吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
レポート >> レポートインデックス
フェスタ・デ・テンプル
佐渡裕とお寺で音楽!2004 レポート
シエナ出演の、佐渡裕のお寺で音楽が終了しました。
京都は国宝知恩院と、東京は増上寺の境内をフルに使って、
"原朋直 ニューヨーク・カルテット"をゲストに、
たくさん汗かきながら演奏してまいりました。

京都、知恩院では座っていても汗が出る状態でしたが、
増上寺公演は良いお天気にも関わらず、いい風にも恵まれ、
大殿は冷房が入り、少し過ごし易かったと思います。
これも知恩院での熱演を見てくださった阿弥陀様のご加護でしょうか。


イヴェントは、午後の3時から7時半まで。
まず3時きっかりに京都は三門前、東京は大殿前で
J.ウィリアムスの「オリンピック・ファンファーレ」で開けます。
佐渡さんのご挨拶の後、原さんとカルテットの皆さんのしびれるミニライブ、
これでもうお寺はすっかりJAZZに染まります。

シエナのメンバーは、オープニング・アクトの後、
各楽器ごとに小さなコーナーを作って待ち構えます。
楽器紹介のコーナーはスタンプラリーになっていて、
子供たちがアンサンブルを聴きながら、楽器の説明を聞くと、
スタンプがもらえる仕組み。
子どもたちは開始と共に会場に走りこんで、
スタンプラリーに一所懸命、あちこちと忙しく動き回っていました。
各楽器は順番に演奏を始め、前にできた人の輪からは時々
大きな歓声や拍手も聞こえてきました。
会場内は文字通りお祭りの出店のような賑わい。
もちろん、どの楽器もオリジナルのプログラムを組んで
ここぞとばかりに熱演でした。


ラリーが終わると、息もつかずに隣りの会場では、
原さんとカルテットのライブ。
こんなに熱いJAZZのライブがお寺に響く事は、そうそうないことでしょう。
子供たちは、その後、木魚を叩けたりするらしかったのですが、
その頃我々は、最後のコンサートの準備に控えておりました。

とにかくタフなコンサートなのです。
佐渡さんの熱いタクト、原さんとNYQの熱演に負けじと
シエナもどんどんヒートアップするのです。
最後には、イヴェントTシャツがしぼれるほど汗をかき、
スポーツの後のような爽快感まで感じるほどです。

コンサートはまさにお寺らしい音で始まります。
鈴(りん)の音と共に、沢山のお坊様の荘厳な「南無阿弥陀仏」が聞こえてきます。
そして一列に並んだお坊様たちが上手から入場。
シエナは恐れ多くも、大殿の大仏壇の前にしつらえたステージ・エリアで待ちます。
その前に、お仏壇とシエナの方を向いて、お坊様たちは一列に並び、
厳かにゆっくりとしたお経を唱えます。
そしてマエストロの入場。
3拍子に振られた指揮棒が段々速くなり、
なむあみだ、の3拍子も段々だんだん、速くなって…
そこにNYQのジョナサンさんのドラムが加わると、
お経もいつしかJAZZに変わります。

「私のお気に入り」

お経はそのまま演奏と一緒に延々と続きます。
この一見ミスマッチな取り合わせが、不思議にとても心地よく感じられました。

子どもの多いコンサート、ともすれば飽きてしまうのではと心配しましたが、
みんな手に手にもらったスティックを持って、佐渡さんの掛け声に合わせ、
「パン・パン」「ネギ・ネギ」「トマト・トマト」「タケノコタケノコタケノコ…」
と一所懸命に叩いてくれました。
目がキラキラと輝いて、ステージから見てもとてもきれいでした。
もちろん大人の方も! 真剣に叩いて下さっているのがこちらからも見えました。

お寺らしい演出(といって良いのか?)は、最後の曲にもありました。

「バードランド」

いつもはパーカッションの刻む8ビート、今回はなんとたくさんの木魚です。
なんとシエナのメンバーも楽器を置いて、叩いているのです。
最初にお経をあげて下さった大勢のお坊様たちも、
木魚を叩いてもう一度登場されました。

京都では美しい佇まいの国宝御影堂、東京は煌びやかな大殿。
そこに大勢の人が集い、賑わい、喜び、リズムを刻んでいるなんて、
きっと阿弥陀様もご先祖様もビックリ!さぞお喜びだったことでしょう。
知恩院では、アンコールの拍手のリズムに混じって、
お坊様の木魚の音が聞こえてきてうれしく、
増上寺ではマエストロの指揮に合わせて
「な〜むあ〜みだ〜」と唱える遠慮がちなお客様の声に混じって
会場の一番後ろから、とてもよく響くいいお経の声が聞こえ、
それがまた、日ごろ足の遠のきがちなお寺に
とても親近感を感じられてうれしかったのでした。


増上寺の帰り道は、キレイなライティングに照らされた東京タワーに送られて、
心地よく疲れ、また子どもたちのキラキラな目に出会えたのを感謝しつつ、
帰途に着きました。

■ シエナ・ウインド・オーケストラHP http://sienawind.com/

◆シエナ・ウインド・オーケストラ定期◆

第18回定期演奏会

日時:2004年12月20日(月) 19:00開演
会場:横浜みなとみらいホール
指揮:佐渡裕

予定曲
アルメニアン・ダンス全曲、A・リード、他

主催:(株)クリスタル・アーツ
協力:横浜みなとみらいホール(財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援:ワーナーミュージック・ジャパン

■チケット発売のお知らせ

第18回定期→ 9月25日(土)午前10時 一般発売開始
S\5,500 A\4,500 B\3,500 C\2,500(全席指定・消費税込)

予約・問い合わせは…チケットスペース 03-3234-9999 まで

 

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー