吹奏楽マガジン バンドパワー 吹奏楽マガジン バンドパワー
吹奏楽マガジン バンドパワー
レポート >> レポートインデックス
葛飾吹奏楽団 第27回定期演奏会
吹奏楽らしさの原点を思い起こさせる
葛吹の活躍に今後も期待大

 

▲ゲストの外囿祥一郎氏

朝から小雨がふり、日本列島が徐々に梅雨への準備が整う中、
5月16日の日曜日に「葛飾吹奏楽団」第27回定期演奏会が行なわれました。


ここで葛飾吹奏楽団について少しご紹介致します。
1975年に東京都葛飾区立堀切中学校吹奏楽部のOBが中心となり結成された歴史のある団です。
常任指揮者の津田雄二郎氏は、2000年より迎えられた指揮者で、
吹奏楽ファの皆さんなら当然ご存知かと思いますが、

かつて市川交響吹奏楽団を率い

、吹奏楽コンクール全日本大会にて
5年連続金賞と、指揮者賞を受賞なさっていらっしゃる素晴らしい方です。

今回はゲストとして、 現在吹奏楽界で実力・人気共にNo.1ユーフォニアム奏者、航空自衛隊航空中央音楽隊ソリストの外囿祥一郎氏を迎え、華やかに開催されました。

演奏会は、第1部・第2部共に外囿氏の演奏を十分堪能できるという2部構成でした。演奏会は第1部に入る前に《葛飾区歌》が演奏されました。

第1部1曲目は《祈りの旅/北爪 道夫》です。
この曲は2004年の吹奏楽コンクール課題曲の1曲でもあります。
それぞれの楽器1つ1つの技術や音楽性が難しい曲ですが、1曲目でしたが、細かい点までバランスが配慮されていた演奏でした。

続いて2曲目は《カンタベリー・コラール/ヴァンデルロースト》です。
ゆったりとしたメロディーと和音の響きを楽しむこの曲は、
“音程”が重要になってくる曲だと思います。
また音程と音量とのバランスを生み出すが難しいと思いますが、
葛吹の演奏は技術的に細かい所まで神経が行き届いている、心温まる演奏でした。

さて3曲目は、いよいよ外囿氏の登場です。
会場から期待を胸にひときわ大きな拍手に迎えられた外囿氏が
まず演奏した曲目は《ユーフォニアムと吹奏楽のための幻想的変奏曲/伊藤康英》です。
オーケストレーションが抜群に素晴らしく、
ソリストもバンドも高い演奏技術を求める作品に、
期待を裏切らない外囿氏の高い演奏技術とがとても調和しており、
聴衆を圧倒する素晴らしい演奏になっていました。

外囿氏はもちろん素晴らしかったのですが、
ソリストと合わせる事だけでも難しい協奏曲を、
バンドの皆さんの集中力を欠くことがなく、
心地よい緊張感を持った演奏は圧巻でした!

1部最後の曲は《リンカーンシャーの花束/P.グレインジャー》です。
それぞれタイトルの括弧書きには「song=歌」と付けられており、
それぞれ表情の違う歌を、時には力強く、時にはやさしく、
1つ1つ雰囲気や表情豊かに演奏しておりました。
特に3楽章の繊細な変拍子の旋律や揺れやバランスは難しそうでしたが、
見事に演奏されておりました。


休憩を挟み、第2部の開始です。
まず2部の最初の曲は《行進曲「威風堂々」第四番/E.エルガー》です。
近年TVやCMでも流れてくる機会が多い《威風堂々》の第一番は
皆さんよくご存知かと思いますが、第四番もイギリスではとても人気があり、
良く演奏されているそうです。
この曲にも一番と同様に歌詞がついているそうです。
葛吹の力強い演奏がとても堂々としていて、
演奏者も聴衆の私たちも力が涌いてきて、元気が出る演奏でした。

続いての曲目は《ユーフォニアム協奏曲/P.スパーク》です。
第1部で素晴らしい演奏をされた外囿氏が再び登場すると、
会場から再び盛大な拍手で迎えられました。
今回のプログラムは、第1部・第2部共に外囿氏の演奏が聴けるようになっているため、
私もも含めて、会場はかなり得した気分だったに違いありません。
第1部同様、人の心を惹きつける表情豊かな外囿氏の素晴らしい演奏が披露されると、
再び絶賛の拍手が鳴り響いておりました。
拍手の鳴り止まない中、
外囿氏は客席の拍手に応えてアンコールを2曲演奏しましたが、
2曲だけでなく「もっと聴きたい」と思う客席の気持ちによる心からの拍手が
しばらく鳴り止みませんでした。

その興奮冷めあらぬ会場の中、
演奏会最後の曲《序曲「ピータールー」/M.アーノルド》が演奏されました。
この曲は私も大好きな曲の1つです。
最初の穏やかな部分から軍隊の足音が混ざっていくところなど
葛吹の力強い華やかな演奏が私を始め客席をゾクゾクさせてくれました。

興奮が収まらない中、アンコールが2曲演奏されました。
2曲目の《ボギー大佐/K.アルフォード》では客席が口笛で参加し、
演奏会の始まりからステージと客席の距離が近かったのですが、
この粋な計らいにより正に一体化し、
演奏者も聴衆もとても満足した演奏会でした。

シンフォニックでかつ力強いサウンドを持つ葛吹サウンド。
吹奏楽らしさの原点を思い起こさせるようなこのバンドは、
これからも注目すべきバンドの1つだと思います。

■葛飾吹奏楽団HP
http://park11.wakwak.com/~kswo/



■プログラム

オープニング
・葛飾区歌 平井 保善/(arr.腰塚 政幸)
第1部
・祈りの旅/北爪 道夫
・カンタベリー・コラール/J.V.D.ロースト
・ユーフォニアムと吹奏楽のための幻想的変奏曲/伊藤 康英
・リンカーンシャーの花束/P.グレインジャー

第2部
・行進曲「威風堂々」第四番/E.エルガー(arr.A.リード)
・ユーフォニアム協奏曲/P.スパーク

外囿氏アンコール
・ベニスの謝肉祭より/J.アーバン
・スコットランドの釣鐘草/(arr.A.プライヤー)

・序曲「ピータールー」/M.アーノルド(arr.近藤 久敦)

バンドアンコール
・愛の挨拶/E.エルガー(arr.C.スパイニー)
・ボギー大佐/K.アルフォード

>> レポートインデックスページに戻る
吹奏楽マガジン バンドパワー
jasrac番号 吹奏楽マガジン バンドパワー