのがこんなに楽しいものだと思いませんでした (2年生 トランペット)

1つ1つの音を大切に、日々練習したいと思います。何度も挫折したのですけど、頑張っていこう!!と思いました。超貴重な体験でした。本当にありがとうございました! (2年生 トランペット)

今日みたいな指導は初めてでした。教えてもらったことがとてもわかりやすい(イメージしやすい)、ノリやすくて、とても楽しかったです。ジャズってすごくカッコいいです (1年生 テナーサックス)

前よりも音が出るようになりました。今までは音がこもっている感じがあったのですけど、今日は少し、こもっているのがとれた気がします (1年生 テナーサックス)

こういう場は本当に初めてで、緊張しまくりの2時間でした。ジャズという音楽に触れて、新しい音を見つけた気がしました。今まで出せなかったような音がこの2時間という短い時間で出せたことをビックリしつつ、成長したなと思いました。もっと、いろいろな音楽にふれて、自分の出せる音を増やしていきたいと思います (2年生 アルトサックス)」

高校吹奏楽部向け!
ビックバンドクリニック受講バンド募集


ファンブラことFun Brothers' Workshopのリーダー兼ミュージカルディレクターの相楽賢哉が高校の吹奏楽部を対象としてビックバンドクリニックを行ないます。
相楽は年間数十回のアマチュア・ビック・バンドへのクリニックの実績をもち、呼吸法から息の出し方、拍のとり方、フレーズの歌い方など相楽本人の実践も交えてとてもシンプルでわかりやすく、1時間足らずでビックバンドのサウンドを変身させるその指導内容については、受講者から高い評価をいただいております。
ぜひ、この機会にビックバンドを体験いただければと存じます。
もちろん、ビック・バンドの経験がない吹奏楽部でもOKです

詳細は、ファンブラのサイトの「高校吹奏楽部向け!ビックバンドクリニック」のページhttp://www.fun-bros.jp/clinic_high_school.html をご覧ください。


【Fun Brothers' Workshop ツアー】 http://fun-bros.jp/
9月13日(月)17:35〜 赤坂ビーフラット 
9月14日(火)18:45〜 網走市エコーホール 
9月15日(水)18:45〜 小樽市マリーンホール
9月16日(木)18:45〜 札幌市かでる2.7ホール


※なお、9月16は会場にて17時より高校生対象のビッグバンド・クリニックを開催します。

■ 問い合わせは、fbw-sapporo@mail.goo.ne.jpまで。


 

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー