吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
レポート >> レポートインデックス
映画「ドラムライン」レビュー
Drumline

ビデオ・レビュー:BP梅本

ストーリーは、なんじゃそりゃ普通のスポ根やん!
ってな感じなのですが、それがまた昔を思い出して
妙に感慨深かったりするんです



どうも皆さん、こんにちは。BP梅本です。
さて今回は、BPのメルマガでもちらっとオススメしてた
マーチング映画「ドラムライン」のビデオ鑑賞レポートです。

実は、小太郎さんにすごい勢いでオススメされたもんで、
とりあえず黙らせるために借りて見た!
・・・というのが真相なんですが・・・。

小太郎さんいわく
「この映画、去年、アメリカで『ブラスト』と共に大ヒットして、日本でも鳴り物入りで公開されて云々・・・」

とのことなんだけども、
悪いけど言われるまで知らなかったし、個人的にはマーチング経験もないもんで
「ふーん」ていう程度だったんですね。
マーチングは好きだけど、いつもガードの女の子しか見てないし・・・
(だってカワイイんだもん)
だもんで、全く期待しないで大あくびしながら再生したんです。

まー、内容を簡単に説明しますと、無茶無茶スネアのうまい奴が主人公で、
彼が高校を卒業してスカウトでマーチングの全国2位の大学に入学するところから
話は始まります。嫌な予感がしますね。

そして憧れの大学に入ったものの、
自己中心的で周囲に合わせることを知らない性格が災いして彼は問題児扱いに。
上級生や監督と対立しながらも人間的に成長していく主人公の姿が描かれていく・・・。
って、なんじゃそりゃ普通のスポ根やん!! 
あほか!!っていうストーリーなんですが、
それがまた昔を思い出して妙に感慨深かったりします。

バンドの和を乱す人がいて困ってるんだけど、
ダントツで楽器うまいから何も言えないよ〜!みたいな。
まっとうな意見を言っても「バンドの伝統だから変えられない」って返されたりね。

(まあ自分の場合は和を乱しつつ楽器もうまくなかった・・・
いやあ、ひどいことしたな〜あの頃)

そして劇中では対立していた主人公と上級生が互いに認め合い、
見事にバンドが復活していくのですが、
だいたい現実ではそのままギクシャクして、
立て直すこともできずに終わっていく事も多いわけで、
見方によっては「そんな時どうするべきか?」っていうヒントが
結構この映画から得られたりもします。

そんな感じのストーリーなので
ストーリー的にはツッコミ所満載なんですが、
それを補うのはやはり演奏シーンでしょう。

こっちは相当面白かった! 
さすがエンターテインメントの国アメリカやね〜って感じでバリバリブリブリ、
ド派手なアクションなんですが、これは最高にシビれるよ!
自主公演のホール演奏会でも充分に対応できるアクションだと思うので、
これはぜひ皆さん参考にして欲しいですね〜。

メインはドラムラインなので管楽器が映る箇所はさほど多くないんだけど、
センスとかアイディアとか、学ぶべきところは相当たくさんあります!
これは断言できる。(あと主人公のふてくされた顔の演技は結構リアルなので要注目☆)

あまりネタバレしちゃうと悪いので簡単なレビューになってしまいましたが、
全体的に見て、ひとつ言える事。
『この映画、現役でバンド活動してる人は絶対すぐに見たほうがいい!!』
運営のことで悩んでる人も、選曲で悩んでる人も、バンドで独り浮いちゃってる人も、
マーチングやってない人も・・・この映画を見て、損することはまずないっすよ!
酋長ウソつかない(古ッ)!
あ、一応バンド生活引退しちゃった人も・・・ね。

コレ見た翌日にはバンド探し始めちゃったりするかも!?

ちなみに自分は、コレ見て、マーチングやっとけばよかったと後悔しております。
と同時に、いつかBP製作でドキュメンタリー映画とか作らないかなーと思いました・・・。どうですか小太郎さん、ここは一発!

てなわけで最後までこのレビューを読んでくれたそこのアナタ!
これも何かの縁と思って早速レンタルするなり買うなりして見てちょうだい!
損はしないはず!「損したな〜」と思ったらもう1回みて(涙)。
そして、この映画を見たみんなが素晴らしいマーチン・ショウをカマしてくれたら、
もう涙です。皆さんからの感想もお待ちしてますよ☆

それではまた!




【映画データ】

タイトル:ドラムライン/Drumline
監督:チャールズ・ストーンV世
製作:2003年 20th Century Fox
日本版HP:http://www.foxjapan.com/movies/drumline/

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー